わらびさんの映画レビュー・感想・評価

わらび

わらび

映画(116)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

ロバートデニーロがキュート!
アンハサウェイとのコンビ最高でした。
女性の活躍を優しく支えてくれる存在ってなかなか無いのが現実だとは思いますが
年配の方の余裕ってこんな風に使って欲しいですね。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

-

女の友情ってカッコいい、、!!
ジェニファーロペスが最高にcoolでした!
あれは惚れてしまう!
音楽の使い方と選曲が面白くテンポ良く進んで見やすかったです
ただ取材風にする必要あったかな?とは感じま
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

初めてアリアスター監督作品観賞。
罪とはなにを持って罪なのか、誰かの視点では罪ではなくなるのか。
美しくて気持ちが悪い。めんどくさいけど面白い。人間らしさが詰まった作品でした。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

第一次世界大戦しかも伝令兵の1日を描く。正直かなり地味な題材なだけに映画として盛り上がる展開が用意されているのか心配でしたが、最高のエンタメ作品でした。
全編ワンカット風に描くアイディアで主人公スゴフ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

新しいジャンルのナチ映画。

ヒトラーを1番の親友とする男の子

ジョジョは戦争に巻き込まれた被害者ではあるけれど自分の力で選択し、加害者にならずに済んだのではないだろうか。

母親やユダヤ人の彼女の
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

マッドデイモンとクリスチャンベイルのコンビーネーションが最高に熱い。

マイルズとシェルビーがレースにのめり込んでいく姿が中学生のようでとても可愛い。
フェラーリのストップウォッチを盗んだり部品を転が
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

-

これまでのマイケルベイ監督の持ち味はそのままに現代の流行にアップデートされていました。
冒頭のカーチェイスは一級品。面白いこと全部のせ精神最高です!!

何回スローモーションするんだ!笑
台詞の薄っぺ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

5.0

シリーズ3作目。1.2作は配信で見ましたが映像美とドラゴンと空を飛ぶ演出が素敵で今回念願の劇場へ

ワクワクと可愛いトゥースはそのままに今回は少し大人でしっとりしたストーリー。
2作目でドラゴンに乗っ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

-

原作未読です。
超能力もの映画としてとてもワクワクして見ることができました。

1シーンかなりゆったり使うので途中長さを感じてしまいそこからテンポ感に乗れず
、、同じ回想が多いので少し退屈してしまいま
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

-

圧倒的映像の美しさ。
技術の面で圧倒的エンターテインメントを見せつけられ大きな衝撃を受けました

今回はエルサの自分探しの旅
より魔法に焦点があてられディズニー作品らしさと世界観で魅せられました。
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

-

女王のお気に入りを巡る
欲と嫉妬にまみれた宮殿で恐ろしい陰謀が華麗に企てられる
女の戦争が何よりも怖い、、外では本当の戦争が行われているのも怖い

女優陣の演技は勿論、衣装や映像にも細部までこだわって
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

-

子供とドラゴンと友情と成長。

明快で熱い!たまにはこう言う映画も見なければ

イエスタデイ(2019年製作の映画)

-

ハートフルラブコメディ
BEATLESSがいなかったらコーラもタバコもないの?!それだけBEATLESSが世界に与えた影響は大きなものだったのですね。
正直テレビなどでしか聞いたことがありませんでした
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.7

原作未読。
パワーみなぎる作品でした
losers1人1人にスポットがあてられ過去がより明らかになっていく過程がとても面白い。前作の舞台裏要素もふんだんに盛り込まれていて続編としてもよかったです。
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

5.0

シンプルでとても好きな作風でした。

女性格差の時代を生き抜いた芸術家。
自分もクリエイターの端くれとしてとても共感できるお話でした。
自分の作品にどれだけ愛情を持てるか魂を削って向き合えるか
そこに
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.5

国も格差も自分も超える音楽。


インド映画の熱量Bollywoodのレベルの高さを改めて痛感しました。

ガリーボーイがラップの技術が上がるのとシンクロするように私生活も力が溢れていく様子がとても気
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

-

テンポ良いアクションが魅力的
ロビンフッド物は初めて見る初心者でしたがしっかり入り込めました
主演のタロン氏の身のこなしが凄まじいので無理な戦闘シーンも納得させられてしまいました。かっこいい。
コテコ
>>続きを読む

15ミニッツ・ウォー(2019年製作の映画)

-

演出がかなりアニメ的で過剰な印象でしたが、内容的にこのくらいやらないと見せ場がないのでありかなと言う感じでした
前半で登場人物像をしっかり描いてくれたので狙撃班の5人に親しみが湧いて後半の展開に効いて
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

心優しいピエロが絶望した時仮面を脱いだ先には

社会の闇に生きる現実をジョーカーの主観で描く
仕事を奪われ夢をも踏みつけられたアーサーは闇のまた奥深くに堕ちていく
ホアキンフェニックスの演技が圧巻。
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

-

奇怪な映画。
善悪の判断がつかなくなる
正直パンプキンのように周りを見ずに自分のために貪欲でありたいとも思う
しかし社会に居場所を作るために誰もが抑制している
社会の人気者ジェリーが一度もパンプキンを
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

5.0

伝記ミュージカル映画。

想像以上に良かったです!
しっかり泣きました、、。

こんなにも曲に入り込めるのは選曲と使い所が最高にマッチしているからでしょう
時系列なんてどうでもよいのです。
映画として
>>続きを読む

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

-

女性戦場記者の現実と自身との葛藤を描く。
左目を失い、PTSDに苦しみながらもなぜ彼女は戦場へ戻るのか。
普通の暮らしを夢見ながら戦火で苦しむ人々から離れることができない強さと脆さをありのまま描かられ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

タランティーノ監督今回もやってくれました。
ディカプとブラピの演技力と絵力は勿論、今回も練られた脚本の会話劇の面白さが圧倒的。さらに60年代を知らない私にもどこか浮かれた楽しい世界観が魅力的で長時間の
>>続きを読む

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

5.0

かなり好きな作品に出会えました。

人種差別や貧困を新しいか角度から捉えていて価値観が変わりました。

盲点とは見えていないものか、それとも見たくないものか
自分を変えれば見えてくるものなのか
しかし
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

少年達の夏の冒険!!!

なんて甘いものではなかった、、
きっちりバッドエンド

後半登場人物たちの家の事情が明かされるあたりから「人の素性はわからない」
的な台詞が活きてきます

人間誰しも殺人鬼の
>>続きを読む

あなたを抱きしめる日まで(2013年製作の映画)

-

可愛いお婆ちゃまが素敵で微笑ましい
ですがどうしてもキリスト教に感心がない者としては理解に苦しむオチでした
人を許すことで自分も許されるという事なんだろうけどそもそも子供を持つ事は罪ではない。という怒
>>続きを読む

26世紀青年(2006年製作の映画)

-

バカがバカすぎて最高!!!
って笑いながら見ているとだんだん
これって関係ない話じゃないのかも、いや寧ろ現実になりつつある?
という恐怖感で笑えなくなりました

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

-

めちゃくちゃ笑いました🤣こんなに笑ったの久しぶり!!ドラマからのファンですが映画でも自由な作風は変わらずやりたい事やってやるぞ!!感がたまらなく楽しかったです。改めてキャストの熱意と力に感服しました。>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

5.0

半島の歴史は全く詳しくないので頭フル回転でみました。スパイ映画としても政治ものとしても、人間ドラマとしても楽しめる。まさか北の将軍が出てくるとは、、。
こんな歴史に残る大スキャンダルがあった事実を知れ
>>続きを読む

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

-

シュールな笑いが続くのでいまいち盛り上がり方がわからない
B級映画的にはよくあるテンポ感がなので見れましたが最終的に何も解決してないので腑に落ちない

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

どこか曲がった人達がねじれにねじれていく話し。わかるようで分からない!
レイプ犯を突き止めるまではサスペンス的に進んでいくのでドキドキ展開ですがわかってからがどう見ればいいのか分からない。のに目が離せ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

5.0

ピクサーの意欲的な作品作りに脱帽。
完璧すぎる3の続編ということで、かなり期待と不安を抱えての鑑賞でしたが
凄く良い裏切り方をしてくれました。
子供は純粋で残酷、必要とされなくなったおもちゃの行く末を
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

-

大ヒット作君の名は。の次作としてとんでもない期待を背負っての今作「天気の子」
私はかなり見ていて辛かった、、、結局君の名は。の二番煎じ感が拭えない
何度も同じ手法で繰り返される演出のせいで映画が長く感
>>続きを読む

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

4.0

最高に楽しい!!映画の色んなオマージュネタも笑えるし、映画愛が込められていてほっこり。そして奴らにまた会いたい

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

-

ストーリー設定はかなり面白いけど王道な展開。しかし独特なテンポで飽きさせない演出とジムキャリーの好演で魅せられる。
あの劇伴が耳を離れない

オデッセイ(2015年製作の映画)

-

めちゃポジティブなマッドデイモンとディスコミュージックを楽しめる
あの救出方法は本当に可能なのかな

>|