コーカサスさんの映画レビュー・感想・評価

コーカサス

コーカサス

映画(1981)
ドラマ(300)

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.6

21歳の誕生日に父親からタイムトラベルが出来ることを知らされた青年が過去へ行き来し、理想の女性と結ばれ家族の絆を深めていくSFヒューマンドラマ。

幾多の失敗をタイムトラベルによって修正していくSFコ
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

登場するのは、ほぼ女性とサメだけ!
しかし、侮るなかれ、面白い。

浅瀬の岩礁にひとり取り残されたナンシー (ライヴリー) が、岸を目指しひたすら人喰いザメと格闘する至ってシンプルなストーリーは、逆転
>>続きを読む

モンスターズ/新種襲来(2014年製作の映画)

2.8

低予算ながらも、見事に男女の逃亡劇を描いた『モンスターズ/地球外生命体』の続編。

あれから16年―。
メキシコで繁殖したモンスターは全世界へと拡大していた。
特に中東では米軍の空爆により戦闘が激化、
>>続きを読む

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

3.0

地球外生命体がメキシコで増殖、巨大化したモンスターたちが徘徊する危険地帯を脱出すべく、カメラマンのコールダー(マクネイリー)と社長令嬢サマンサ(エイブル)がアメリカ国境を目指す、かつてない“怪獣たちの>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

前作から3年後、今や廃棄と化してしまったジュラシック・ワールドに残された恐竜たちは、その強い生命力で懸命に生き長らえていた。
しかし、島では火山が噴火し、オーウェン (プラット)とクレア (ハワード)
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.5

H・W・ブッシュ政権時に国防長官を、ジョージ・W・ブッシュ政権時には副大統領を務めたアメリカ政界の影の権力者と呼ばれたディック・チェイニー。

そんな彼の20代から70代を演じるにあたり、約20キロ
>>続きを読む

ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー(2012年製作の映画)

3.0

エージェントの命令に背き、国外追放された元CIA工作員ローガン(エッカート)は、ある日突然自身の存在を抹消され、巨大組織の陰謀に巻き込まれてしまう。
同僚たちは殺され、さらには愛娘(リベライト)を誘拐
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.5

嫌がらせ弁当は、愛母弁当。

反抗期の娘・双葉 (芳根)が高校入学してから三年間、毎日嫌がらせ弁当のキャラ弁を作り続けた母 (篠原)の孤軍奮闘する日々を描いた感動実話。

親であれば誰もが体験する子供
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.0

12時07分。
怪物は少年に3つの物語を囁き始めた。

1つ目は、王妃と王子の物語。
それは“人間の多面性”
2つ目は、薬剤師と牧師の物語。
それは“人間の矛盾や脆さ”
3つ目は、透明人間の男の物語。
>>続きを読む

荒野のストレンジャー(1972年製作の映画)

3.6

イーストウッドが設立した映画製作会社マルパソ・カンパニーで、自ら監督・主演を務めた初の異色西部劇。

師匠であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲルから多大なる影響を受けたであろう画やストーリーを随所に
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.2

動物パニック映画の中でも、サメを題材にした映画ほど数多く作られた作品は類を見ず、それは紛れもなくエポック・メイキング作である『ジョーズ』の登場とその影響力によるものだ。

以降、派生し続けたサメ映画は
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.6

二転三転を繰り返す練りに練った脚本、豪華俳優陣の安定した芝居、テンポ良いストーリー展開は、ドラマファンはもちろん初心者も充分楽しめる一級娯楽作。

過去にドラマ「リーガル・ハイ」や「デート〜恋とはどん
>>続きを読む

丹下左膳 百万両の壺(2004年製作の映画)

3.2

28歳で惜しくも戦死した天才・山中貞雄監督の現存する3作のうちの1作『丹下左膳餘話 百萬両の壺』は、百万両のありかが隠された“こけ猿の壺”を巡って、様々な人間模様が展開する傑作中の傑作だ。

>>続きを読む

ニノチカ(1939年製作の映画)

4.8

“ガルボが笑った!”

ソ連からパリにやって来た筋金入りの共産党員ニノチカ (ガルボ)とプレイボーイの伯爵レオン (ダグラス)の恋を、風刺と笑いで描いた傑作。

1930年代を代表する“クール・ビュー
>>続きを読む

コピーキャット(1995年製作の映画)

3.3

殺人鬼に襲われて以来、屋外恐怖症となってしまった犯罪心理学者のヘレン(ウィーバー)と女性刑事モナハン(ハンター)が、過去に起きた実際の猟奇殺人をコピーする“摸倣犯 (コピーキャット)”を追跡するサイコ>>続きを読む

マーニー(1964年製作の映画)

3.6

“赤い恐怖”

盗癖のある美しい妻マーニー (へドレン)と、彼女を救おうとする会社社長で夫のマーク (コネリー)の心理的葛藤を描いたヒッチコック・サスペンス。

過去、同監督作『白い恐怖』になぞらえた
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.4

God Save the Alien!

ロンドンに住むパンク大好き高校生エン(シャープ)は、ある日友人のヴィク(ルイス)とジョン(ローレンス)たちと怪しいパーティに参加するが、なんとそこに集う者たち
>>続きを読む

ミネソタ大強盗団(1972年製作の映画)

3.4

時は西部開拓史末期―。
鉄道会社や銀行の勢力に押され、時代に取り残されていく無法者たち。
彼らが最後の大仕事に選んだのは、街で一番の銀行を襲撃することだった。

実在した伝説的無法者コール・ヤンガー(
>>続きを読む

マイアミ・バイス(2006年製作の映画)

3.0

かつて1987年、火曜よる9時から放送していたテレビドラマ「特捜刑事マイアミ・バイス」の制作総指揮を担当していたマン監督が、自ら映画化したポリスアクション。
リコを演じたフォックスも本作の映画化を強く
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

1億5千万ドルの宝石を盗み出せ!

ルパン三世のタイトルコール風に、タイプライターで打つとこのような感じか。
峰不二子が8人集まったような豪華出演陣とそのスマートな泥棒ぶりは、兄のダニーが率いた男たち
>>続きを読む

ラン・スルー・ザ・ナイト(2016年製作の映画)

3.0

恋人の画家アンドレイ(ヒョードロフ)を殺されたサーシャ(チポフスカヤ)は、犯人が警察関係者であることに気付くと、驚きと恐怖のあまりに逃亡。
顔を知られた犯人はサーシャを狙い、その一方でアンドレイの画家
>>続きを読む

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

3.3

『仁義なき戦い』シリーズ第3作。

過去2作に続き、本作も広島で実際に起きた暴力団の抗争事件を元に、前作より増した複雑な登場人物たちの“駆け引き” や“裏切り”といった頭脳戦を中心に、緊張感溢れる仁義
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.7

貧しい暮らしを送る大柄な黒人少年が、ある家族との出会いにより笑顔を取り戻し、アメリカン・フットボールの才能を開花させNFL入団までこぎつける。
マイケル・オアー選手の実話を元にしたシンデレラストーリー
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

3.6

スーザン博士(バロウズ)はサメの専門家カーター(ジェーン)らとともに、サメの脳組織から新薬を開発する研究を進めていたが、スーザンが違法なDNA操作を行ったことで人間並みの知能を持ったサメが次々と研究員>>続きを読む

悪いことしましョ!(2000年製作の映画)

3.0

悪魔は変幻自在七変化。

冴えない男エリオット (フレイザー)が魂と引き換えに、セクシーな悪魔 (ハーレイ)と7つの願いを取り引き。
金持ち、NBAスター選手、小説家、大統領…と、少々ドジな願いに対し
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

カギは“3つの願い”

全人類が仮想世界 “オアシス”の支配権をめぐってゲームに参加する中、17歳のウェイドも仲間と協力しながら“3つの鍵” を次々に解き明かし、現実と仮想の間で大冒険を繰り広げていく
>>続きを読む

ハリーの災難(1955年製作の映画)

3.8

“殺人は喜劇である”

ヒッチコック自身の言葉通り、ある殺人事件をコメディタッチで描いた秀作だ。

紅葉が映えるバーモントの森で、ハリーと云う名の男の死体が発見された。
すると、彼にまつわる男女4人が
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE(2004年製作の映画)

3.3

平成ライダー第5作にあたる『仮面ライダー剣』の劇場版は、ブレイドらの戦いによって、全てのアンデッドが封印されてから4年後の物語となる。

突然だが、筆者には仮面ライダーの定義なるものがあり、ことデザイ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

アメリカのレジェンダリー・エンターテインメントが日本の東宝と提携し、怪獣映画を展開するモンスターバースシリーズの第2作。
コング関連の映画作品としては8作目にあたる。

ゴジラが日本の誇る怪獣王ならば
>>続きを読む

トキワ荘の青春(1995年製作の映画)

3.9

漫画の聖地・トキワ荘。
かつてベル・エポックのモンマルトルに前衛的な芸術家たちが集まったように、ここトキワ荘も漫画の神様である手塚治虫を慕い、多くの才能ある漫画家の卵たちが、日々切磋琢磨しながら明日を
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.0

スピルバーグ総指揮&ゼメキス監督の傑作SF映画シリーズ完結篇の第3作。

西部開拓時代の1885年へ飛ばされたドク(ロイド)を救うため、マーティ(フォックス)は100年前へタイムスリップし再会を果たす
>>続きを読む

引き裂かれたカーテン(1966年製作の映画)

3.0

“ π に接触せよ”

デンマークで開かれる国際会議へ向かうアメリカの物理学者マイケル(ニューマン)と婚約者のサラ(アンドリュース)。
実はマイケルにはスパイとして東ドイツへ亡命し、核ミサイル“ガンマ
>>続きを読む

ジョーズ3(1983年製作の映画)

2.5

『ジョーズ』シリーズ第3作。

フロリダにオープンした海上レジャー施設「海底王国」に人喰いザメが侵入し、恐怖に戦く人々は逃げ惑い、水中トンネル内に閉じ込められてしまう。

当時、アリビジョン3Dという
>>続きを読む

ノー・グッド・シングス(2002年製作の映画)

2.8

『マルタの鷹』などのハードボイルド作家ダシール・ハメットの原作を、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』のボブ・ラフェルソンが映画化。

刑事ジャック (ジャクソン) は家出娘を捜索中、足を滑らせた老女を助け
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.0

98年のエメリッヒ版『GODZILLA』復活は、ゴジラ好きの筆者を喜ばせ、期待を胸に劇場へと足を運ばせた。
しかし、その姿と内容は散々なモノで、見事に裏切られた苦い思い出も今では懐かしい。

あれから
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.3

スピルバーグが総指揮にあたり、ゼメキス監督との名コンビを更にパワーアップしたタイムスリップコメディの第2作。

前作のラストで、ドク (ロイド)から未来の自分の子供たちの危機を知らされたマーティ (フ
>>続きを読む

>|