JJJさんの映画レビュー・感想・評価

JJJ

JJJ

映画(384)
ドラマ(10)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

タイムトラベラーの系譜 エメラルド・グリーン(2016年製作の映画)

3.5

完結編
ハリーポッターみたいに難しく考えなくてもサラーっと観れる恋愛ファンタジーでした。
初々しくてオバサンはニヤニヤしてまうわ(笑)

タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド(2013年製作の映画)

3.8

「マクシミリアン」からのヤニス追っかけで視聴。ツッコミどころ満載だけど分かりやすくて単純におもしろいファンタジー。若いね(笑) 3部作観るぞ!

ザ・ウェイバック(2020年製作の映画)

4.0

ベタな脚本だけど、ベン・アフレックの演技でとても締まった作品。とてもいい役者さんだなぁと思います。
コンサルティングの続編を心待ちにしてます。

コリーニ事件(2019年製作の映画)

4.2

ほとんど喋らないのに表情だけで観せるフランコ・ネロ、圧巻です。

「顔のないヒトラーたち」もそうだけど、ドイツは過去の行いを反省を込めて未来にしっかり伝えようとしている。
歴史を学ぶことは大切だ。映画
>>続きを読む

そして人生はつづく(1992年製作の映画)

3.0

新郎
「死は突然やってくる。だからせいぜい楽しんでおくのさ」
人生は続くもんね。

セミドキュメンタリーにする意味も息子の存在も私には理解てきなかったけど…

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

3.5

友達を思って一生懸命のアマハッド君がかわいい。大人が絶対、先生が絶対の子どもには理不尽な社会。宗教は違えど昔の日本もこんなだったのかなと思う。

僕の巡査(2022年製作の映画)

3.8

時代が違っていたらみんながもう少し幸せになっていたのかな。

アラフィフの私のようなものにとって、同性愛が寛容になってきたのは最近。身近になってきたのは映画のおかげ。
知ること、理解することはとても大
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

シリアスものだと思って見始めたら、オープニングからブラックコメディーの予感…
スイッチの入りどころがネコちゃんのブレスレットとか、やっつけておいて気管切開とかツッコミどころ満載(笑)
暴力は肯定できな
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.5

だいぶ最後の方までしんどい展開で挫折しそうになった…。
予定通り、めでたしめでたしで⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

この世界に残されて(2019年製作の映画)

3.8

「ここにいない大切な人たちに」

早く戦争が終わりますように。

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

3.3

気楽に見れるトレジャーハンターもの。悪い奴らに追いかけられるのはお約束。ちょっとCG多すぎて残念。そしてせっかく見つけたお宝、海に沈めちゃってもったいない(>_<")

サリーの「メガネ忘れて字が読め
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.6

40代独身男の成長物語。少しずつ世界を広げていく姿が愛しくなってくる。(現代社会では見方を変えるとストーカーになるけどな〜(>_<"))

ポスターと邦題がひどすぎるわ😣
なんでこうなるの?


と思
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.8

男の気を引く服装をしている女が悪いという発想。気をひかれるオトコも悪いのに女だけのせいにするところがおかしいと思わない男たちにうんざりする。そこに同調する女性にもがっかりする。

人類の歴史の中で女性
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.0

あえてリストバンドを見せびらかしたり、あえてヤケドしてみたり。ちょっとそういうの要らんかな…。最近だと、あっけらかんとした「ムーンフォール」の方が訳分からんけど楽しめた。
スコット・グレンがステキなお
>>続きを読む

僕を育ててくれたテンダー・バー(2021年製作の映画)

3.8

どうしようもない父親以外は優しい人たちばかりに囲まれて、JRがのびのびまっすぐ育ってくれてなんだか嬉しい。

画面の少しくすんだ色彩がまた優しさを醸し出していて印象的でした。

ベン・アフレックみたい
>>続きを読む

プロヴァンスの休日(2014年製作の映画)

4.0

ハートフルな作品。
景色も空気感も憧れる。

若い子たちが危なっかしくてドキドキしちゃいました。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.3

自暴自棄でトゲトゲしていたジョニーがどんどん柔らかく変わっていく様を、少ないセリフで本当に上手く演じていて、久しぶりに始めから終わりまで画面に釘付けでした。
ブロークバック・マウンテンの頃からずいぶん
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.0

エンドロールは胸アツでした。

ちびっこブルーノ、ベポ、サニーがかわいかったなぁ😁

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

上手くまとまってるストーリーでおもしろかった。

ウィル・ハンティングとジェイソン・ボーンを足したような無敵のGiftedベン・アフレック。兄弟そろえばレインマン!ヤラれる気がしない^^

シリアスな
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー風な作りで事実を再現していて、話の流れはよく分かるがそこまで。あとはいわゆるアメリカ視点の作品であまりにも美化されていて好きになれなかった。


爆弾テロの兄弟が、911同時多発テロは
>>続きを読む

アメリカ、家族のいる風景(2005年製作の映画)

3.5

大好きなサム・シェパードのダメっぷりがなんとも…^^;
ティム・ロスがシュールないい味出してて、ガブリエル・マンとサラ・ポーリーの子供たちの存在が未来を感じさせる。
もうちょい若いサム・シェパードでこ
>>続きを読む

世界の涯ての鼓動(2017年製作の映画)

3.0

で? で? で?
と、モヤッとしてます^^;

宗教ってほんとに厄介だ

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.5

理解が追いつかない部分もままあったけど、めでたしめでたしということで^^;
小惑星衝突とか、ありえない話では無いので心して観てました。
いざそんな事態になったら人間の方が怖いな

顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

4.0

敗戦後、十数年経ってから、ドイツ人がドイツ人を裁くという歴史的な裁判を始めるまでの過程がフィクションを交えてではあるが、若いドイツ人の苦悩と共に描かれている。
この裁判によりドイツでは過去の検証が始ま
>>続きを読む

パリの恋人たち(2018年製作の映画)

2.5

フランス映画好きなんだけど、これはトキメキZEROの作品でした…

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

3.5

事実に基づいた作品。
映画ではトントン拍子に話が進むが、実際はきっともっとしんどい事も多かったんだろうと想像する。バートの寡黙さが戦争のトラウマを物語る。
戦争に勝ち負けはないな。みんな傷つくだけ。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.5

「エール」を先に観てたので、そっちの方が好きかなぁ。
アメリカ版は歌への情熱があまり感じられない。

教育と愛国(2022年製作の映画)

4.5

始めから終わりまで、ずっとザワザワと不安な気持ちで見続けていました。

そもそも愛国心ってなんなんだろう。そんなに日本人のアイデンティティって固執するものなのか?
なので右派の人たちのことも理解できな
>>続きを読む

>|