aoiさんの映画レビュー・感想・評価

aoi

aoi

映画(411)
ドラマ(10)

ドラムライン(2002年製作の映画)

-

音楽の授業で鑑賞
"Playing drums is making love"みたいな台詞が流れた瞬間先生があたふたして、挙げ句チャプターごと飛ばされた。

NO SMOKING(2019年製作の映画)

4.4

憧れの師を大きなスクリーンで目の当たりにした興奮で言葉が出ない。なのでとりあえずのメモ。
・オープニング、NO SMOKINGのタイトルと同時に映し出された喫煙中のマッカーサー、その後軽快なBGMに合
>>続きを読む

アンビリーバブル・トゥルース(1989年製作の映画)

5.0

映像が映り、甘酸っぱさとほろ苦さをフラスコの中でかき混ぜたようなシンセポップがなり始めた瞬間から既に傑作だと確信。終始期待を裏切らず、人生で最も甘酸っぱい時間を経験した。空気は常にひんやりとしていて透>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

コ・アソンめっちゃいい!今まで観た映画の中で1番しんどかったけど、最後ヨナとティミーが1頭のホッキョクグマを見つめるシーンを観ると今まで頑張って観た甲斐があったなと思った。

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

4.3

美術館のシーン、The SmithsのPlease Please Please Let Me Get What I Wantの透明感とスーラのグランド・ジャット島の日曜日の午後がいい。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.7

「子供時代の終わり」という話題は、つい先日まさにそれを感じさせる出来事が我が身に起きたので、ジョー達の心境にはとても共感した。私はこの映画を友人達と地元のモールでプリクラなんて撮ったりしたあと、その熱>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

4.2

私はムーンライトよりもこっち派。先日"13th"を観たばかりだったので、お陰で色々と思考が広がったのは良かった。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

オークワフィナとリアーナが見れて嬉しかった!(特にリアーナはMETガラの女王なので、そんな彼女がガラパーティーをハッキングするなんて最高)

ニノチカ(1939年製作の映画)

3.6

帽子を脱いだニノチカのカールされた前髪がキュート!酔っ払ってふらふらとよろめき、挙げ句共産主義を説くグレタ・ガルボの微笑。

バットマン(1989年製作の映画)

4.5

喜怒哀楽を大きな鍋で煮て、喉に流し込んだような吹っ切れ感。喉元過ぎれば熱さも忘れるのではなく、なかなか喉元過ぎない熱さも受け入れて、仲良くしていこうぜって感じ。8 1/2のラストみたいに、絶望や混乱の>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・ほぼ好きな人しか出てない!端から期待値低めだったのでいろんな人のファンとしてあくまでミーハー的に観た(というかいつもミーハー)
・金返せ系映画だったけど全く嫌な感じはなく、むしろめちゃくちゃ気分が良
>>続きを読む

キャスパー(1995年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

キャスパーが人間の姿に戻ってキャットと対面してからゴーストの姿に戻るまでの既視感…

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.5

中学入ってから学校で2回も観たんだけど、この前2回目観てたら意外とステレオタイプだなと思って何だか冷めた。

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

3.3

朝はDo The Right Thing、昼は13th、さらに軽度の脱水&貧血症状に加えこの作品の上映場所の空調が効きすぎていたためコンディションはおよそ不調 その状態で挑むとやっぱり疲れた…

>>続きを読む

13th 憲法修正第13条(2016年製作の映画)

5.0

自分の無知・無関心を思い知らされた。これまで色々と学んだつもりになっていたのが恐ろしく恥ずかしい。「人種差別と司法」というひとつの大きな主題を掲げながら、その主題を驚くべきほど多角的な視点で掘り下げる>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.8

スパイク・リーの映画を観てスピーチレスになってしまうのをそろそろやめたい そしてそのためには勉強しなければ…

さびしんぼう(1985年製作の映画)

4.7

現在どうやら感情の蛇口がぶっ壊れてるらしく、号泣しすぎてもはやパニックになり爆笑するという、自分でもよくわからないことをしてしまった

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.3

2のほうが構成が複雑、しかしきれいにまとめられているので好きだった。私達の生きている現在は更新された最新型の現在かもしれないし、あるいはボツ案の現在かもしれない。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

マイケル・J・フォックス、Anne with an "E"や20th Century Womenのルーカス・ジェイド・ズマンと顔が似ててびっくりした…!
近々1年振りにRick and Mortyでも
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

4.4

記憶の改ざんや修復に関する、環状線のような楕円形の物語に弱い…。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

5.0

1度目鑑賞 2019年4月20日
2度目鑑賞 2020年6月7日 15歳の誕生日だったのでその象徴的な意味で鑑賞。シンボリズムとミーニングレス、モーション、変化、フェミニズム… Talking H
>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

3.7

改めてラブコメの俳優ってすげえ…。私は男女間だろうが何だろうが成立する関係性が好きだしそれを信じてるんだけどね。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

-

最近複数の理由により21時には就寝、ということが多くて、それはそれで良かったんだけど、夜映画を観る時に疲労&睡魔で全然集中出来なくなってきたのは正直困った。(うちのテレビには未だに録画機能がないので今>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.0

めっっっちゃ疲れてたから若干集中が切れたりもしたけど面白かった!私はザッカーバーグもフェイスブックもソーシャルメディアも苦手だけど、人脈がどんどん広がってサイトが成長していく様子は興奮したし憧れるな。

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

2.9

ショーティーめっちゃ良かった!女性軽視じゃないかと思うシーンが多かったけどとにかく子供達の笑顔が素晴らし過ぎて……!
あと個人的にハリソン・フォードは最近のほうが品格があって格好良く見える

>|