イヂチユウスケさんの映画レビュー・感想・評価

イヂチユウスケ

イヂチユウスケ

鑑賞記録 鑑賞する為のメモ

映画(321)
ドラマ(0)

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.7

ずっと女ってこんな感じだよな〜。男ってこんな感じだよな〜。と、思いながら観てた。めっちゃ仲良くしてた女の子に手紙で放課後遊べる?って聞かれて「Can’t」とだけデカデカと書いて渡してたのは、なんか笑っ>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.7

最後のセックスは普通にセックスしただけなんかい!

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.5

レイトショー、途中退場者2組。主人公を肯定させていた幾つかの例え話が気持ち悪かった。監督の映画に対する性癖・美意識を2時間強の刺激的かつテンポの良くない映像で浴びせられる。こういう映画が存在しないとダ>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.6

でもこのお父さん「NIPPLE FUーーーーーーーCK!!」って叫んでたやんって思ってしまってゴメン。Mogwai 最高。でも劇中にBGMが自分には多すぎたかも。Samphaの声がほんまにJames >>続きを読む

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

3.4

シンメトリーな構図の連続に狙い過ぎな印象を受けた。印象的なセリフは多くて良かった。でも、アガサクリスティーの原作を映像化するのはもうやめよう。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.4

ラキース・スタンフィールドほんまに良い役多くて尚且つイケてる。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.4

登場人物多いけど、各キャラの掘り下げがもう少し欲しいかな。どのキャラにも感情移入出来ない。場面の切り替わりが多くて置いてけぼり感ある。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

やっぱりタバコの吸いすぎは良くねえんだな。ブルジョアの母ちゃんの髪型マジでブルジョア。
最初、見つかった犯人が別人に見えて小説の物語を深読みしすぎたせいもあるけど、あらまあよくある物語。って感じ。映画
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.3

どのキャラクターにも観客に想像する余地を与え過ぎて感情移入出来ないのは観ていてツラい。菅田将暉が女子中学生を廻し蹴りするところで笑ってしまう。

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.8

パーティー会場の時と安置所の時で乳の大きさ違ったように見えたのおれだけ?

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

夜中にあの全力疾走してるシーン、設定理解した上で思い返すとニヤけてしまう。相当嬉しいんだろうな.....。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.8

大阪組の桑原和男を出せーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

レイプするやつは死ねばいいと思った。死んだから良かった。急に三方向から囲ったらアカンわな。怖いもんな。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

マイケル・シャノンすげえ嫌な奴だったけど、俺は好き。予告で一度も美人と思ったことないのに本編を観ると美人。仕草かな。アメリカっぽさもあり良作。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.6

「世界一の美女にキスをする」がマジで世界一の美女だった。ジャックニコルソンの咀嚼シーンがもっと観てえ。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

カッコいいし、映像綺麗やし、監督の意欲が伺えてとても良い。それにしてもクソ悪ガキ。帰りに食パンとジャム買ってかえりがち。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

最初はエリオに感情移入しやすい展開で進んでいくのに、途中からオリヴァーが怒涛の追い上げでヒロインっぽさを出してくるところが胸キュンポイント高い。アプリコットを潰し始めたくらいから「こいつ絶対オナニーす>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.9

途中で伊勢谷友介の映画になるところも良い。伊勢谷友介の男前加減がうかがえる。感情移入しすぎて、泣く女の子。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.7

思い付きでレイトショーを観に行って最高の映画に出会う、最高の現象。悲しくて泣いたんじゃなくて、最高な気持ちにさせられて泣いたなあ。

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.6

幼少期の頃の方が面白く感じたかな.....。クリスティナ・リッチの出来る子役感が凄い。ウェンズデイ・アダムスの魅力が飛び抜けて良い。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.7

後から出てきたサムの若々しさたるや。音楽も良かったし、この相関図の少なさでも十分面白い。最近よくある題材だが、良かったよ。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.1

ダンサー役にまさかのセルゲイ・ポルーニン。原作が古いせいかどうしても推理や解決に導く流れがミステリーの"オールドスタイル"という感じがして、思い切りミステリーを楽しみたい観客には微妙かも。現代版を作る>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

ベネチオ・デル・トロの登場でぶち上がる。スターウォーズ版「特攻」の破壊力が凄まじ過ぎて、無音過ぎて、しばらく口が開いた。ルーク、残像ではヒゲも髪もシュッとしてるくせに本体はみすぼらしいままかい!とツッ>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.8

店長不在の居酒屋でセックスはアカン。菅田将暉の「関係ねえよな」の繰り返しが良い。

レスラー(2008年製作の映画)

4.5

最高の映画だよな。すげえ分かるんだよな。すげえ分かるんだよな.....。最低だけど、最高だよ。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

「チンポ!ファック!オッパイ!」が良かったぜ?最後の演説シーンは待った甲斐があってとても良かった。もっと食事のシーンが観たかったなあ。不味そうに吸うタバコ。

アビエイター(2004年製作の映画)

3.6

青年時代のレオナルド・ディカプリオが艶やか過ぎて眩しい。整い方が完璧。実在したキャサリン・ヘップバーンを参考にしているにしても、出会った頃のケイト・ブランシェットはマジで嫌い。前半と後半に分けられる映>>続きを読む

>|