7se

7se

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

とにかく演出のうまい映画という印象。
鳥が死ぬまで女の人の死亡フラグは立たない感じ。
サメ映画だけどサスペンンスホラーに近い印象をうける。
状況や情報の提示が最初にされていて、あとはそれを回収していく
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.6

台詞が聞こえづらいところは確かにあった。
ヒトラー最期の12日間とあわせて見るのもいいかも。
ヒトラーの方を見た後だと、日本が本土決戦を選んでいたらと思いぞぞぞとできる。

クーデターのことも取り上げ
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.8

全盛期のヒトラーが見たいならおすすめはしない。
敗戦間近の消耗し、錯乱している姿が描かれている。
しかし、同時にヒトラーという人物の二面性にも寄り添った作品。

リアリティのある戦争映画だった。

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます。

第一部の訓練時代。ジョーカーとハートマン達の話の中に狙撃兵達の活躍が挙げられる。
あれは、後々の伏線だったのかもしれない。

第二部の後半で、ジョーカー達は狙撃兵と戦闘をすることになる。
仲間が一人、
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.9

島の生物にもっと出てきてほしかった!
対ヘリコプター戦や行方不明になってた兵士、またゴジラネタ含めて面白かったなこれ

エボリューション(2001年製作の映画)

4.2

これは不朽の名作だと思う。
こどもの時これを見てワクワクして、大人になってから見てもずっとワクワクしてる

鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~(2013年製作の映画)

3.0

オキテマス・スマイルは笑った。
ひどいとかひどくないとか理屈じゃないんだよw

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.2

シリアスでいてコメディ。
また、頭の良いかつ尖った作品という印象。

ラストでヒトラーが映画の結末に自分の死を願いつつも完全には否定できない彼を選んだのは興味深い

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

4.3

登場する誰もが間違いと正しいことをしながら夢に向かい、夢の終着までを描いた作品だと思う。

結末までの選択や後悔、意地の張り合いや時には素直になること。

はじめとさいご

この人達の結末まで人生が描
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.3

細かいシーンには好きな場面がたくさんあるのだけど、総合的に刺さらなかった。

オリーブがミスカリフォルニアにアイスクリームが好きか訊く場面や、お兄ちゃんがママをハグしなさいっていう場面。
好きな場面。
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.2

もみじさんがいいキャラしていた。
へいじはかっこいいなあー
最後の「殺すで 」がかっこよかったこなみかん
へいじとかずはの絶対死なさない関係だからこそ光るなぁ

ウォークラフト(2016年製作の映画)

3.5

思ったよりオークと人間が共闘しなかった。2があるなら2に期待。2のための物語の前段階や布石を見た感じ

トロール・ハンター(2010年製作の映画)

3.4

わかりやすく作られた疑似ドキュメンタリー映画。

わかりやすいことが必ずしも直接的なおもしろさに繋がらないんだなぁと思う。
トロールの設定などおもしろさはあり、またリアルに描かれていたように思う

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

3.4

設定のおもしろさからお話を期待すると外れるかも。
吸血鬼ものという印象がなぜか薄い印象を受けた。
200年に及ぶ痴話喧嘩といやがらせとはうまく言う人がいたもんだ