zogliさんの映画レビュー・感想・評価

zogli

zogli

  • List view
  • Grid view

幸せの答え合わせ(2019年製作の映画)

2.4

モラハラ被害者を見守る会って感じだったな…うちの父をはじめとする『昭和の日本のお父さん』達に観てみてほしい、逆に

後半なんてホラーかと思ったし、あんなこじつけに使われるだなんてremembrance
>>続きを読む

コンティニュー(2021年製作の映画)

2.7

グリロでアクションでタイムループってだけで期待値爆上がりでしょ!

最近観たタイムループものは勉学、しかも量子力学に走りがち(ハッピーデスデイ、ザパームスプリングス)だったけど、これは新たな戦闘スキル
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.2

非凡な才能を持ったパンクな小娘が自分の道を切り拓く話

ディズニー映画なのに女子はオリコウサンになんてしなくてもいいし、男のいうことを大人しく聞いているだけじゃ自分の未来は拓けないし、女が男と同等ある
>>続きを読む

Dream Factory(英題)(2019年製作の映画)

3.2

1961年、東ベルリン
陸軍を除隊してきたばかりの24歳のエミルは、生活の糧を求めてその足で実の兄アレックスが大道具係として勤める映画撮影所にやってくる
軍属だったせいで世間知らずなおまけに映画の世界
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

3.7

Twitterでフォロイーさん達が次々と吸い込まれては帰ってくるなり絶賛している本作、上映館が限られすぎててトレイラーもみたこと無かったしfilmarksのページにも解説とかないから事前情報ほぼゼロで>>続きを読む

ブルックリンの片隅で(2017年製作の映画)

2.4

Netflixで配信終わってしまうらしいのでもう一度観た
ハリスディキンソンの惑いの芝居が凄くいい 社会と家庭、嘘と真実、刹那的な悪事と正義感…いろんなものの狭間で揺れてる不安定な感じ素晴らしい
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

2.5

ローテクなSFって聞いてたけどシュールさが振り切れすぎてて結構ヤバいやつだった
なおこの場合のSFとは”sci-fi”ではなく”すこし-ふしぎ”である

砂漠と襤褸を着てる汚れた人たちしか出てこない画
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

2.6

テューリングテストとかAIとかが話題になったビデオゲーム発売されて3周年?らしいし、可哀想なドーナルグリーソンを見返したくて久々に見直した
ドーナルグリーソンことケイレブは記憶よりもよほど可哀想で申し
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

2.6

ザックスナイダー、続編作る気なのかな

冒頭のビバ・ラスベガスも良いし、劇中のワーグナー(特にジークフリートの葬送行進曲あそこで流すとか!)とかザ・クランベリーズ(ゾンビ)とかの使い方は最高だった
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.5

やられたなぁ!これはうまい
作りもうまいし芝居もさすが
認知症体験ムービーと思うか、親の老いと劣化に備えよ的な意味にとらえるかはあなた次第

登場人物も限られているし場所移動もほぼなく室内のみで話が展
>>続きを読む

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

2.3

コロナ禍で労働時間と仕事量と責任馬鹿みたいに増えてるのにボーナスカットされてて奴隷みたいな毎日を過ごしてるこちらには腹が立つくらいフリーダムで下品で爆笑〜仕事辞めて明日有り金全部使い果たしてそのまま死>>続きを読む

NO(2012年製作の映画)

2.3

フィルムで撮ってるザラザラの画面、始終low keyで進行するので観てる途中で寝てしまい4回目のトライでやっと観終わった

話としては1988年のチリで実際に行われた軍事独裁政権の正当性を問う国民投票
>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ラブストーリー得意じゃないんだけど、これはそうではなくマルチバースもののロマコメだったので良かった
幻想即興曲聴けるのでスクリーンに観に行って正解
フランソワシヴィルのケツが観られるし!

ツカミがも
>>続きを読む

ブラックブック(2006年製作の映画)

2.7

骨太なレジスタンス映画
ヴァーホーヴェンらしく下品な描写もあるし残酷描写も逃げずにみせるのでナチ映画としてはそこまで酷くは無いけど観ててしんどくなる人はいるかも(銃殺だけでなく、終戦後に独側に加担した
>>続きを読む

マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴(2020年製作の映画)

3.4

『雨に唄えば』来日公演で東急シアターオーブに行った時以来のアダムクーパー詣で(ただし今回はスクリーンだけど!)
アダム観るならバレエで観たい
…ほら、「セルゲイポルーニンが出る」映画よりは「セルゲイポ
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.0

主演のジョーイってMr.Robotのレオンじゃん!オスカー受賞おめでとう‼︎と思って鑑賞

殺されるループ物って数々あるけどこれは社会派
だけど説教臭くなく、ユーモアもあり、非US citizenにも
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

2.6

ヘンテコ邦題アレルギーだけどこの邦題は推せる
美しくミステリアスさも残して端的にまとまっててとてもよい、2021年暫定 邦題大賞💮
思春期に水の精霊とか水属性の術法を使う女魔導師がウンディーネって名前
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

2.3

体感3時間オーバー
本当に116分作品?not for meでまいった
外来種勝手に水辺に植えてて結構許せなかったな…

藪を分け入って水辺に行くのに蛇はいるけど虫もいないとか、古屋が燃えるけどあの
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.4

ストップモーションアニメらしいという事以外知らず観に行った
好きな方の狂気だった

サイバーパンクともまたちょっと違うしスチームパンクとも呼べない独特のインダストリアルな世界観、唯一無二のディストピア
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

2.1

ビデオゲーム版はちょこっとだけ触った事がある程度のモンハン完全初心者です
名前も出てこないセリフもないモブハンターのひとりが推してるドイツ人俳優なので、それだけを目当てに映画館のサービスデーに鑑賞
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

2.8

タイムループものだけど雰囲気ユルくて肩肘張らずに観られるし、テンポよく話は進むし、観終わるとなんかちょっと元気出るので疲れてる時におすすめ
エンドロール、画面スクロールになる前に席を立っちゃダメだよー
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

2.6

思ったよりはグロ表現あって驚いたけど勢いと笑いのおかげで後にひかないのでサラッとバカバカしく楽しめる

ムサ苦しいのにチャーミングなヴィンスヴォーンに始終ニコニコしたのでおすすめ
あと何の障壁も違和感
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

2.5

チャドウィックボーズマンを堪能するための映画だと思う
主演が違う俳優だったら観てなかったかも

序盤でもうオチが読め過ぎるけど、テンポは良いのでダークでハードなクライムもの好きなひとやガンファイト好き
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

2.6

もっと実録・底辺みたいなケンローチ系かと思って身構えて観に行ったのだけど全然辛く無かった

ストーリーうんぬんや出演者の語りよりも撮影担当の腕の良さばかりがわたしの興味を掴んで離さなかった
とにかく朝
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

2.3

所々共感は出来るけどまるっと感情移入出来る人物が誰も居なかったのと(わかるわーってなったのは美紀の実家のあたり、田舎あるあるがすごいし家のごちゃごちゃもすげーわかる あとは毛の話!)

田舎から出て来
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.9

初日レイトで鑑賞

とにかくすみからすみまでフランシスリーだったので満足

灰色の世界が特定の他者の出現により色づいていく過程、共同作業で深まる情、光の射すところへ2人で駆け出すシークエンス、出会い
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.6

2020/6月に劇場鑑賞してたけどレビューしてなかった

おとなの御伽話

前半長回しでひたすらなんか食ってるの観せられててチャレンジングな作品だなーと思ったけど
よそのおうちの👻さんと意思疎通はかる
>>続きを読む

パリの調香師 しあわせの香りを探して(2019年製作の映画)

2.4

終わり方がものすごく良かった!

そんな短時間に使い物になるなんて、おっさんの方が天才的嗅覚の持ち主なんじゃないのか?とか
ホテルの寝具の洗剤の残り香が気になるとか言いながら革の香りの仕事してる最中の
>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

2.3

※だいぶ前に観てたけどレビュー忘れ

ストックホルム症候群て被害者が生き残るために状況に適合し、加害者に対して否定や拒絶をせず共感的支持的に対応する事でその場を乗り切ろうとする的なヤツだと認識してたん
>>続きを読む

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実(2019年製作の映画)

2.4

セバスチャンスタン出演作なのでUS円盤買って観てはいたんだけど、略語を含む軍事用語と政治用語、サラッと流しで映るだけの新聞記事の見出しとか書類とかはやはりなかなか手強いので日本語化されたやつを観に行っ>>続きを読む

スカイライン −逆襲−(2020年製作の映画)

2.7

前作のラストで風呂敷広げ過ぎておいおい大丈夫かよと思ったけどやっぱり大丈夫じゃなかったしまた小さくまとまめてたわー😂
でもこのシリーズ、ストーリー気にしたら負けだよね!

冒頭に前作までのおさらいがあ
>>続きを読む

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

2.9

ハエの羽音も隠さず、牛舎の臭いが漂ってきそうな作品

身体的に後遺症が残るような病をした高齢の叔父と、引き取られた姪との2人きりの、質素な田舎の農場の日々の生活を映しているデンマーク映画
牛のお産(の
>>続きを読む

Persian Lessons(原題)(2020年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

英字幕版円盤を鑑賞

1942年、フランス
スイスに亡命する道中にドイツ軍に捕らえられ移送トラックの中で知らぬユダヤ人から持っているサンドイッチ半分と引き換えに読めもしないペルシャ語の本を譲り受けたベ
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

2.5

Netflixで見られるけど、ドラマをビンジウォッチするのはともかく映画を観るのどうも慣れなくて…なんとなくオスカーノミニーを自宅でタブレット鑑賞するのって失礼かなぁとも思って近場でやってる劇場での上>>続きを読む

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

4.2

曲も話も知ってたけどそれでもぐしゃぐしゃに泣いた
最高だった

ミュージカルは元々好きで(各種来日公演とかも行くは行くけど、残念ながらどうしても現地公演とはパフォーマンスのレベルが違うので)休暇にはウ
>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.5

チャーミングなスレイマンおじさんとめぐる世界の街角 って感じ
low keyで退屈なのにおかしくて、独特の不思議なムードとテンポ
夜に自宅で観てたら寝るだろうけど、劇場で観てきた今日は一瞬たりともつま
>>続きを読む

>|