ありりんごさんの映画レビュー・感想・評価

ありりんご

ありりんご

一推しはブロックバスター系のSFのアクション映画。ドラマや恋愛、サスペンスなら文学や漫画でも作れるが、SFのアクションをあれだけの完成度で視覚化できる洋画には脱帽。1500円で芸術作品ともいえる異世界体験ができるなんて最高!

映画(528)
ドラマ(0)

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

2.7

【骨が折れるのとかそういうの、ほんと無理なんで。】タロンエガートンとヒュージャックマンって言う、実は豪華キャストな感じの地味映画、観ないわけには行かないと思って、骨が折れるシーンとかギャーギャー騒ぎな>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.7

【アリシアの腹筋を鑑賞する映画】プロットがどうのとか、設定がどうのとか、アンジーがいいとか、もうどうでもいいんじゃないの、アリシアの腹筋を観れれば。アリシアが挙げる悲鳴とか、30歳なのに少女のような完>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.3

【期待しなくて良いから見てみて!】予告がクソなのと、いや、中身もクソなんだけど、主役のヴァレリアンは想像より声が渋くてイケメン…前半30分は、「やっぱりアメリカ人は頭おかしいな…」ってしみじみ思う30>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.0

【普通の普通の普通】ご都合主義のプロットが気になったし、人形が汚れててなんか汚かった。プーさんはやたら哲学的だし、イーヨーはやたらアスペだった。でもプーさんを実写化するならこの辺が限界なのかもなあと。>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

2.9

【お爺さん俳優がいけめん、主人公はイマイチ】割とギャグ路線で攻めている本作、今回は世界は滅ばないし、悪役も悪に手を染め切らないしで、悪くない。最初のマーベルクレジットでアイアンマン見れば見るほど、終わ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.8

【トムの頑張りに拍手、純粋スパイ映画として楽しめるシリーズ最新作】トムがおじいちゃんになっちゃったけど、アクションの迫力とか昔ながらの演技戦法とか、ユーモアとかハラハラとかは今まで通り。主役としてピン>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

【娯楽映画として完成度高い】環境問題とかクローンとか、考えなくちゃいけないことを散りばめるのは良いけれど、でも基本的にこの映画の本領はパニックパニックパニック!きゃーっと言わせる構図や、そこに至るまで>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.1

【うーん、惜しい、けど俳優陣や演出というより、プロットがそもそもこのレベルに耐えられなかった感】イケメン風の若い子たちを主役に据えて、ちょいSFミステリー風にして、ハンガーゲームの後釜を狙ったはずが、>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

2.2

【全身の力が抜けない2時間】DV男はダメ絶対っていうのと、アメリカだけでなくまあどこにでもいるだろうけれど、低所得者に若干スポットが当たっていたのが斬新。このスケート選手もこの事件も全く知らなかったけ>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

2.4

【ホッコリするけど、、それ止まりの典型的な古典ハリウッド映画】出てくる役者がほっそい白人ばっかりなのに時代を感じる。サクセスストーリーの模範的なプロットで、トントン拍子に事が進み、変な山勘も当たりまく>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.0

【前作がつまらなすぎたのは記憶に新しいが、期待を裏切らない駄作を巨額制作費つぎ込んでまた作りやがった】菊池凜子?英語下手になってるし、演技もなんなら下手になってるし(元から?)、スターウォーズの魅力ゼ>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

【これ以上の作品は、今後1千年間現れないと思う】誰が考えついたのか、どうして形にできたのか、もうわからないけれど、人間の奇跡を描いた映画が、本当に奇跡になってしまった。今後1千年間はもうこれ以上のシリ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

【森崎ウィンっていうイケメン俳優が良かったし、ゴリゴリのハートフルなスピルバーグ映画】レディプレイヤー1とかいう、覚えにくいタイトルのせいで、制作費の割にはヒットしなかったであろう悲しい映画だけど、期>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

【マクドナルドのハンバーガーに人種差別解決のための仕掛けをした結果、大評判になった、みたいな感じ】これがカンヌ広告賞の作品だったら受賞するんじゃね?って妄想するくらいには、ハリウッド的に革命だと思う。>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.9

【可愛い、面白い、実は深い】「ボスベイビー観てきたんだ!!」って自慢しても「え?何それ?」くらいの反応しか帰ってこない知名度低めのアニメ映画だけど、私は公開半年前からずーーーーーっと楽しみで楽しみで仕>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.1

【中身は高校生!の設定を演じる、ジョンソンはじめとする俳優陣の演技力が面白さの一助】「クリステンが好きだからザスーラは覚えてて、ジュマンジは幼少期に見て怖くて半トラウマ映画だけど金曜ロードショーとかで>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.4

【ブラックパンサーに比べたらかなり劣る】同時期に人種(人類)差別系を少なからずテーマにした映画としてはブラックパンサーに軍配。マーベルの洗練されたメッセージに比べたら、やや泥臭いしあからさますぎて、か>>続きを読む

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

2.5

【昔の映画っていいよね】レトロなコメディシンデレラストーリー。サンドラブロックの男勝りの女刑事がハマリ役。ミスコン出場者の女の子たちが揃いも揃っていい子達でちょっとほっこりした。観ててなんかのほほんと>>続きを読む

Dr.パルナサスの鏡(2009年製作の映画)

1.9

【ジョニーデップの割にはイケメンだし演技上手いなって思ってたら、一役を複数人で演じてて、全然違う役者だった】大昔に観たんだけどすっかり内容を忘れていた映画。だらだら観てたら最後までいってしまった。カラ>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

1.1

【ゴミくず映画、残念賞】まだ前の方がマシ。前の方もつまらなかったけど、今回については最早映画として完成されてない。2時間ドラマを見ているだけ。おまけに胸糞悪い、笑えない、つまらない、泣けないで、良いと>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.8

【いいねえ、ホント良いよ。】全てにおいて高得点で、フィギュアスケートで言ったら、技術点とか演技点とか全部満点でかつ史上初の5回転して勝ってるようなもの。詳しくないけど。グロさの描き方含めてホントに全て>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

1.8

【真田さんがんばってる】最強の宇宙生命体vs人間っていうシチュエーションのパニックホラー映画。宇宙生命体がどんどん進化するのが怖いしキモいし、無理。最初にライアンが死んだあたりが1番グロかった。まあ観>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

2.5

【駄作を一周回って最早面白いとは言え、駄作】インターステラーに続く、マットデイモン無駄遣い映画その2、今回は無駄遣いの勢いが半端じゃない。オトナの事情ありありそうな、フツーの中国映画に、ちょっと豪華な>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.0

【まだ特撮かな?ってくらいのCGだけど、バリバリDC】ずっとセクシー筋肉気になってはいたんだけど、ジャスティスリーグであまりにもDCがアベンジャーズみたいになっちゃってたから、(ワンダーウーマンは文句>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

【誰もが納得する好評価、脚本、子役がMVP】日経新聞の裏面で良い評価で、気になってて、ざっくりあらすじ程度で観に行ったものの、期待以上の良作。ぶっちゃけ泣けはしないけれど、キャプテンアメリカが普通のお>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

【僻んでるとか性格ねじ曲がってるとかではなくて、純粋につまらない】流石に前作よりマシなのでは、と期待するも見事に裏切る新・第2作。味覚の違いとしか言いようがないし、もう諦めの境地。ただ、「SW面白い!>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.3

【SWで世間が沸く中、断然こっち派】DCがマーベルに寄せてきてるね!って内容。バットマンの憂いやいかに?持ち味だったはずの、複雑な内面の葛藤は…?
基本的にマーベル派だし、なんならバットマン3部作は暗
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

2.3

【まあまあだった。コメディというより、サスペンス?】ピッチパーフェクトや、ゴーストバスターズ的なノリを期待して観たら全然違った。結構普通に可哀想だったし、普通に大変そうだったし、めっちゃ心配した。割と>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

2.9

【確かにアイスブレイクしてる】全体としてスリリングでテンポもよく、演出も良く、アクションも良しで、アドレナリン的には全然A級のガッカリさせない映画ではある。が、ツッコミどころも、そこそこ満載。
赤ちゃ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

2.5

【後悔ばかりしてる中年爺さんが華の最終17歳に戻ってキラキラパリピ大活躍】的な宣伝とあらすじだけど実際はちょっとだけ違う。中年爺さんがイケてないが故に離婚騒ぎになってるのに、17歳に戻った瞬間に自分ら>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.0

【弱いヒーローの魅力とは】アメコミの「正義は勝つ」映画において弱くなった主人公の良さとはなんなのか。個人的には好きではないが、ウルヴァリンの集大成として、ローガンと銘打った本作は、挑戦的だったとは思う>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

【コメディ路線に転身?ソーだけでなくロキ様の魅力光る最新作】ソーが覚醒したり、まあまあ強かったり、案の定やたら強い敵が出てきたり、普通のマーベル映画で、本当にそれは最高なんだけど、宣伝の仕方が、ダサく>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.5

【既婚者には辛いレベルの恋愛モノ】リアルに恋愛初期を思い出させて、これからの未来とか出会いとか、そういつものに心がぎゅううってなる。ナタリーポートマンは綺麗だけど、倦怠期に見たら破壊的だから要注意。>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.2

【ゲロ吐くシーンが最高に笑えた】2を先に見たら、ただの下品な映画で途中で見るのをやめたくらいだったけれど、1は思春期の葛藤や夢や仲間やちょこっと恋愛や、割と虚構リアルの話で、普通に楽しめた。脇役上がり>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.4

【テイストは村上春樹グロい版エロ無し】スーパーつまらないアクション映画の一つだろうと思って後回しにしていたけど、思ったよりも楽しめる。全ての人が狂っていて、狂った描写のありきたり感はあれど、悪くはない>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

1.7

【まあまあ通り越してイマイチ】せっかくイケメンなのに顔の表情なさすぎてロボットの演技なのか、演出なのか、疑問符な主役が、酷い人間ロボットに改造されて、超つまんなそうにしてる映画。まじで人間をロボットに>>続きを読む

>|