IKUNAさんの映画レビュー・感想・評価

IKUNA

IKUNA

映画好きだと言いながら洋画は日本語吹き替えで見ます

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.3

「今を必死に生きるのよ」を「日本語訳だと「生きるか死ぬかどちらかしかない」になるのか。「生と死」についての映画で上位に入るくらいすき

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.0

生々しいシーンから伝わる愛情と切なさが半端ない。男女がカフェで激しいキスしてるシーンだとキモいかもだけど女同士だとなんか見入っちゃうね

さざなみ(2015年製作の映画)

3.6

45年連れ添ってきてもなお、そんな事(そんな事って言い方は違うけど)ギクシャクしてしまうのか

あしたの私のつくり方(2007年製作の映画)

3.1

本当の自分は演じてる自分でもあるし、素のままの自分でもあるし、今の自分が本当の自分だなぁ、若い時はこんな事で悩んでたなって思った

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.2

人間の、変わったものにはじめ興味を示すけど、何か害があるとそれまで良かった事も全部忘れて批判しまくるのが描かれてて素晴らしく胸糞悪くなったけど切ない

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.2

うざったるい長澤まさみがさいこうだけど私のとこの店舗いつもフルレンの意味はわからない

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

4.0

見終わった後、メニュー画面の音楽をずっとながしてたらイライラしてくるまでがサイコー

最愛の子(2014年製作の映画)

4.4

ずっと辛い永遠に辛い最後まで辛いハッピーエンドでもバットエンドでもない感じが実話だなってなる

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

4.2

登場人物の心の中が映像の暗さからも伝わるレベルで素晴らしい。私たちの命も私たちが救う命。何が違うのか。切ない

死んでもいい(1992年製作の映画)

4.1

これが不倫だぞ。カメラワークも色合いも素晴らしい

恋空(2007年製作の映画)

3.3

中学生か高校生の時にこれを見て高校生になったら恋沙汰で忙しくなると思ってたけど、何もなかった

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.7

死と税金からは逃れられない。逆にその二つ以外からは逃れられるんだな

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

2.3

6歳の僕が大人になるまでと言っても長すぎる、見たっていう事実以外記憶ない

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.6

ど定番なのかもしれないけど本当に素敵な話すぎる。落ち込んだ時に観たい

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

4.3

ただの恋愛映画ではなくて、本当に幸せなのに本当に切ない。胸が苦しい

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.3

タイトルの通り本当に素晴らしい「死 時間 愛」について考えさせられた。大切な人を失っても幸せのオマケがある

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.6

辛い時は辛いって泣いたっていいんだ〜アイスクリームより好きだよ

身体を売ったらサヨウナラ(2017年製作の映画)

3.5

大切に大切にしてたものも、簡単に誰かに取られるんだな〜〜と切なくなった

>|