アップルさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

アップル

アップル

ジャンルを問わず何でも観ます。

映画(422)
ドラマ(17)
  • List view
  • Grid view

わが青春に悔なし(1946年製作の映画)

3.6

京大滝川事件を下敷きにした映画です。大学教授の娘役に主人公原節子。その原節子に憧れる学生役に藤田進と河野秋武が出ています。はじめは淡い三角関係でしたが藤田進は独り反戦活動家になっていきます。原節子演じ>>続きを読む

イントレランス(1916年製作の映画)

3.8

世界映画史上を代表する超大作です!四つの物語が時には交錯しながら平行して描かれています。映画創成期の古い映画ですが、どうやって撮影したんだろうか?凄すぎると感心してしまうほど当時としては斬新な表現力で>>続きを読む

源氏九郎颯爽記 白狐二刀流(1958年製作の映画)

3.2

源義経の子孫の美剣士、源氏九郎の活躍を描いたシリーズの第2作目です。前作を観れていません!物語の冒頭で義経の財宝を発見します。たぶん第1作目は宝探しをしてたんでしょう。とりあえず宝を見付けました。その>>続きを読む

錆びたナイフ(1958年製作の映画)

3.2

主人公、石原裕次郎はヒロイン北原三枝の父が土建業のボスに殺されてしまう現場をチンピラ仲間と目撃してしまいます。そして、そのチンピラの一人がボスを恐喝するところから映画は始まります。裕次郎は、はじめは関>>続きを読む

昼下りの情事(1957年製作の映画)

3.9

探偵の父が調査中の女たらしゲーリー・クーパーの急場をオードリーが救い、知り合いになるとオードリーは彼のスマートな女性扱いに夢中になってしまいます。ワイルダーのセンスが光る洒落た恋愛映画でした。壁ドンに>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.0

面白かった!数ある法廷劇の中でもとびきりの傑作だと思います。老資産家婦人が殺され遺産を相続する男に嫌疑がかかります。しかし彼の妻は裁判で不利な証言をします。この辺まではマレーネ・ディートリヒ演じる妻が>>続きを読む

新選組(1958年製作の映画)

3.1

片岡千恵蔵が演じる近藤勇隊長率いる新撰組の活躍を描いた娯楽時代劇です。新撰組を脱退した関兵庫は、長州藩の過激分子と共に祇園祭を期して京都を火の海にしようと企みます。大衆娯楽作に腕を振るった佐々木康監督>>続きを読む

夜の牙(1958年製作の映画)

2.5

石原裕次郎主演のアクション・スリラー映画です。観ている間中、なんだか第三の男に似ているなぁと思っていました。参考にしたのかな?石原裕次郎演じる主人公の男が舎弟のような岡田眞澄に頼まれて自分の戸籍を取る>>続きを読む

社長三代記(1958年製作の映画)

3.7

社長シリーズは初めて観ましたが面白かった!サラリーマンの笑いと悲哀のバランスが絶妙な映画でした。社長とはいえ会長役のお婆さんには頭が上がらずにいます。ゴマすりだけで出世できた良い時代のお話です。英語が>>続きを読む

殿方ご免遊ばせ(1957年製作の映画)

3.6

ブリジット・バルドー主演のラブ・コメディです。二十歳そこそこで結婚したバルドーが旦那さん役のアンリ・ヴィダルにヤキモチを妬かせようと翻弄します。ですが相手は年上で大統領の秘書でもあるのでそうそうバルド>>続きを読む

嵐を呼ぶ男(1957年製作の映画)

3.5

面白かった!石原裕次郎の映画は全部を観た訳ではないですが、やはりこの作品は石原裕次郎を代表する映画のひとつだと思います。映画の内容は銀座界隈で評判の暴れん坊、石原裕次郎演じる国分正一が一流のドラマーを>>続きを読む

ひばりの三役 競艶雪之丞変化 後篇(1957年製作の映画)

3.9

前篇と以下、同じ感想です。


面白かった!美空ひばりバージョンの雪之丞変化です。ストーリー性が豊かで非常に楽しめる仇討ちモノでした。美空ひばりは女性なので雪之丞も女だったというオチです。女だというこ
>>続きを読む

ひばりの三役 競艶雪之丞変化 前篇(1957年製作の映画)

3.9

面白かった!美空ひばりバージョンの雪之丞変化です。ストーリー性が豊かで非常に楽しめる仇討ちモノでした。美空ひばりは女性なので雪之丞も女だったというオチです。女だということを隠して女形を演じているのでと>>続きを読む

俺は待ってるぜ(1957年製作の映画)

3.4

石原裕次郎演じる横浜のレストランで働く主人公の男は兄貴が向かった先のブラジルに自分も渡ることを夢見ています。そんな所に北原三枝演じる訳ありげな女が現れ厄介事が転がり込みます。横浜の港の暗黒街のボスと元>>続きを読む

青空娘(1957年製作の映画)

3.9

若尾文子さん主演の青春ドラマ映画です。若尾文子さん演じるゆうこは高校卒業と同時に父親が暮らす東京に上京します。そこで待っていたのは意地悪な継母と腹違いの兄弟たちだったのですと言うお話。物語を追いながら>>続きを読む

鷲と鷹(1957年製作の映画)

3.6

映画の冒頭からサスペンスのような雰囲気で始まります。殺人事件が起こり、誰が殺したのか謎を残したまま物語は進んで行きますが、割りと早い段階で犯人は判明してしまいます。もう少し焦らされてミステリーとして犯>>続きを読む

水戸黄門(1957年製作の映画)

3.6

1957年版の水戸黄門です。水戸黄門は月形龍之介が演じています。彼の当たり役だそうです。助さん=東千代之介、格さん=大川橋蔵の当時の若手スターと片岡千恵蔵、市川右太衛門も顔を揃えるオールスターキャスト>>続きを読む

どん底(1957年製作の映画)

3.8

ゴーリキィ原作の戯曲を黒澤流に映画化した作品。江戸時代のボロ屋に住み着く人々を残酷なまでに虚無感たっぷりに描いています。全編を通して希望がなく陰鬱な雰囲気で物語は進みます。場所もボロ屋の周りしか映りま>>続きを読む

決断の3時10分(1957年製作の映画)

3.7

駅馬車を襲撃した強盗団のボスを逮捕しました。そのボスをユマまで護送する為に3時10分の汽車に乗せようと一所懸命に牧場主が頑張るお話し。西部劇ですが銃撃戦と言うよりも、ボスの身柄を預かった貧しい牧場主と>>続きを読む

海女の戦慄(1957年製作の映画)

3.2

海底に眠る宝石をめぐり海女たちが奮闘するお話です。女優さんたちが豊満な肉体を惜しげもなく披露していますが、バストトップは隠されたままです。余計なお世話ですが過剰なお色気を期待して視聴されると肩透かしを>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

3.9

幕末の品川遊郭で無一文の主人公が居座って働くドタバタ喜劇です。観る前まではもっと新撰組が色濃く絡んでくるお話だと思っていました。高杉晋作役の石原裕次郎も出番は、あっさり目です。出演者みんな早口ですが特>>続きを読む

地球へ2千万マイル(1957年製作の映画)

3.2

1957年のSF映画の傑作です。金星から帰還したロケットに積まれていたカプセルから孵化?した怪獣が暴れるお話。生物が金星で生きていける謎を解明しようと科学者が金星から勝手に怪獣を持ち帰っただけで怪獣は>>続きを読む

OK牧場の決斗(1957年製作の映画)

3.5

保安官ワイアット・アープをバート・ランカスターが演じる西部劇。メキシコから牛を盗んだ一家を追うワイアットは色々な因縁により弟をそいつらに殺されてしまいます。復讐心に燃えるワイアットと助っ人になってくれ>>続きを読む

勝利者(1957年製作の映画)

3.5

石原裕次郎の名前が先にクレジットされてますが、主人公は三橋達也だと思います。三橋達也演じる元ボクサーは果たせなかったチャンピオンの夢を若くてボクシングの才能に溢れる石原裕次郎に託します。そして石原裕次>>続きを読む

明治天皇と日露大戦争(1957年製作の映画)

3.2

歴代観客動員数では崖の上のポニョを上回る大ヒット映画です!20世紀初頭の明治時代に天皇、政府、陸海軍、国民が一丸となり大国ロシアと戦った日露戦争を題材にした映画です。旅順攻略や日本海海戦などの有名な出>>続きを読む

翼よ!あれが巴里の灯だ(1957年製作の映画)

3.7

1927年、世界初の大西洋横断飛行に成功したリンドバーグの勇気と意志を貫いた実話を映画化した作品。無線機も積まない飛行機で悪天候のニューヨークを出発します。飛行機が出来上がるまでの工程も映像で見せてく>>続きを読む

蜘蛛巣城(1957年製作の映画)

3.9

シェークスピアのマクベスを題材にした戦国ホラー時代劇。主人公の侍役の三船敏郎は森で出会った、もののけの怪しい予言と妻の言葉に従い主君である蜘蛛巣城の城主を謀殺してしまいます。その後良心の呵責に悩んで…>>続きを読む

鉄道員(1956年製作の映画)

4.0

すごく良かった!特急電車を運転する中年の鉄道員をジェルミ監督が自演しています。その鉄道員一家の情愛豊かな暮らしを追った映画。お酒の失敗から連鎖的に起こる不幸が辛いですが無邪気な末っ子のサンドロと相方の>>続きを読む

水爆と深海の怪物(1955年製作の映画)

3.1

水爆実験の影響で、サンフランシスコに突如出現した巨大なタコの恐怖を描いた特撮モンスター映画です!特撮の巨匠レイ・ハリーハウゼンが手掛けた大ダコが、ゴールデンゲートブリッジに絡み付くシーンは見ものでした>>続きを読む

白鯨(1956年製作の映画)

3.4

巨大な白鯨に片足を食いちぎられた船長が復讐心に燃え白鯨を探し回る物語。老朽化した捕鯨船ですがそれでも白鯨に沈没させられる様は圧巻でした。白鯨はハリボテ感がありますが1956年当時の映像と考えると迫力が>>続きを読む

戦争と平和(1956年製作の映画)

3.4

ナポレオン軍の進攻に揺れる19世紀のロシア、伯爵家の令嬢ナターシャをめぐって二人の青年ピエールとアンドレイは波乱の道を歩みます。文豪トルストイの大長編小説を下敷きにロシアのゴージャスな貴族社会や恋愛を>>続きを読む

捜索者(1956年製作の映画)

3.9

ジョン・フォードとジョン・ウェインによる西部劇です。開拓時代に生きる男の厳しさを荒々しく西部の風景の中に描き出しています。流離いから故郷に帰ってきたイーサン役のウェイン。そのイーサンの兄弟夫婦が先住民>>続きを読む

バグダッドの盗賊(1940年製作の映画)

3.0

アラビアン・ナイトのお話を下敷きにして初期の特撮で作った映画です。今見ても特撮技術が凄い作品だなと思いました。お話の冒頭は魔法使いジャファルによって盲目にされてしまったアーマド王が主人公かと思ってまし>>続きを読む

エデンの東(1954年製作の映画)

3.8

要領のいい兄に比べて気難し屋の弟キャルは父から疎んじられていた。キャルはそんな寂しさから家出したまま行方知れずの母を探したりして父の怒りを買うようになります。愛に飢えてさすらうキャルの孤独な青春像をジ>>続きを読む

血槍富士(1955年製作の映画)

3.9

内田吐夢監督作品です。この頃の映画にはストーリーや登場人物たちの関係性などよく分からない場合がありますが、この映画は特に難しくもなく意味が分からない感じもなくて全編楽しめました。主人公槍持ちの権八役に>>続きを読む

ヴェラクルス(1954年製作の映画)

3.8

ゲイリー・クーパー主演。アメリカ南北戦争当時のメキシコが舞台のお話し。バート・ランカスターが助演で出ています。この二人の友情やお金を巡って物語は進みます。メキシコ帝国の宮殿内と外では環境が偉く違い驚き>>続きを読む