あおによしさんの映画レビュー・感想・評価

あおによし

あおによし

  • List view
  • Grid view

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

後半の2人のやり取り。
一回でこれが読み解けたら、きっと号泣していたはず。
そして最後に面食らったはず…。

『知事抹殺』の真実(2016年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーは、ただ事実を羅列するだけでは伝わりにくいんだなと、あらためて実感。
並びの悪い文章を、読んでいるような感じがあって、編集次第で効果的な映像になったのかも。
エンディングの曲が流れた途
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

洋楽が好きな人には面白いのかな?
音楽にそんなに魅力を感じないと、アクションとの絡みに入り込めないような気が…。

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

2.5

実話だしね。
面白いとか面白くないではないと思うけど。
終始淡々と進む話が、リアルっちゃあリアルやけど…。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.0

何にも考えずに観られて、それなりに笑える。
途中で明らかに160㎞出てなくね?ってところはご愛嬌かな。
カロリーヌ・ヴィニョがキレイ♥

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

この映画のミソは、レイが1号店を出すときに既にコカ・コーラと提携することを視野に入れていたことだと思う。
ホントはもっとドロドロしてそう…。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.5

ストーリー云々は、お約束のハリウッドヒューマンコメディ。
面白いことも去ることながら、字幕が大きくて見やすかったので、ぜひ劇場で。

結婚(2017年製作の映画)

2.5

ディーンフジオカのキスシーンが下手すぎて興ざめ…。
あんなキスで相手を落とせる訳がないやろ。
騙す相手への敬意が無い。
それに尽きるわ。

さよならも出来ない(2016年製作の映画)

4.0

距離感、幸せ、責任、結婚、どうしても伝えたかった言葉。
『惰性』って印象はなかったかも。
2017年の今を、映し出している映画だと思う。

ゲキ×シネ「乱鶯」(2016年製作の映画)

3.5

舞台の様子をドラマチックに見せるアングルや編集は斬新。
殺陣のシーンも含めて寄りのシーンが多く、映画館で見るにはちょっとしんどいかも。

蜷川幸雄シアター「ヴェニスの商人」(年製作の映画)

5.0

わかりやすかった。
市川猿之介のシャイロックは圧巻で、中村倫也のポーシャに惚れる。

海辺のリア(2017年製作の映画)

3.5

舞台の方が面白そう。
何年後かに評価されそう。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

いろいろと抱えている人を、とてもリアルに描いているんだろう。
わたしは共感できなかったけど。

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

3.5

100年ちょい前に、オペラ座で彼女のダンスを観た人の感動と衝撃はどんなだったんだろうか…と思いを馳せてしまう。

Every Day(2016年製作の映画)

5.0

冒頭から何が起こったのか掴めないまま、物語に引き込まれていく。
冷静に考えると、2人とそれ以外の人たちとの関係性が、そんなにくっきり描かれていないが、わたしたちの人間関係もそんなものかもしれない。
>>続きを読む

うさぎ追いし 山極勝三郎物語(2016年製作の映画)

2.0

北大路欣也、高橋惠子は要らない。その分若いキャストをしっかり選べばよかったのに。脚本の出来が悪いから話がぶれぶれで、勝三郎の何処をフューチャーして伝えたいのか全くわかわらない。
前半で、現場が全然まと
>>続きを読む

SHARING(2014年製作の映画)

2.0

京都シネマ初日
満席だったが大半が学生、それも同じサークルの仲間っぽい人たちが半数以上。映画をみたら単位がもらえるのかな?
映画は、うどんとそばと中華麺とビーフンをまぜこぜにゆで上げて、ホワイトクリー
>>続きを読む

皆さま、ごきげんよう(2015年製作の映画)

4.5

見終わった後、自分自身が映画の続きにいるような感覚になった。
自分達は社会の中で、なんてシステマティックに動くように仕向けられているのかとも感じた。

ねぼけ(2015年製作の映画)

4.5

感情が入っちゃってどうしようもない。
最後もベタだけど、涙が勝手に出ちゃうねw
倦怠期になりかけの2人にもオススメかも。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

ホームレスは、行政が作り出している一面もあるというのがよくわかると思う。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

4.0

公開の後、彼が同じ生活を続けるかどうかはさておき、必ずしも家がない=ネガティブではないな、と感じた。

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

誰が愚行を犯したのか。
そもそも愚行とは何なのか。
もう一回観に行く。

変態だ(2015年製作の映画)

3.5

今年は沢山映画を観たからこそ、この映画の良さがよくわかった。

>|