サタデーな伊藤さんの映画レビュー・感想・評価

サタデーな伊藤

サタデーな伊藤

文系の大学生。
Twitter→ https://mobile.twitter.com/ankointomato
note→ https://note.mu/ankointomato

映画(379)
ドラマ(0)

テルマ(2017年製作の映画)

-

精神的抑圧を抱えた少女が、はじめて恋をした結果、性的な欲望が夢のなかで発現して……って、なんとなく、フロイトの用語から解説できそうな映画。そのへんは詳しくないのでだれか心理学専攻の人か研究者さんにレビ>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

-

佇まってない。

以下Twitterより。

うーん。樹木希林の演技はすごいし、テーマも好きなんですが。よくわからないものにであって、時間をかけてわかったりわからなかったりする。形のなかに、あとから意
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

Twitterから。

・これはぼくはかなりすきですねー(けっこう否の評価もみますが、いいたいことはわかる) ぼくはこの映画については、わからないところはわからないものでいいんだと思うんですけど、どう
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

Twitterから。

・IMAXデジタル版、超すばらしいです、ノーランの70㎜版をみにいけなかったのがマジで悔やまれる......いや、でも、とにかくIMAXは、大画面の圧倒的な迫力。後半のワープシ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

-

Twitterから。

完全版をみるのははじめてでしたが、この映画にはIMAX上映がふさわしすぎます。大爆笑です。どの演出もクレイジー。きわめつけはやっぱり、船が空を飛ぶとこと、人間ヤシの木大砲でしょ
>>続きを読む

機動警察パトレイバー THE MOVIE(1989年製作の映画)

-

Twitterから。

・ぼくはパトレイバーシリーズってぜんぜんみたことがなくて、これがはじめてなんですが、この話、プロットじたいはシンプルなんですけど、モチーフがカルト宗教的なはなしに関連してて、で
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

-

・光子郎の台湾の友だち、ペンタゴンに侵入する
・島根県への強烈なディス
・光子郎、ウーロン茶のみすぎてトイレに行き、その間に太一がパソコンがフリーズさせ絶体絶命
・世界中のともだちからのクソリプにより
>>続きを読む

過去のない男(2002年製作の映画)

-

「謝礼は?」「俺が死んだら情けをかけてくれ」

言いたい

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

-

とりあえず、超おもしろいというか、びっくりするくらいエグいことやってて、これで小学生向けかよ!って感じでおすすめです。

以下Twitterより。

・女の子が成長する話なんですけど、都会育ちの優しい
>>続きを読む

誰がため(2008年製作の映画)

-

Twitterより。

・マッツ・ミケルセン目当てで観たんですけど、けっこうキツかった。ナチスドイツ占領下のデンマークで、ゲシュタポへの破壊活動をつづけたフラメンとシトロンの話。国民の1/8を動員した
>>続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

-

Twitterより。

・これは……うーん、話はよくわからないというか、特に大きなドラマがあるわけじゃないんですが、なんでかしらないけど泣けてしまって。語るのが難しい。『この世界』を観たときも、なんで
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

-

超スタイリッシュかつ奇抜な映像演出、終盤の28分間のカンニングシーンはヒヤヒヤ。いっぽうでタイの教育問題も盛り込む。スティーブン・ソダーバーグやダニー・ボイルに通ずるテンポのよさを感じる。

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

-

ぼくは『タクシー運転手』が今年ベスト級におもしろかったんですが、これはその続編にあたるような、光州事件から7年後の話。韓国の民主化運動の流れがどうできたかを理解するうえでも必見だけど、それ以上にエンタ>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

-

すばらしかった……WW II後、デンマークの海岸に埋められた爆弾の処理役として派遣されるドイツの少年兵たちの話。デンマーク軍曹役のおじさんの演技がめちゃめちゃよかった

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

-

最近はなにをみても成長物語としてとらえてしまう傾向があって、これは「僕」がただまわりに流されて待つだけの遊び人から意志を発揮できる大人になる(なってしまう?)話だと思った。走って叫ぶ柄本佑、とってもエ>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

-

早朝から観るにはキツすぎる!体をよじりながら見るはめに……。
カニバルものだけど、最終的には愛(それも、家族愛)についての映画で、さらに強烈な問題提起でもある。
しかし映像も音楽もめちゃめちゃかっこい
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

たくさん勉強をして、世界に貢献する人材になれればもちろんそれはいいこと。だけど、それで自分の人生がしあわせじゃなかったり豊かにならなかったりするのは、やっぱりおかしい。だからって「人生の夏休み」になっ>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

-

レバノンの政治、宗教、人種問題をテーマにした法廷劇で、めちゃめちゃ真面目な話なんだけど、まさかの父娘対決とか、原告弁護人のキャラが面白くて、けっこう笑えます。レバノン版『リーガル・ハイ』な、ほんとう法>>続きを読む

>|