mnmさんの映画レビュー・感想・評価

mnm

mnm

映画(145)
ドラマ(9)

青い春(2001年製作の映画)

3.0

アナログな感じで体張ってる撮影がグッときた。
愚直、鬱屈、閉鎖的、孤独、自暴自棄の圧迫感がさらっと脇を通り抜ける感じがたまんない。
落ちる、距離感、タイミングが良かった。

松本大洋の描く二人組の関係
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

「家族」というワードの意味が強かった。
ライブエイドで号泣。「居なくならないで」って思った。

初めてのレイトショー・ドルビーアトモスでした。
Queenはアルバムを持ってた・ハッチポッチステーション
>>続きを読む

RIZE ライズ(2005年製作の映画)

-

クランプというジャンル。
彼らの言う「もともと備わっているもの」という言葉に神秘なような原始的な現象を思わされる。
感情、心の在処も不明なモノをダンスとして発散させる。悲しみや怒りの形は人それぞれ。
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

-

映像が綺麗。ハワイ特有の豊かで美しい自然がありありと表現されていた。
主演の吉田羊の圧巻の演技と佐野玲於がもつふてぶてしさ・年相応のハニカミ笑いに含まれる愛らしさ等、監督の手腕か演者との相性が良かった
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

1.2

序盤の引き込み方が良かった。
最後の方、なんだか面白映画みたいになっちゃって正直笑ってしまった。
が、人それぞれのままならない事情とか、人から見たら滑稽なんだけれども、本人ににしてみれば繊細な「苦悩」
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

2があまり面白くないと聴いていましたがテンション的には前作と変わらないなと思いました。
矛盾が多いものの大筋、そこまで展開にがっかりすることはなかった。こんなもんかな、って。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

-

RX-7が…笑
主題歌が福山雅治と聴いて期待。エンディングいつも好きなんですが今回も都会的で大人っぽく仕上がってましたね。
話が堅いのとカーアクションでずっと緊張してました。笑

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

2.6

「ファッションが教えてくれること」と併せて観ると面白いかも。

バレエボーイズ(2014年製作の映画)

-

思ってたのと違ったが、偶然、人種の違いや生活圏での習慣についてに触れる少年の一言が、まま、考えさせられた。
彼の願望が素直に言葉になって出ていたから。

海街diary(2015年製作の映画)

3.3

・姉妹の仕草や個性がくすぐったく心地よい。胸が苦しくなるし、微笑ましい。

・見知ってる場所をフレームできりとられて、別物として改めて認識すると本当にいいところだなって思う。

・とってもいい。人の重
>>続きを読む

ゴーストスクワッド(2017年製作の映画)

-

渋谷アップリンク(舞台挨拶)

最初、大丈夫かな…?
って思ったけど、メインの演者たちの演技がなんとなくノッてきたら話の内容も馴染んできた。
武器は見所。

長すぎるキスシーン。
水着ではしゃぐ女の子
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

-

夏になると観たくなる。(今冬)
中学生の頃に親友から借りた一本。

二百三高地(1980年製作の映画)

3.5

長編大作にもかかわらず見応えがあった。
地獄のような状況での人間の有様に心打たれた。
方言にテロップがほしかった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

レイアのシーンが印象的なのが多かった。
あと提督の最期がとても美しかった。

キングスマン(2015年製作の映画)

-

みんながざわついていたのもわかる内容。
なかなかポップな首飛びシーンとファイトシーンは圧巻。