takaumihiraさんの映画レビュー・感想・評価

takaumihira

takaumihira

映画(471)
ドラマ(0)

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

-

すごくお金かかっていたり、それこそ群衆の場面なんかは、背景くらいに使用して、お金かけてない平凡なシーンですごく魅せてくる。ワンカットが長かったり、光の取り方、寄り引きなど芸術作品のようでした。テーマと>>続きを読む

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年製作の映画)

-

現実から異世界に移る境目が違和感なく、かつどこか不気味な表現で、子どもの時に見て印象深く残っていた。最近に多い感動要素は一切無いが、しんのすけのアクション仮面に対する想いや、共闘する心強さなど成長を感>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

-

なんじゃこれー。
説得でインセプションするかと思ったら、なかなかの銃撃戦で思っていたのと違った。もうすこし複雑にしても良かったけど、映像と音楽が本当に面白いや。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

他の方のレビュー見て、良さそうだなーとは思っていたけど、ここまで良いとは!オトナ帝国以上だったかも、、、

本当はラブラブなハッピーな新婚旅行になるはずが、些細な行き違いで険悪な雰囲気に。ヒロシが拐わ
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

-

こんなに面白いとは驚き。
物語も人類とAIの戦いという、語り尽くされた物を新鮮に見せてくれる設定と世界感に2時間があっという間でした。
まだ続きが2作あることが嬉しい。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

とにかく前半が長い、、、もちろん最終決戦を迎えるにあたり、トニーやソーなどそれぞれの大切な人に出会うところは感動的なんだけど、見たかったのはこれじゃない感。

サノスの理論に対する答えはなんとなく分か
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

-

本当になんなんだろう。
付き合うでもなく、友だちでもなく、好きでも愛してるでもない、本人たちにしか分からない関係って。

観ながら過去のこと思い出してたら、よく分からなくなった。相手に向き合う上で軸が
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

-


劇中メモ

民主主義への信頼の喪失は
我々の命取りだ
強い男
独裁者が成功するのは
膨大な数の民衆が
うんざりしあきらめた時だけだ

偽の安全のために自由を手放す
たが対テロに必要なのは安全でなく自
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

-

やっと観れた!
短刀や斧で、切りつける場面ばかりで痛い痛い。マ副班長の無双感が気持ちよく、ラストの戦闘はスカッとした!ラスボスが悪役に徹してて良かったです。でも物語としては、氷山の一角で、犯罪が起きる
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

-

ドラえもんを映画館に観に行くというのは、もう何十年ぶりだったんだろう。のび太の叫びからオープニングに入るのが未だに変わっていないことに、なんだか嬉しかった。

ストーリーも異説と定説だったり、マイノリ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

-

食が人の行動や思想に影響を及ぼしたり、善だと思ってやっていことも持つ力によっては悪になったり、テーマが非常に良かった分、後半の特にオチが弱くて残念でした。まさお良い。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

夜勤明けの重い身体でも無理に観に行ってよかった。最近は映画を観る体力も無いし、観ながらも心配事が頭をよぎり集中できないこともあった。

でも今回はそんなこと一切なく、映画の世界に没入してしまった。im
>>続きを読む

>|