くらげさんの映画レビュー・感想・評価

くらげ

くらげ

映画(121)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.4

大泉さんなのでいろんなことが
カバーされていた気がする!
この人の、人を惹き付ける魅力はだんだんとわかるけど、最初なんでだろーと思ってしまうほどだった
高畑さんは小悪魔なの???

とにかく、ボランテ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

ジャスミンかっこいい!
勇敢で強く、そして優しく、国民のためにふさわしい国王になる瞬間は胸がいっぱいになった!きっとすこし前なら、考えられない展開なんだろうなー。
speechlessを歌うジャスミン
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.8

段々とチックがかっこよくみえてくる不思議😲
ひと夏の思い出感もいいし、おもしろかった。
パパの一発笑ったw
50年後が楽しみっていいね☺️
音楽も斬新でよかった~

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.3

こうして闘うひとがいないと
きっとわたしたちは無知のままなんだよね

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.7

優しさのようなことをむりやり言って、
誰かを傷つけることがないようにしなくてはな。
笑えるし、ほっこりした。

不能犯(2018年製作の映画)

3.6

沢尻エリカと矢田亜希子がとてもお美しかった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

小松菜奈好き
かわいくて色気あってついつい見ちゃう~
大泉洋がぴったりだ!濱田マリの毒舌が最高で笑えるし気楽にみれた。
ちょっと45歳は年上すぎやしないかと思うけどキャスト好きだから良かったです。
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.7

テンポ早すぎてそれぞれのストーリーの半分ずつくらい理解できてない気がする!けど
あじを売ってたお姉さんの姿に泣き、心から愛した人に弱さをみせたくないとその想いを貫いたお吟と、その気持ちを尊重して外から
>>続きを読む

共喰い(2013年製作の映画)

3.0

俳優さんの演技に惹き付けられた

女性の弱さと強さを感じながら
なんてひどいんだと思った

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.4

母がおしゃれで自由
最後の方で、あーたしかに後ろ姿の印象ちがう…!ってなった。
ポールの困り顔?良い
淡々としているけど最後までみちゃう感じ。

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

4.7

とてもよかった
歌はいいし、美男美女
親友の女の子もかわいい
最初から最後まで、親子愛に胸がいっぱいになった。
悲しみだけじゃなく、あったかい気持ちになれた

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

なにひとつ前向きになっていないように思えるけど、またこれから時間をかけて
少しずつ、乗り越えていけるのかもしれないって思えるラストだった。
辛いとき、無理して笑ったり乗り越えなくちゃと焦ったりするけど
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

心が揺さぶられたのは
両親が息子を受け入れ、認め、やさしく見守っていたこと。

列車に乗る前の、2度目のぎゅーで微笑んでいるオリヴァーが愛しさ全開ですてきだった
切ないなあ

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

4.2

最後の心が踊る瞬間が最高だった
いつでも自分で決めたことが、
自分を変えていけるんだな
自分を変えていくのに、出会いもやっぱり大事だな~

パパがお人好しで、ママは無意識の圧力がこわすぎ!
そのママに
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.7

言えない本音、言えない感情
言えない秘密
みんな漠然とイライラしていて
いろんなものに縛られて苦しい

それでも山田はすべてを吐き出しているようで全部が本当で
彼に言ってもらえた言葉はハルナにとっても
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.1

わっ!おわった!?わからなかった!!
っていうのが正直なところだけど
苦笑いやいろんな不安やこわさやもどかしさから解放された最後の蒼井優の笑顔がかわいすぎた…
まだまだ女性に対する無意識の偏見がたくさ
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.5

パパがとにかく異常笑
でもほっこりしたし、シュールで笑えるし面白かった。
ちょっとメッセージはふわふわしてる気がする
パパによって周りがわかりやすく変化するわけでもないし、、
でも、歌熱唱するところよ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

もっと明るくて穏やかな映画だと思ってたから、敵の人たちがやばすぎるしけっこう目をそらしたくなるシーンも多かった。
音楽がきれいで、いろんな愛が描かれていたし、孤独じゃないと思えることが人には必要なんだ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

想いを言葉にする代わりに、
音楽ですべてを表現してしまう説得力のすごさ!音楽の力を沸々と感じた。
弱くて苦しくて、どうしようもなくて、
もう途中から嫌な予感しかしないし
アリーとジャックはそれでもどう
>>続きを読む

FOR REAL-遠い、クライマックス。-(2018年製作の映画)

4.0

ケガや不調に苦しみながらもなんとか這い上がろうとする姿や、キャプテンの言葉や、それを受けて素直に前を向く選手たちに胸を打たれた。
高城と白崎のトレードではやっぱりとても悲しくさびしかった…ふたりをずっ
>>続きを読む

ピアノの森(2007年製作の映画)

3.6

ピアノ好きだから面白かった。
そうそう、ショパンは指が動いてないと弾けないよね、練習してないとすぐバレたなーとか、色々懐かしく思った。
出会いが人生を変えていくというのをひしひしと感じる映画。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

惹かれた理由なんてたぶん感覚でしかなくて
尽くすことにも理由はなくて
ひたすらに彼女を想っていたということ

でも彼女は他の男に満面の笑みを簡単に見せて、自分といるときなんて全然笑ってくれない。それな
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

3.6

好きな話だから面白かった。

この作品によって、クリスマスがある意味生まれ変わったんだと思うと、じわじわ広がる本の影響力の大きさを感じたし、この話はやっぱり心がおだやかーーになる。本にしても映画にして
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

どうしてこんなに感動したのかわからない!!!!
でも本当に言葉では表現できない、胸がいっぱいになった。
音楽ってすごいな、ほんとにすごい!

あのメンバーだから、できたこと。
彼の周りにはメンバーがい
>>続きを読む

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

4.1

胸がつまるよくわからない感情とか青春ぽさとか、ブルーハーツはやっぱりいいなあ
ロックな曲に、あえてのディープで繊細な内容だったから最初曲が浮くような感覚になるけど、わたしは最終的に良い…😭ってなった。
>>続きを読む

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

3.3

微笑ましかったり
大好きなUK音楽にうっとりしたり、好きな要素がたくさん!!
アナログ人間の考えにはすごく共感してしまったし、だからCDが好き!って改めて思った。
アナログにこだわってたけどデジタルに
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

にゃー
にゃー
にゃー
と、そのあとの笑顔をみたら

だから離れられないんじゃ!ってなるくらい素敵な数分間だったと思う
後味すっきり~!良い~

オダジョーの余裕のある男が憎たらしくてかっこよくて、こ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.2

貧乏神さんとのサヨナラのシーンと
もう俺は一緒にいる生活を知ってしまってる(みたいな)セリフ好き
高畑充希のキャラはすこしかわいすぎた気がする、かわいいのだけど😂
堤さんの演技ってなんか泣いちゃう
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

まさかの~~~…

とりあえず女優のみなさんが美しい
でもどうなのかな
正義というか、なんというか…
わからない

星ガ丘ワンダーランド(2015年製作の映画)

3.1

風景とかきらきらとか水とか雪とか
ひとつひとつの要素が
きれいだなあ、と思った。
家族のお話。
お母さんは勝手かもしれないけど
子どもにとって唯一無二なんだなーと。

松重さんの、なんとも不憫な切なさ
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.0

姉妹が美しくてかわいくて儚かった
お洋服もかわいいし、
雪の中のリリーはほんとに天使だった

内容はよくわからない
善人が戦争によって狂わされたということ…??
消化不良だけど、あまりにふたりがきれい
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.8

人間の二面性、複雑さ
怪物が語る話はどれもハッピーじゃなくて、ただただリアル。
だから少年にも隠れた思いがあって、それを認めることも、人に話すのもこわかったんだと思う。
けど、本当にそれは当たり前の感
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.0

思ってた以上にクレイジーで暴力的で、なにに怒りを感じてるのか、そもそも感じていないのか。
快楽なのか、恐怖なのか
とにかく狂ってる。
内容はよくわからないけど、それでも小松菜奈ちゃんはやっぱり魅力的だ
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.0

ウィル・スミスの悲壮感に泣かされた~すごく苦しかった
愛と時間と死
おもしろい設定で良かったんだけど、
結局会社そうなってしまうのか!とか、どこから気付いてたんだろうとか、そもそも本当にいなかったのか
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.1

ひさびさのワケわからなくてしばらく考えてしまうやつだった!
フランス映画みたいな
なにを観ていたんだろう…ほんとにわからない😂!
たぶん、それでも家族の愛の話で、
なぜか、そんなに後味悪くならなかった
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.5

人と人の絆に胸がいっぱい
こんなにすばらしいラストってある?!!!
この歴史を知らないなんて、恥ずかしいことだと思った。
マークの天性の人を惹き付ける魅力や発想力、行動力と、それを支えるたくさんのひと
>>続きを読む

>|