HidekiAndoさんの映画レビュー・感想・評価

HidekiAndo

HidekiAndo

劇場鑑賞はSF・アクションを優先しがち。
雑食ですが、恋愛ドラマは 弱め。
スコアの目安。
1.0~1.9 ???
2.0~2.4 コレはしんどい…
2.5~2.9 観なくても良かった
3.0~3.4 惜しい!
3.5~3.9 面白い!好き!観て良かった!
4.0~4.4 YES!!!また観たい!
4.5~5.0 素晴らしい!天才!

映画(1242)
ドラマ(7)

リディック(2004年製作の映画)

2.4

暗闇は怖くないな?
俺は光で - 目が痛い

ヘリオン人のエアリオンに賞金をかけられたリディック(ヴィン・ディーゼル)は、ジャックという女性を探しにヘリオン第一惑星のイマムの元を訪ねる。
しかしそこに
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

2.8

サンチョ・パンサが皮膚がんに見える

刑務所から出て、彫り師をするジョン・リンク(メル・ギブソン)の所に、行方不明だった娘リディア(エリン・モリアーティー)から突然電話が。
恋人でカルテルのボスを叔父
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.6

人間一人でも
世の中を変えられる

強盗殺人の容疑で投獄されていたフリント・マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は、娘ペニーの病気を治そうと脱獄するが、逃走中に素粒子物理実験場に逃げ込み分子分解かれ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

ヴェノムに続き、こちらもDolby atmos TCXにて。

いやーーーースゴイ!!!
希代の天才ボーカリストを失った悲しみと、彼と同じ時代に生きれた喜びが、映像を観ながら交互に押し寄せ、劇中のフレ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

警察じゃけぇ
何してもええんじゃ

昭和63年
呉原東署のエリート新人刑事 日岡(松坂桃李)は、マル暴の刑事大上(役所広司)の下に付いて動いていたが、大上は尾上組とズブズブの関係で、それに日々翻弄され
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

命の輝きが ひとつのフレームに
そこにあるの

若年性リウマチで、絵を描くのが好きなモード(サリー・ホーキンス)は、兄のチャールズに家を売却され、叔母の家で暮らしていた。
家を出たいと考えていたモード
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

イーライ・ロス監督作品という事で、まぁまぁ身構えてまして、主人公の家族が襲われる時は、『うわっ!エグい感じで来るのか?!』とか、『まさか弟か?!』とか、色々勘繰りながら観てましたが、全体的にサラっとし>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

良い人生を

【めちゃネタバレしてますので、未観の方は自己責任で】
いやー良かったです!個人的には『当たりのトムハーディー作品』でした。
同じ台詞の使い方、近所のスーパー、バイクスタント等々、色々『次
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

3.8

it'scomのwifiにして、ついでにTVも導入したので、早速movie plus観てみたら、この作品にブチ当たり😂、鑑賞。
ライブは2回ほど(レッチリ待ちで)観た事ある位で、全くファンではありませ
>>続きを読む

クリフハンガー(1993年製作の映画)

3.3

ご搭乗の際はぁ 窓から顔や手を出さないよう お願いしますっ!

ロッキー救助隊のゲイブ(シルベスター・スタローン)は、同僚ハル(マイケル・ルーカー)と恋人サラを助けに行くが、サラの救出に失敗してしまい
>>続きを読む

ブルースチール(1990年製作の映画)

3.1

何で警察官に?
悪いやつを懲らしめたかったから

警察学校を卒業し、ニューヨーク市警の警察官になったメーガン(ジェイミー・リー・カーティス)は、着任早々スーパーの強盗に出くわし、犯人を射殺。
その時
>>続きを読む

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.0

6つの大海の掟は簡単だ
『皆殺しにしろ』だ

アジアにおける密輸を牛耳るトライアッド。その中で行方不明者で結成された精鋭部隊『6つの大海』のイトウ(ジョー・タスリム)は、皆殺しにされた村に残された娘レ
>>続きを読む

アイ・スパイ(2002年製作の映画)

3.0

大きくて誉められるるのは ベッドの中だけだ

国家安全保障局のエージェント アレックス(オーウェン・ウィルソン)は、武器商人ガンダースがアメリカ政府から盗んだステルス戦闘機『スイッチブレード』
を奪還
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

自分が何者なのか
何をすべきか...

オズコープ社で働いていたピーター(=スパイダーマン アンドリュー・ガーフィールド)の父親 リチャード・パーカー博士は、事故死と思われていたが、実は殺されていた。
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.4

うーむ。
そもそも邦画のラブコメに耐性がないのでアレなんですが😂、途中で観るの止めちゃいました。
よって語る資格はありませんが、気になった所を。
後半良くなったのかもしれませんが、スポーツの描写が迫力
>>続きを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.9

許すよ
許して
愛してる

父ハロルド(ダスティン・ホフマン)
長男ダニー(アダム・サンドラー)
次男マシュー(ベン・スティラー)
長女ジーン(エリザベ・スマーヴェル)
の会話が、ただひたすら繰り広げ
>>続きを読む

イレイザー(1996年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『カバンにするぞ🐊!』

軍事企業サイレス社が国から量産化を依頼された兵器『EM銃』の、不正な製造・販売に関する証拠の入手をFBIに依頼され、それを行った社員リー・カレン(ヴァネッサ・ウィリアムズ)。
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スリの極意は これに尽きる
『注意(フォーカス)をそらす』こと

スリのジェス(マーゴット・ロビー)は、詐欺師のニッキー(ウィル・スミス)に弟子入りを志願。
ニューオリンズでの大きな仕事のアと、ニッキ
>>続きを読む

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

3.8

中南米では 60分に1回 誘拐事件が起きている
その70%は 生還出来ない

用心棒で財を成したレイ(クリストファー・ウォーケン)を訪ね、メキシコシティにやって来た、対テロ部隊の元軍人クリーシー(デン
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

初日に。
良くぞここまで持ってきましたね😂。
前作からまぁまぁ経ってからの話かと思いきや、ほぼ同時進行でした。
なので、前作観なくても大丈夫ではありますが、『ジャロッド エレイン』の件は、やはり前作を
>>続きを読む

アフターパーティー(2018年製作の映画)

3.6

そして全ての ヒップホップを夢見る人に

デビューを夢見るラッパーのオーウェンとマネージャーのジェフ。
ウィズ・カリファの前でラップを披露するチャンスを得たが、ハッパでキマりすぎ、カリファにゲロをぶっ
>>続きを読む

カラーズ 天使の消えた街(1988年製作の映画)

3.9

過去鑑賞作を、改めて投稿


若い時は「向こうのギャングはカッコイイなー」なんて観てましたが、大人になって観ると、終わりのないワルLoopの虚しさを感じます。
シレッとデニスホッパー監督てのも、ポイン
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.9

評価 『星5つ』にしておけよ

めちゃ楽しみにしてた続編です!
一作目の『覚醒』から、本作は『稼業』になるわけですが、表の仕事が『タクシー運転手』てのが、泣かせます。
しかもuber的なのが、現代ぽく
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

4.2

この眼鏡をかけるか 残飯を食うかだ!

製作30周年記念の劇場上映にて。
もちろん何度も観てますが、スクリーンでは未観でしたので。
コレを逃したら、ホームシアター作るくらいでしか、スクリーンで観る機会
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なるほどー。
『音で脅かしモノ』ですね。
こういうのは『緩急』が大事だと思うんですが、結構BGM が気になりましたね。
いっそ自然の音以外は、そーゆー人工的な音が無い方が、より効果的だったんじゃないか
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

友達を集めれば あとは前に進むだけだ

いやーー最高ですね!
友情、家族愛、映画愛に溢れ、ノーストレスで、しかも物足りなさもない、良い作品です。

何より主人公ジェームスの周りの登場人物が皆 優しくて
>>続きを読む

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

3.1

『LA なんて大嫌い』

親友テリーの誕生日パーティーのためにLA にやってきた、ジャロッドとエレイン。
深夜、突然宇宙船が現れ、青い光と共に人間達を吸い上げ始める。
ジャロッド達は逃げ切る事が出来る
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.4

んーーーダメでした…。
コレが『70年代のカルト映画』とかなら、『なるほどねー』って観れたかもしれませんが、今の時代で観ると、映像も音楽に新鮮味もなく、『何してんの?』シーン満載で、眠かったです😂。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.6

なるほどー!
カンニングをここまでドラマチックに見せるのは面白いですね。
ハラハラさせる演出、取り調べのシーン等は、『CIA モノ』でも観てるかのような感覚になります。

そしてやはり大きく印象に残る
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

3.7

『誇らしくて 幸せよ』って言いなさい

1969年4月11日
月面着陸の為に
ジム・ラべル(トム・ハンクス)
わジャック・スワイガート(ケヴィン・ベーコン)
フレッド・ヘイズ(ビル・パクストン)
を乗
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

猿は見て 猿は真似る

ピーター(マイケル・ペーニャ)
地球が何者かに侵略される、リアルな悪夢に悩まされていた。
ある日、悪夢が現実となるが、何かが違う…。

風景の上に細い文字で題名、ちょっと『あり
>>続きを読む

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.8

何か最期に言いましたか?

看護助手のルース(メラニー・リンスキー)は、世の中に悲観していた。
駐車場から出る車とタイミングが合わず、バーでは読んでる小説のネタバレを喰らい、庭に犬のフンが捨てられてお
>>続きを読む

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス(2009年製作の映画)

2.0

デビー・ギブソン、レギュラーなんですね!
昔は歌も上手くて、かわいかったのに…😅。

やたら海の前で黄昏れ、会話するのは、尺が足りなかったのかな😂😂?

『肝心な所は全く見せない』という、斬新な作りは
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.4

全身麻酔

外科医のスティーブン(コリン・ファレル)
妻 アナ(ニコール・キッドマン)
息子 ボブ
娘 キム
スティーブンの元患者の息子 マーティン
主要登場人物はこんなもんてす。
なので、話自体もそ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.9

『最良の者が信念を失い
最悪の者が活気づく』

トーマス(カラム・ターナー)は、先に進まないミミとの関係に嫌気がさしていた。
そんな時、隣に引っ越してきたW.F.ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)。彼は
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

こちらも気になりつつ、劇場鑑賞出来なかった作品。
セブン・シスターズで一人七役を演じたノオミ・パラスが、今作はCIA の尋問官として、ロンドンを救うべく、奔走します。
全体としてはアクションあり、陰謀
>>続きを読む

>|