hamadaさんの映画レビュー・感想・評価

hamada

hamada

映画(374)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.4

ピアノの使い方よかった。"This is BBC" に「保守的だ」と字幕つけるの笑った。記者会見のシーンは酷すぎて絶句…今日びテレビドラマでもあんな演出するだろうか…。あとカット割りすぎて疲れる

フットルース 夢に向かって(2011年製作の映画)

3.7

アレクサンドリア・オカシオ=コルテスのニュースで(そういえば…)と思い返してNetflix。オリジナル観たのが昔すぎて、iPodが出てきてようやくリメイクだと気付く。アクションとダンスのシーン良い。

ダリル・デイヴィス :KKKと友情を築いた黒人ミュージシャン(2016年製作の映画)

-

メモ

*前半いい話。が、Black Lives Matterに関わる若者が登場する後半こそ本番。胃が痛くなる

*古典的左翼 vs プラグマティックで民主社会主義的な"新しいリベラル"たる若者…なん
>>続きを読む

ポルカ・キング(2017年製作の映画)

3.4

ジェニー・スレイト本当に一番好き(顔と声)という感想です

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

ラスト。投げられたタオルに号泣。2回の「高速、降りたん?」

オタク・レボリューション(2017年製作の映画)

-

陰湿なオタクなので、ジョックが復讐される映画はすべて好きです。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.9

ドーパミン出まくって頭おかしくなるかと思った。覚せい剤ってこんな感じなのだろうか。

いつも明日はある/明日は必ず来る(1955年製作の映画)

4.5

傑作。洗練された動線の張り方と照明にいちいち息を呑む。手回しオルガンを動かすフレッド・マクマレイからバーバラ・スタンウィックへの切り返しがめちゃくちゃ甘美。鏡面の床を使った演出は、いかにもサークって感>>続きを読む

Shanty Tramp(原題)(1967年製作の映画)

-

この婆が急に起き上がるんだろうな、と思ったら案の定だったので死ぬほど笑った。そういう映画ではないかもしれないが…。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.7

エマ・ストーンそんな可愛いか?と思っていたが、この映画でめちゃくちゃ好きになってしまった…。ミッド70sなデザインのウェアとツーブリッジの眼鏡が超キマってる。

希望のかなた(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

手元で語られる物語の豊かさがハンパじゃない!
もらいタバコ、貸し借りされるお金や携帯電話、カジノで鮮やかに開業資金を稼ぐ手つき。
極めつけは、終盤のインド料理店でのワイングラス。
もちろん洗練された画
>>続きを読む

わたしたちの家(2017年製作の映画)

3.5

趣味じゃないけど、いい映画だった。家とか喫茶店とかの撮り方にオーッ!ってなったり、透子役の人がめちゃくちゃいい顔してるな~とか思いつつ、障子のシーンは別に…という感じでした。。。久しく「じゃんけん」し>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

メタなレイヤーでの手持ち、そしてラストでは…というのはさすがに浅はか。普通にしんどい。シュールなギャグはかなり笑ったし、わざわざ主人公を歩かせるので街がよく見えて◎

愛奴(1969年製作の映画)

1.4

なんちゃってヌーヴェル・ヴァーグにすらなってない

100人の子供たちが列車を待っている(1988年製作の映画)

4.7

これも顔の映画だ。リヤカーでのドリーと芋虫で号泣。教会をバーっと写す俯瞰ショットもグッとくる。オールタイムベスト級。

>|