荒イせぇるすまんさんの映画レビュー・感想・評価

荒イせぇるすまん

荒イせぇるすまん

2014年に観たものでスタート
(リピート含む)

ハロルドが笑う その日まで(2014年製作の映画)

-

あなたはこれを見て、
面白いと思うか、それとも暇だなぁと思うか。

この手のゆるいテイストをかわいいと思える人にはどハマりでしょう。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

-

終盤のシーンが現実世界で、どういう動きになってたのか謎ww


#絶妙にパンツはみえない

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

-

漫画の出来事並べてるだけで、どうも薄いけど、原作と役者に力があるから最後までみれる。

取捨選択して、感情やら伏線はもっと作って欲しかったなぁ

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

男と女は違う。
WindowsとMacくらい違うわ。


集まった友人夫婦同士で、スマホの中身を見せ合うという恐ろしいゲームをする物語。

笑えるし、いたたまれない展開にもなるけど、深い愛情がにじみ出
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

-

島田八段が佐々木蔵之介とかキャスティング大勝利。

丁寧で静かな良質な邦画感が各所に出てた。


映画なんだから、最初に息苦しい背景まとめて、心情の起伏をきれいにしたほうが見応えがあった気がするなぁ…

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.0

タイの水上学校に赴任した教師が、置いてあった日記を通じて前任者の先生に恋心を抱く物語。

「タイのラブコメかぁ〜…」と思ったそこの男性諸君。ヒロインはきっと君のタイプだから、安心して観ると良い。

>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.6

数学オリンピック代表を目指す自閉症?の主人公が、他人への優しさや気持ちを考える大切さに芽生えていく様子が愛しい。


ていうか無条件に女子にモテてて、うらやましい笑

遅れてやってくる大切な気持ちへの
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

悩むのはいつも自分ばかり、恵まれてないとひたすら嘆く主人公。

でも、人生ってそうじゃないよね。

誰かの知らない悩みに触れて、初めて取り戻せる人生もある。

主人公の憎たらしい顔芸がヤバイw
キレあ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8



幼少期、青少年期、青年期と変化があっても

変わらぬ愛で受け止めてくれる「親友」が本当に素敵で…。

差別を塗り替える月夜の光、そんな存在が、彼のそばに変わらずいてくれて、良かった。

きっと適切
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

iPodがないと仕事を遂行できないって設定がもうたまらない。
音ネタ満載。

ギリギリの隙間を抜けるドラテクに「フーッ!!」と思わず合いの手。

次々に色んなやつと対峙していくバトル感も楽しい。

>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8


スクリーンの外から鑑賞してるのに、
「この場から今すぐ離れたい」
って、絶望しそうな緊張感が100分つきまとう。しょっぱなからそれに耐えなければいけない。

こんなにも兵士たちと気持ちをリンクさせら
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.9


聖のウザさが面白くて、羽生さんのことが好きで仕方ない姿に愛着がわく。

真剣勝負で容赦ないのに、優しい。すごく優しい。


羽生さん演じる東出くんが素敵すぎて、羽生さんってなんて素敵なんだろう、と思
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

-

最後の伏線回収には驚き、ほっこりする。

ベン演じる「デキる男」のアクションはクールで、目に楽しい。

前面には出てこない父親の愛情と、息子たちの想いを拾い集めたくなる映画。

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.3

恋愛の女々しさを男だけで描く。

レコーダーに吹き込むシーンがお気に入り。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

さすがはドゥニ監督!引き込まれる創りが最高!
お馴染みの奇妙な低音は、映画館で味わってナンボ。

コミュニケーションの源泉を考えさせられるテーマもゾクゾク。
灼熱の魂の頃に見せた数学的見解も健在。
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

-

この仕事の倫理観はわからないし、
誰かのためになるものでもないと思う。

でも人の欲求に応えちゃうし、
半端な気持ちな人じゃできないと思う。


危うくなる、周りも自分も。
生み出せてるものと引き換え
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

桃井かおりすごいわ…もっと海外映画出て欲しい。


やっぱりハリウッド映画化=ドギャンドギャーン!ドドドドドッ!!何でしょうか。そのシーンの間、飽きるわ。

ラストシーンのスカーレットヨハンソン、柴咲
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.7


観てると心が綱渡りする。

ベッドシーンの後の二人の変化がこえぇ。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.6


自分の手で世界は拡がる。

女の子も、君の成長を待ってる。


個展のシーンの友達が素敵だ。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0



映画界では稀有な、失望しない続編。

笑えるし、最高。
トイレ最高。

TAXi(1997年製作の映画)

-

こんなテンポ悪かったっけ…

おぽーいぷるるん

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.7

ドタバタなのにスタイリッシュ!
憎めないワル。

凄惨なのになんだか笑っちゃう。


吹き替えの方がウィットに富んでて好き。

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

-

ルーツを感じる。

人気少年漫画のほとんどが、この映画のシーンに通じてるんじゃないか。

強者バトルの原点。

スターになる前のジャッキーチェンがその他大勢のやられ役で出てるので探しましょう。

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

-


ヒップホップオタク対ギャング&不良。

冴えない男の成長青春ストーリーは、なに見ても楽しい。

ファレルウィリアムズプロデュースらしく、ポップな楽しい映画。

>|