marimoさんの映画レビュー・感想・評価

marimo

marimo

映画館と家で観た映画を記録がてら感想書きます。
ベストムービーは今年公開の暫定。

☆5.0 完璧
☆4.5 絶対観るべき
☆4.0 興味がなくても観てほしい
☆3.5 興味がある人は是非
☆3.0 映画館料金の基準点
☆2.5 1800円は払えない
☆2.0 旧作レンタル料金であれば
☆1.5 定額配信で観るものが無ければ
☆1.0 タダでも厳しい

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

4.2

桜推しの私にとって幸せすぎる時間。

Fateを知らない人を完全に突き放したストーリー構成。
観せたいところを存分に楽しませるための潔い端折り。
正直素晴らしい方法だと思いました。
妥協の無いクオリ
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

憎しみの感情に気づくシーザー。
種を裏切り人間に協力するエイプ。
人間も種を残そうとする考えと、人間である尊厳を残す考え。

異なる思想が生き残りをかけた戦争になり。その結果何が残るのか。リブート3作
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

3.4

短編だが物語の中で変化する心情が丁寧に描かれていて、2人とも少し前向きになっていてほっこり。

同時上映の2作に比べるとセリフで説明し過ぎな印象を受けるも、優しい気持ちになれる良い作品でした。

わさび(2016年製作の映画)

4.0

芳根京子の演技で魅せた作品。

30分と短い作品だが登場人物は多い。
それを話し方の違いや表情で関係性や距離感まで伝える演技力。芳根京子すごい!

各役者の演技、監督の演出はもちろん素晴らしい。ただ、
>>続きを読む

此の岸のこと(2010年製作の映画)

4.3

「わさび」目当てで観に行ったんですが、不覚にも涙腺が壊れました。

これはドキュメンタリーなのかと思ってしまうほどのリアリティ。
生々しく真綿で首を絞められてるような感覚。

ラストシーンは好き嫌い分
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.2

面白かったけど、前2作が良過ぎた。

シリーズを重ねるたびに展開が雑になってる気がする。前作で終わってても良かったかな。

病み上がりの塩見三省が映るたびに心配になって、映画への集中が切れちゃう。そし
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.2

坂口健太郎の爽やかすぎる笑顔はもはや不気味の谷。
爽やかであればあるほどに恐怖。
口調も笑顔も狂気じみてて完全にハマり役。ずっと目が笑ってないw

思い返すと有村架純の濡れ場とか忘れるぐらい坂口健太郎
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

とにかく爽快!3人の女性たちが、逆境を乗り越える姿がカッコいい。

黒人、男女差別など、扱うテーマは重いが、サクセスストーリーの側面を強く出しているので、エンタメ作品として気負いなく楽しめます。

>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.2

全編の殆どがスペイン語なので邦画であることを忘れます。

オダギリジョーも役柄上、ずっとスペイン語での演技、とにかく自然で違和感がありません。ほんとすごい!
※ネイティブの人が聴いたら分かりませんが。
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.0

黒塗りの車列からのタイトルバック。
もう心はわしづかみ。完璧。

アクが強い役者様たちが自由に演じながらも、作品としてはすごくまとまりが良い。
北野武監督すごい。

普段ヤクザ映画に出ない役者も多くて
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.7

子供を1人しか持てない世界で生まれた7つ子の姉妹。彼女たちは月曜日から日曜日と名付けられて外の世界では1人の人間として生きている。
。。。なんだ、このワクワク設定!

1人で7役なんて無理でしょ?
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.8

もう和製ジョン・ウィック!面白かった。

とにかくガンアクションがカッコいい。
もうそれだけで大成功の実写化。本広監督ガンフーやりたかったんだろうな。

原作読者ですが、満足でした。
設定変更、省略は
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム 届けたいメロディ(2017年製作の映画)

4.1

ユーフォニアム愛に溢れた傑作。

本人に言えなかった思いを反芻して止まらない涙。
理路整然としない気持ちを感情に任せて言葉にした時の涙。
今回の黄前ちゃんは、とにかく泣きまくって泣かせてきます。

T
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

1.5

控えめに言って、面白くない。

この映画をいま劇場で観る大半の人は、「新感染」の前日譚を期待してのことだと思う。。。いや何も満たせません。

韓国の格差社会に対する問題提起をゾンビ映画という形にして伝
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

観た人の数だけ回答があって、そのどれも決して真実ではないのだろう。

私もただそう思いたいだけ。
そうでなければ恐ろしいから。

自分の価値観とか真実とか、地に足がつかなくなる感覚。恐い作品ですわ。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

3.6

ベイビードライバーが神作だったので、エドガー・ライト監督作品を追いかけ中。

なんだこれwクソくだらないw

好きになった女の子と付き合うために、7人の元カレ軍団と戦うとか、内容これだけ。マジ全然分か
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.4

生理的に険悪感を抱く描写も多かったので、かなり人を選ぶ作品ではあると思います。
中でも前半の人が死ぬ描写は正直観てられないぐらい嫌です。

吉高由里子の演技が素晴らしく、だからこそ彼女が喜びを知って愛
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.0

乃木坂ヲタとして、ひいき目にみてこんな感じです。

アイドル映画としたら悪くはないのです。

ただ毒にも薬にもならないゼロカロリーの食事をした感じです。

白とびしたみたいな映像も乃木坂ちゃんは美しく
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(2016年製作の映画)

3.8

「悔しくって死にそう」

何かに本気になった人間だけが味わうやり場のない思い。

映像から伝わってくる言葉に出来ない感情の表現が素晴らしい。

すべてをぶつける演奏シーンの緊張感と高揚感は圧巻。

T
>>続きを読む

PicNic(1996年製作の映画)

3.5

不快な何かを胃に詰め込まれたような感覚。

岩井俊二の変態性が気持ち悪い。

心が弱ってる時に観たら、戻ってこれなくなるトラウマのような作品。

でも嫌いじゃない。なんかよくわからない感覚。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

音楽に合わせて盛り上がる心拍数。
アクセルと同時に気持ちの高まりはピークに!
もう最高のアバン。
タイトルバックで今年最高傑作を確信。

続くオープニングもカッコ良すぎて休めない。
幸せすぎるぞ、この
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.3

未開の星でヘルメット外しちゃうプロメテウスな方々。
未開の星にノーヘルで降り立っちゃうコヴェナントな方々。

いや、登場人物多いからメット付きだと顔が分からなくなるとか見せ方上の理由はあると思うんです
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

4.5

キャメロンおそるべし。
他人の生み出したシリーズで、大胆に自分色に染めた大傑作を作ってしまう。

ちゃんと続編なんだけど、方向性が全く違う。2作目でこれだけフルモデルチェンジしたので次回作は何やっても
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

3.8

古さは感じるがビジュアルデザインがとにかく素晴らしい。
自分の生まれる5年も前に作られたのが信じられない。

最近の映画に比べるとテンポがゆったりではあるが、そこがまたいい。
CGとは違う味わい深い感
>>続きを読む

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1(2017年製作の映画)

3.0

冒頭のサマー・オブ・ラブで、これは神作と胸を躍らせるのも束の間。ただひたすら続くPLAY BACKとPLAY FORWARD。
なんじゃこりゃ。

TV版は全部観てます。ポケ虹も観てます。総集編なのは
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.4

猫ちゃんが出てくるハートフルなお話だと思って観にきてしまいました。

いざ始まったら、ゴリゴリの社会派ノンフィクション映画じゃないっすか。
そう、実話だってことをエンディングで知るっていうね。

それ
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.2

くだらないけど面白い。国産タイムスリップものの名作。

クーラーのリモコンが壊れたからタイムマシン使って過去から持ってきちゃおうぜっていう、ただそれだけの映画です。

とにかく伏線ばら撒きまくって、し
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

4.0

あれっ?
水原希子ってこんなに可愛かったっけ?

最初から最後まで水原希子に翻弄されメロメロです。狂わされましたw

今、好きな芸能人聞かれたら食い気味で「水原希子」って言ってしまう。そんな映画です。
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

4.8

これはっ!ただの超絶神作でした。

昔、岩井俊二にハマった時に、どうせただの恋愛映画でしょってスルーしていたクソガキな俺を小一時間説教してやりたい。

しっかり岩井俊二だし。ストーリーも良いし。伏線回
>>続きを読む

undo(1994年製作の映画)

3.6

縛られた山口智子がとにかく美しい。

湿気を帯びた映像は素晴らしく、岩井俊二の変態性も全面に出た作品。94年にこれを作ったとか考えられない。

こういう作品が好きな自分は、やはり厨二病なのだなと。

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

4.0

なんだこれ、めちゃくちゃ良い!

公開当時はなんでアニメ?って感じでスルーしてました。
アニメだからこそ2人が出会った時のはなしをオリジナルキャストで語れる。ありがたい。

やっぱり2人の掛け合い最高
>>続きを読む

彼女はパートタイムトラベラー(2012年製作の映画)

1.8

私はダメでした。

だってタイトル見たら絶対、過去に未来をまたにかけたドタバタコメディだって思うじゃん。しかもあのお約束展開100%のジュラシックワールドのコリン・トレボロウ監督の長編デビューっていっ
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.8

マジックは3つのパートから成り立つ。
そのルールをノーランは作品の中にいくつも重ねてくる。

観客に気づかれないまま最後の「プレステージ(偉業)」まで話は進む。
映画そのものがマジックのショーの様。凄
>>続きを読む

インソムニア(2002年製作の映画)

3.3

学生の時以来の鑑賞。

この不眠症の感じ。嫌です。

この映画、仕事でトラブった時の事がよぎってしまう。
日付が変わって、日が差しても寝れない状況。思い出します。嫌な感じ。

眠いのに、視界に広がる昼
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.9

ノーラン監督の長編デビュー作。初めて観ました。
なんだこれ大傑作!!

明らかに低予算作品なのに、ストーリーの組み立て方とか、タイトルバックの出し方とか、隙がなくてめちゃくちゃカッコいい。

シンプル
>>続きを読む

Doodlebug(1997年製作の映画)

3.5

超短編でも魅せるノーラン。

3分間の中で移り変わる世界観。
見事しか言えません。

今週はノーラン作品を振り返ってみます。

>|