yuriさんの映画レビュー・感想・評価

yuri

yuri

映画を観る度に「こういうのは歴史をちゃんと勉強して時代背景を知ってたらもっと面白く観れるんだろうな」と後悔しながら全然勉強しないひと。

映画(210)
ドラマ(0)

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

ファンは「自分の人生を人に決めさせるな」といったけれど
シャロンはずっと受け身で、自分の救世主を待っている。
そして多分あのエンドの後も、彼は変わらないんだと思う。
作品として個人的には好きだけど、ア
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.0

作品がもし規制になったら、と思い慌てて観たけれど、、、
かなりしんどかった。
リリーさんとのラストシーン、山田孝之はガーン!てなってたけど観てる人は「知ってた〜〜」ってなるから何かそのまま終わってしま
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.5

染谷将太キュートでした。
ちょっとお客さん気分から、林業へ愛と誇りを持つようになる彼の気持ちに 同じ目線で寄り添えた気がする。
伊藤英明が妙にハマっていた。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

うーん、
面白かったんだけど…
途中が壮大だっただけに
最後、デイジーに看取られるのはちょっと丸く収まりすぎて。まぁいっか。。。

とにかく、全盛期ブラピくらいまで若返った時期「うわ、これは反則でしょ
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.0

あー面白かった。
こんな修羅場みたことない!って笑ってしまった。
欲を言えば、ジェイコブとハンナが運命の相手(作品の中でいう"魂の伴侶")!っていうエピソードがもっと欲しかったかなぁ。。。
もちろん、
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

毎日ヘトヘトになりながら子育てしている身としては、育児も家の雑用もナニー任せ、熱が出た我が子の顔も見ずに寝れる神経にびっくりだけど、
あのお母さんは、自分の事というより旦那さんに愛して欲しかったから
>>続きを読む

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

2.5

わーぉ…これジョセフ監督・脚本なのね。
面くらいました。ムキムキジョセフにも。
きっと言いたいことはシンプルで、ジョンも結局まっすぐで素直な性格で。ただ一方通行だっただけで、通い合うって大切だよねとい
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

4.0

もう、友達ぃぃいいい!!!!!😭(名前忘れちゃった)ってなった。
声がデカいしマイペース、口も悪いし女の子をナンパすることしか考えてない友達、、でもアダムのことを思い、アダムも彼にしっかり支えられてた
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.0

個人的な印象「こんなジョセフ・ゴードン=レヴィットはいやだ」。
本人も最後言ってるけど、扱いづらい性格のフィリップ。。。そして大仕事を成し遂げたのに、最後みんなアッサリ解散しちゃう感じが、寂しかった。
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.5

もう、前半はひたすら金、ドラッグ、セックス…1時間が長い長い。
テンポはいいのでとにかくひたすら短時間でタガの外れた人がどんどん出てくるのでつかれちゃった。
一瞬出てきたジョン・ファブローが最後らへん
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ヘンテコだけどステキ。って言えるのは、私は"ヘンテコ"側じゃなくて、自分が"ごく普通"の生活の生活を送ってるからだろうなぁ。
確かにベンはやり過ぎで、子供たちに選択の余地は無かった。
親の与える環境や
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

単語や言ってることが専門的で超難しく感じるんだけど、作品自体はとても観やすくて音楽もっこよくて飽きずに見入ってしまってた。

ジョセフ好きすぎる私としては、
初めてのデートでリンゼイがカメラで切り取る
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.5

俳優陣も音楽も豪華。就活×SNSという今っぽい感覚を、今旬な俳優でつくった映画、っていうイヤミな印象しか残らなかったのは何故だろう。
こういう人いるよね…っていうキャラは揃っているんだけど、、ホントに
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

2.3

綾野剛のキスシーン目的で観たけど、作品自体はチープでライトな印象。(多部ちゃんの語りのせい?)
でも多部ちゃんみたいな何となく流されちゃって、今度はちゃんとします…って毎回言ってるな、っていう、だらし
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずいぶん前の彼女のこと聞くやん…彼に気があるのかなと思ったら、結婚してて子供がいて納得。子供生まれると一気に、恋愛って他人事すぎて根掘り葉掘り聞いてお節介したくなっちゃうかも。

って脱線したけれど、
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

観終わってすぐ、「すごい」と「つらい」しか言葉が浮かばなかった。

はじめの事件現場のシーンや、妻夫木と綾野剛のシーンみてて、妻夫木と綾野剛の濡れ場長めだよ〜!よくあるエロとグロみんな好きでしょ〜観て
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

4.2

結局リアノンも見た目のタイプも大事で、明日の約束ができる程度の「普通」の恋愛がしたい。Aのことを考えると辛いけど、でもそこが覆らなくて良かったなって思った。
毎日別の人の身体で生きるA。最初、どういう
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

作業しながら流し見しちゃって、ちゃんと改めて観ようと思った。
大人になってもそういうのあるけど、
高校生くらいって1番男の子はこどもっぽくて女の子は大人に見える気がする。
でも大人ぶって背伸びしてる女
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

あえて惨いシーンは長め。
目を逸らすなと言わんばかりに。
映画だからこれでもマイルドになってるんだろうな、実際に起こったことのほんの一握りなんだろうな。帰る場所も逃げる術もないパッツィーや他の人達の事
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.5

怖かったー。ポップな音楽に乗せて、ミュージックビデオの様なライトな美しい映像の中で人が、心が、死んでいく。
目を背けたくなるけど、テーマとしては考えさせられるし、きっと人ごとじゃない。
何事もなく私は
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.6

幸夫くん、何だただの人でなしか\(^o^)/
と思って最初観てたけどどうやら違うらしい。
でも浮気中に奥さんが亡くなってもちっとも泣けなかった彼なりの感情に以外と寄り添えた気がした。
別に善人でも悪人
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.0

うーん、指名手配なのに灯台にいてそんなに見つからないものかな?
灯台で隠れて暮らしてるのに妻夫木聡のヒゲが全然伸びてないのも気になっちゃった。
満島ひかりの軽ーい感じがよかった。

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

女性による女性のための映画って感じ。
加瀬亮とか安藤政信とか、男性も出てくるけど、基本的に彼らはあまり何も考えてないという感じに描かれていて、とにかく女性目線で淡々と進む。
個人的に、秋代と菊地のベッ
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

5.0

これは、文句なしでめちゃめちゃ面白かった!!!
まず暮らしや人のリアリティがすごい。
すっごくどうしようも無い人達っぷりがすごい。
一子が変化する前の、深夜の100円コンビニの店員というつまらなそうに
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.0

おや?!?!って展開が多かったけど、
ウディ・アレン節かなと思いながら観た。
ファッションや映像は本当に素敵。
エマ・ストーンの眼力にやられた…本当に吸い込まれそうだし、「波長を感じるの…」って言い始
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.3

リリーさん怖すぎたし、吉田羊さんめちゃめちゃ美しかった。滝藤さんの涙、あつかったなぁ。
福山雅治主演もの苦手なんだけど、楽しめました。ストーリーは普通かな。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.8

ジョゼの時といい、池脇千鶴のバラック小屋に住んでる似合い感がすごすぎる。菅田将暉もとっても良かったなぁ。家族という半ば呪いみたいなものに縛られながらどこか縋りながら、小さな世界は続いていく。
最後の方
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

とても良かったけど
とても苦しかった。
そして美しかった。
トランスジェンダーが一番苦しむというし…術例の無い性転換手術の話を聞いても迷いなかった所が全てを物語っているんだけど、
でもやっぱり、彼が身
>>続きを読む

>|