ジュリアンさんの映画レビュー・感想・評価

ジュリアン

ジュリアン

来る(2018年製作の映画)

2.5

妻夫木くんの役がマジでうざすぎてワロス。黒木華ちゃんの薄幸感がいいね。小松菜奈ちゃんピンクのショート似合ってる。岡田くんずっとカッコイイ。柴田理恵はまりすぎ。マトリックスに出てましたか?みたいな。そし>>続きを読む

性の劇薬(2020年製作の映画)

1.5

主演二人の身体を張った演技はすごいと思うけど、あくまで「身体を張った」部分だけであって、台詞の棒な感じが否めない…。わざとなのかなあ。
二人が絶妙にかっこよくない顔で演技も微妙だからこそ、リアルに感じ
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.0

サメ好きな友人がおすすめしていたこの映画、やっと観られた。

最初の数分はブレイク・ライブリーのプロモーションビデオとして完成度が高く目が離せなくなり、何の映画だったかしらこれ、という気持ちになったと
>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.0

意外と考えさせられるストーリーだった。
みんなそれぞれプライドを持って仕事をしてるけど、誰のために何のために仕事をしてるのかわからなくなると、雪だるま形式で不安になるよね。

料理は思ってたよりそんな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

すごい映画だった。いい映画ではないと思うけど、おもしろい映画だった。
内容的に仕方ないけど、音楽も色合いも終始グレーがかってるように感じた。
赤や炎が印象的に見えるようにしたのかな。わかんないけど。
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.5

愛のある、いい映画だった。
血のつながりだけが家族ではない。
娘たちみんな冷たいのに、旅先で出会う女性たちはみんな本当に素敵だった。かなり対照的に描かれてた。

悲惨で辛くて苦しかった過去と向き合うこ
>>続きを読む

天空の結婚式(2018年製作の映画)

-

無茶苦茶な映画だった。スコア測定不能。
ほんとに、ほんと途中まではイタリア映画あるあるというか、説明不足否めない箇所もユーモアでゴリ押しするみたいなノリ嫌いじゃないからいいけど、とにかく無茶苦茶だった
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.0

ぽっちゃりで自信のない女性が、とあることがきっかけで勘違いぽっちゃりウザイ女性になって仕事も恋も上手くいくけど友人を失いかけて、またとあることがきっかけで自信のない頃に戻って彼氏とも一方的に別れたりす>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

-

シンエヴァンゲリオン観てきたから、思い出としてレビュー。
上映当時、エヴァ好きな友人と映画館で観てきて、フツーにワクワク楽しく熱い気持ちで観られる内容だった。テレビアニメのときよりみんな性格が少し大人
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

テレビアニメのときから観てきたエヴァが、ついに完結。
長いと思わなかったけど、一気にギュッとした感じも否めない。これでエヴァが完結したと思うと、ホッとするのと、ちょっと寂しいのと。なんとなく、ずーーっ
>>続きを読む

親友のカミングアウト(2015年製作の映画)

3.0

カミングアウトする側とされる側の葛藤をコミカルに描いてる。カミングアウトするアダム役の人は実際もゲイなんだ。ハッピーな映画だった。友情っていいねって思える。

シティ ウィズアウト ベースボール(2008年製作の映画)

1.0

実話に基づいて、かつ本人たちが本人役で出演してるってこと、みんなの若々しい裸体が見られること、それだけの映画だった。誰に感情移入したらいいのか、誰が主人公なのか、何が伝えたいのか、なにもかも全てがモヤ>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.5

この時代の貴族の愚かな感じとか欲望とか、美しいのは装飾品だけで、けして美しくはない人間関係。レイチェルワイズの美しさとかっこよさが印象的。途中からちょっと気の毒だったけど。
エマストーンの目、というか
>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2016年製作の映画)

3.0

優しくて切ない、ちょっと胸が苦しくなるけど、愛に溢れた映画だった(ロマンチックとも言えるし、ちょっと病的とも言える)。
後ろ姿のビデオの彼の言葉は、胸にずしっときた。
ちょいちょい出てくる黒のラブラド
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.5

前の職場で仲良かった人からのおすすめ映画。テンポもよく、嫌な人も出てこず、料理ばかりが目立つこともなく、気持ちのいい映画だった。ちょい役の豪華な顔ぶれ。スカーレット・ヨハンソンが色っぽすぎ。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.5

前作がそこそこおもしろかったので、続けて観た。始まりが「…うわ、続編で急激につまらなくなるタイプのやつだったかも…」って思ったけど、結局ヒロインが逞しくてかわいいし、不覚にも号泣してしまうシーンもあっ>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

ヒロインが性格悪くてめっちゃかわいい。やさぐれてる感じがよし。スクリームとかラストサマー的なティーンアイドルたちがどんどん殺されていく系のホラーではなく、コメディ要素もしっかりあってよかった。てかほぼ>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

1.0

ジェイソンステイサムの無駄遣いだった。サメ映画ってこれでいいの?サメ映画はこういうんじゃないでしょ?!って思った。
でも一人じゃなくて友だちと観たからおもしろかった。

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

1.0

チャニングテイタムもマットボマーもカッコいいし、ただ単に肉体を見るだけならそこそこいい映画だと思う。
とにかく内容がびっくりするくらいペラッペラ。ひどい。よく公開したなと思った。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.0

展開がスピーディーで、ちょっと、え、待ちなさい!ってなるとこもあったけど、超エンタメって感じでおもしろかった。女の子ランスロットの活躍が、やったことは超グッジョブなはずなのに絵面的に地味すぎ。
ラスト
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

1.0

ほんとくだらなくて、相変わらずはちゃめちゃ。色々と、特に最近の日本的には悪影響レベル(笑)
でも最後ら辺はなんだかほんわかしてて、前作共にある意味安心して観られる(?)かわいい映画だった。クロエの、そ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

ジェニファーローレンス以外全員ヤバイ。理不尽というか、不憫というか、何回も笑ってしまった。しかもなに?冒頭でなんとなく想像できてたけど、ループネタ?破壊と創造?宗教的なようでいて、何が言いたいのか謎す>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

超よかった。
クラスメイトのサファリの模型を褒めるシーンや、病院の出産のシーンや、別れのシーンや、連れ戻すシーン、泣いちゃうシーンがいっぱいで。
子役が超かわいかった。あのまつ毛どうなってんの。クリス
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

3.0

ロバート・デ・ニーロがいい感じのエロクズおちゃめじじいでかっこよかった。あんな陽気なおじいちゃんって実在するもんなのかな~。どんな役もやっちゃうのがすごい。
結婚式を当日にキャンセルするっていうネタっ
>>続きを読む

ネイバーズ(2014年製作の映画)

3.0

アダムディヴァインが一瞬出てたり、フレンズのときから好きなリサクドローがちょい役で出てたり、ふふってなった。奥さん役の女優さん知らなかったけど、めっちゃ可愛かった。セスローゲンて僕と年齢が一つしか変わ>>続きを読む

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行(2016年製作の映画)

1.5

時間の無駄みたいな映画だったけど、めっちゃ笑った。アナケンドリックって可愛いはずなのにアゴと前歯が気になって仕方ないのと、ザックエフロンの胸板。

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

3.0

可愛い映画。ダコタファニングの小憎たらしさもいい。大人びた子どもと、子どもみたいな大人が、お互いをリスペクトして好きになっていく過程の映画って好き。
ブリタニーマーフィー顔が派手で大好きだった。素敵な
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年製作の映画)

2.5

サントラはめっちゃよかった。ほんとにサントラはめっちゃよかった。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

-

上映当時、友人と映画館で観て「………?!」ってなったのを覚えている。なんだろ、隣の友人もだけど、その時館内で観ていた人たちのきっと大半が同じ気持ちだったろうな。置いてけぼり的な。アスカキレすぎワロス、>>続きを読む

>|