あんずさんの映画レビュー・感想・評価

あんず

あんず

映画(230)
ドラマ(3)

若草物語(1994年製作の映画)

-

若草物語って書いてないから、若草物語だと知らずに観てしまった…!w

良き。良き。私の大好きなやつ。
おぼこいチャンベが出てきて笑ってしまったが、娘達の俳優の豪華なこと。
エミー、君はそれでいいのか…
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

-

実話、豪華キャスト、マフィア…

好きなジャンルだからかいまいちピンと来なかった。

ジョニデのカツラの接合部がずっと気になってしまった。あと横を向いたときの鼻筋の綺麗さ(笑)

結局一番クズなのはF
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

ダニエル・クレイグ良き。

良くあるミステリーものかなと思ってたけど途中から二転三転して飽きない。

クリエヴァはやっぱ軽いチャラ男がよく似合う。

オールド・ガード(2020年製作の映画)

-

美女!イケメン!アクション!仲間!

生きる"美"シャリーズ・セロンが憂いを纏った女ボス…というだけで視聴に値する。。
不死モノとしては使い古されたネタだけど本格アクションとテンポのいい脚本で飽きずに
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

公開前はホアキン・フェニックスがジョーカーをやるからどんな怪演か観に行きたいなーくらいに思っていたが、公開された途端、社会現象!みたいになって萎えて観に行かなかった記憶。

終始あの泣いているようなバ
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

-

満を持しての死霊館シリーズ最新作。

夫妻の出番は少なかったが、期待を裏切らない心地よい(?)不気味さ。
若気の至りのダニエラもただイライラさせるだけのキャラクターでは無いし、夫妻の娘もかわいい。最後
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

-

アメリカ終わってる。

フリントの汚水問題といい、世界的なニュースになってもおかしくないのに全然知らなかった。
この映画を、あ~マイケルムーア面白かった、と蓋を閉じてしまうのでなく、何らかの行動にスラ
>>続きを読む

キリング・フィールド(1984年製作の映画)

-

キリング・フィールドって、なんか聞いたことあるけどなんだったっけ、で観始め、あ~…と気付く。

ポル・ポトの話はwiki等で読んだことはあったが何が原因だったのか改めて調べ直した。
アメリカ政府のやっ
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

-

デンゼル・ワシント目当てで鑑賞。
次から次に出てくる悪役の俳優が豪華。

二人の猛者が付かず離れず、サスペンス要素も少しありの時々クスっと笑える佳作。
雨降らし作戦(?)のシーンが痛快だった。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

-

イギリス俳優揃い踏み。マシュー・グード本当に色男…🥺

実話なのかな~?ぐらいのつもりで観賞、カンバーバッチの神経質そうな演技に引き込まれ、エニグマ解読までのサクセスストーリー…と思いきや最後がとても
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

-

タロンくんはイケメンなのでイケメン以下にはなれないのだ……。

ミュージカル好きから言わせてもらうとちょっと中途半端、伝記映画としては(エルトンの人生が波乱万丈すぎて)駆け足ぎみ、エルトンの曲と、タロ
>>続きを読む

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン(2016年製作の映画)

5.0

人生には詩が必要な時がある。
自分の心の宇宙の奥の奥を揺さぶりたい時、触れたい、表現したい、理解したい時、
詩の力に頼る。

ジェイン・オースティン、ブロンテ姉妹が好きな自分にはストライクな題材だった
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

鬱映画。
事実ということがまず絶望。

なので映画としてだけレビューします。
導入部分が終わり、ホテルのシーン。
いつ終わるのかもしれない恐怖、いつ爆発するのかわからない爆弾を抱え続けていうような時間
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

-

ちょっと前に観たけどレビューを忘れていた。

ヘンリー・カヴィルとアミハマというイケメンがくんずほぐれつ協力し合い、美女に翻弄されつつハッピーエンド、て…続編いつですか?という感想。
スパイものの中で
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

-

公開時も観に行ったけどサウスパーク観てたら話題に上がっててまた観たくなった。

やはりあのテーマソングが流れるだけでメチャクチャテンション上がる。
メリッサマッカーシー大好き。
ケヴィン可愛すぎ。
>>続きを読む

すべての政府は嘘をつく(2016年製作の映画)

-

マイケル・ムーアが観たくてアマプラつけたらレンタルだったのでなんとなくこちらを。

アメリカ怖い。てかまぁメディアに関しては日本もこれ以上に酷いんだろうけど。
「メディア組織で上に行くのは忖度の上手い
>>続きを読む

オフィーリア 奪われた王国(2018年製作の映画)

-

オフィーリアという題材が気になったので鑑賞。

感想、オフィーリアの名誉挽回を豪華キャストで実現!
という感じだった。
流し観してしまったのであまり感想無し。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

アクションと音楽の融合は観てて気持ちいい。
しかし主人公含めキャラクター達の一貫性が見えにくかった。複数の人物の意見を統合したキャラクター、みたいな感じだった。

あと私は映画「トゥルーロマンス」が好
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

-

ケヴィン・ハート(カルヴィン)可愛い笑
完全なおバカモノかな?と思ってたけどなかなかサスペンス要素もあり。
陽気なロックさまのバディアクションを楽しむ映画。

ダーティ・グランパ(2016年製作の映画)

-

アホすぎてひたすら笑える作品😂
箱入りボーイなザックのビジュアルはひたすら可愛い。そして仕上がった身体とお尻を見せたいだけだろと思わせるカットの連続(笑
イーストウッド作品をコメディにしたらこんな感じ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

最初の違和感の抱かせ方が絶妙。何が本当か誰を信じていいかまったくわからない。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

-

デヴィッド・フィンチャー繋がりで鑑賞。

フィンチャー監督は変態を変態の役に、クズ男をクズ男の役にするのが上手い。

最後までエミリーの種明かしは無いのかと思ったら中盤であっさり明かされは始める。
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

-

久し振りに改めて観てみた。
終始漂う陰湿さ、降り続く雨。
最近の映画に慣れてしまうと自分はこのテンポ感が好きなんだなと認識させれた。

ブラピは顔だけで売れてる気がしていたが、やはり絵になる力のある俳
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

-

「満を持して」鑑賞したが、なぜか悲しさの方が勝ってしまって好きになれなかった。。。リヴァーの人生を考えるとどうも…なぜこんな役が似合ってしまうのか。役者の力量で魅せてくる不思議映画だった。キアヌ美青年>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

-

設定は面白い。女優さんの演技がいささかオーバーで乗りきれず。
そして吹替…そこはマンデー、ジューズデー、ウェンズデー、、、で良かったやろ。

ディザスター・アーティスト(2017年製作の映画)

-

なんとなく惹かれて観出したら謎の面白さがあった。何よりジェームス・フランコっぽいけどなんか違うなと思ってたらジェームス・フランコだった…髪型?髪型なのか??とにかく怪演すばらしい。絶対実際のザ・ルーム>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

ずっと気になっていたので満を持して鑑賞。

大人になってからもこういう青春の魂を描けるのはうらやましい。
甘酸っぱさだけかなと思ったら違った。
優しさに溢れてて癒される。

エズラくんはやはり美しい。
>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

-

ビックリ。監督ジョディ・フォスターだった。彼女の出演作は正義感増し増しって感じのが多い印象。
導入がスピーディーで好き。
実際こんな不正が可能かは分からないけどジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ
>>続きを読む

女教師 シークレット・レッスン(2016年製作の映画)

-

録れてたので鑑賞。
ストーリーは紆余曲折あれどいい意味で王道。気持ち良く胸くそ悪い。
ハンディカメラなのはちょっと酔った。

ニーナ・シモン 魂の歌(2015年製作の映画)

-

最近ラジオで一曲流れていたのを初めて聞いて、気になってサブスクで聴くようになった。
このドキュメンタリーを見て流し聴きできない理由がわかった。

人間としては色々問題を抱えていたのだろうけど、彼女の歌
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

-

実話とは知らずに観始める。
客観的なレビューでは賛否両論だそうだけど、調査委員会で最後、メアリーが啖呵を切るシーンはとてもしびれた。

アメリカの大統領選っていくらでもドラマがつくれそう。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

気になっていた。社会派ものかと思ってたらホラーだと知って気軽に鑑賞。

とてもスッキリとまとまってて後味も良く良作だった(食べ物の感想みたいになってしまった)

これはネタバレしないで感想言うのは難し
>>続きを読む

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

-

TVシリーズ未視聴。2時間を感じさせない内容でした身につまされすぎたので楽しめたかどうかは謎。
最後の劇場版パートの音響を映画館で感じれて良かった。

ザ・ファーム/法律事務所(1993年製作の映画)

-

トム・クルーズはなんとなく避けていたけど弁護士ものが好きなので鑑賞。

手に汗握るサスペンスものだった。
この時代の映画は好き。今こういう映画を撮るともっとすっきりまとまってしまいそう。
悪そうな顔し
>>続きを読む

>|