あおによしさんの映画レビュー・感想・評価

あおによし

あおによし

  • List view
  • Grid view

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

4.8

ご都合主義的な展開や、広瀬すずはさておき、先生役が生田斗真で大正解⭕
大人の微妙な気持ちの揺らぎを、上手く表現している。

何とも想ってない人がだんだん気になって、好きになっていく過程も共感できた。
>>続きを読む

光と禿(2016年製作の映画)

3.9

「三連休の頭に、頭の禿げたパンイチ親父を観に来ていただいて、ありがとうございました」。とは、上映後の監督の挨拶。

見た目のキツいキャラを封じ込めるには「盲目」のキャラクターしかいないと、視覚障害の女
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.9

チケットを買ってから、映画雑誌のレビューを読んだら、あまりよろしくない。
「まぁまぁ」と思って観に来たが…。
レビュー通りやな~。

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.3

「自分がチクられたから、自分が助かるために誰かをチクる」という連鎖も、警察の腐敗も別に珍しくもない。
「だからどうしたの?」としか感じなかった。

エルネスト(2017年製作の映画)

3.4

ゲバラのこと知らないとイマイチ辛いんじゃないかなー。
最後も「えッ!?終わり?」って感じ。
ただ、1965年あたりの時代を感じさせる表現は、衣装も美術も文句なしです。
個人的に評価通りかと。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

映像はスタイリッシュでシャーリーズ・セロンもカッコいい、ハードなアクションもみどころやけど、何かムダが多い気がする。
オチがそんなに効いてない作りになっちゃったっぽい。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

部屋に溜まっているゴミやペットボトルとか、ハギオとツチダのライブハウスのシーンとか(オダジョーは、あぁゆうシーンがホンマに上手いな)がリアルで、似たような経験があれば懐かしい話でしょ?

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.5

想像の域は越えないストーリー。
おじいちゃんの死に対して、登場人物によっては希薄だったりするのは共感するかも。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.9

ラスト数分間の盛り上がり方は最高⤴⤴
鳥肌が立った。
全体のスコアの高さも納得👍

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

CIAやらFBIやら、やり方が昔から一貫してるね。
散々甘い汁吸わせて、最後にとかげの尻尾切りで根こそぎ剥ぎ取って消す。
それはともかく、映画はまあまあ面白かったです。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

ストーリーに、大人がほとんど介入してこなかったり、平坦に過ぎる流れだったり、狭い世界の中で起こる出来事にひどく懐かしさを覚えた。
何回も観たくなる空気感は秀逸。
終盤の展開もよく出来ているが、たびたび
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.8

日本語ではなく、英語でそのまま理解できないことが、とても寂しかった。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

後半の2人のやり取り。
一回でこれが読み解けたら、きっと号泣していたはず。
そして最後に面食らったはず…。

『知事抹殺』の真実(2016年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーは、ただ事実を羅列するだけでは伝わりにくいんだなと、あらためて実感。
並びの悪い文章を、読んでいるような感じがあって、編集次第で効果的な映像になったのかも。
エンディングの曲が流れた途
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.4

洋楽が好きな人には面白いのかな?
音楽にそんなに魅力を感じないと、アクションとの絡みに入り込めないような気が…。

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

2.5

実話だしね。
面白いとか面白くないではないと思うけど。
終始淡々と進む話が、リアルっちゃあリアルやけど…。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.0

何にも考えずに観られて、それなりに笑える。
途中で明らかに160㎞出てなくね?ってところはご愛嬌かな。
カロリーヌ・ヴィニョがキレイ♥

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

この映画のミソは、レイが1号店を出すときに既にコカ・コーラと提携することを視野に入れていたことだと思う。
ホントはもっとドロドロしてそう…。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.8

ストーリー云々は、お約束のハリウッドヒューマンコメディ。
面白いことも去ることながら、字幕が大きくて見やすかったので、ぜひ劇場で。

結婚(2017年製作の映画)

2.5

ディーンフジオカのキスシーンが下手すぎて興ざめ…。
あんなキスで相手を落とせる訳がないやろ。
騙す相手への敬意が無い。
それに尽きるわ。

さよならも出来ない(2016年製作の映画)

4.2

距離感、幸せ、責任、結婚、どうしても伝えたかった言葉。
『惰性』って印象はなかったかも。
2017年の今を、映し出している映画だと思う。

ゲキ×シネ「乱鶯」(2016年製作の映画)

3.5

舞台の様子をドラマチックに見せるアングルや編集は斬新。
殺陣のシーンも含めて寄りのシーンが多く、映画館で見るにはちょっとしんどいかも。

蜷川幸雄シアター「ヴェニスの商人」(年製作の映画)

5.0

わかりやすかった。
市川猿之介のシャイロックは圧巻で、中村倫也のポーシャに惚れる。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

いろいろと抱えている人を、とてもリアルに描いているんだろう。
わたしは共感できなかったけど。

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

3.7

100年ちょい前に、オペラ座で彼女のダンスを観た人の感動と衝撃はどんなだったんだろうか…と思いを馳せてしまう。

Every Day(2016年製作の映画)

5.0

冒頭から何が起こったのか掴めないまま、物語に引き込まれていく。
冷静に考えると、2人とそれ以外の人たちとの関係性が、そんなにくっきり描かれていないが、わたしたちの人間関係もそんなものかもしれない。
>>続きを読む

>|