ホフマンさんの映画レビュー・感想・評価 - 6ページ目

ホフマン

ホフマン

映画(564)
ドラマ(0)

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.0

馬鹿な大人に振り回されたり知らないとこに連れていかれたときの居心地の悪さにすごい共感した。
うざすぎる母親の彼氏が父親ヅラしたり母親を悲しませたりと主人公の最悪な気分が伝わってくる。
プールでの楽しい
>>続きを読む

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

3.0

あんまおもしろくない。
髭面のほうが似合ってたな。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

かなり良かった。
時間戻りすぎて途中ごちゃごちゃしてたけど。
はじめの暗闇のバーとか結婚式のとことかいい場面多い。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

2.5

テーマやらなにやら全てキモい
犬になる演技のとこうざすぎて笑えた
ボロい角材しか持ってないギャングて

明日、君がいない(2006年製作の映画)

4.0

おもしろい手法で斬新
途中から少し気持ち悪くなった
かなり深いテーマ
あえてあの子を死なせたあたりすごい監督だなぁ

アウトサイダー(1983年製作の映画)

3.6

ヤンキーの喧嘩
特に響かない
コッポラの割りに微妙だった

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

4.1

子供達が純粋でかわいい
アリいいやつ
最後にチラっと見せてあっけなく終わるかんじもいい

白い馬(1952年製作の映画)

4.1

少年美しいな。
馬いい演技してる。
馬にひきづられるシーンいい。

赤い風船(1956年製作の映画)

4.0

寝巻きみたいな服がかわいかった。
最後のシーンどうやって撮ったかきになる。

ALI アリ(2001年製作の映画)

3.0

映画としてはかなりつまらない。
モハメドアリの自伝的にみるにはいい。
ボクシングシーンもしょぼい。

エレファント・ソング(2014年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス風なのに緊張感もなく話もいまいち。真相も腑に落ちない。普通医者だったら欠勤の連絡する。
ドランが監督ならもっとうまく作っていたはず。

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.9

21の方が爆笑できたけど地味におもしろい。
ジョナヒル痩せた。

ネバー・バックダウン2(2010年製作の映画)

3.5

1がよすぎた。
2は素人が作ったみたいなかんじだけどまあ格闘技好きは楽しめる。

炎628(1985年製作の映画)

5.0

他の映画ほぼカスに思えてしまう。
本でも音楽でもソ連は芸術性が高すぎて怖い。妥協を知らない深さがある。
たまらなく恐ろしくて魅力的な映像が常に流れてるかんじ。牛の目、ローズの血だらけの横顔、少年のシワ
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.7

途中若干あきたかな
普通におもしろかったけど
サイモンペグはニックフロストと一緒がやっぱりベスト

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

4.5

奥崎はこれだけの話をするためには男同士殴って思いをぶつけないといけないと思ったんだろう。じいさんが反撃したと言って喜んでいたし。
異様に論理的に喋るのがおもしろい。顔からして人殺してる顔だった。
戦争
>>続きを読む

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)

3.9

ボスかっこいいな
でも悪党のくせに人情ありすぎで不自然

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.2

ドイツ人いいギャグセンス持ってる。お金もらってうれしそうな人達がかわいい。
音楽もよかった。

扉をたたく人(2007年製作の映画)

4.0

社会性が強いテーマで少し苦しい気分が続く映画だった。教授と周りの人の心情が伝わってくる。
ドラムをもっと聞きたかったかなー

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.6

ゆるふわサイコ野郎きもすぎ。
ターミネーターみたいなのりでしかみれなかった。

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

3.7

テンポよくておもしろかった。
監督が嫌いなタイプの人間がバンバン死んでくかんじ。

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.8

ウディアレンは実際にももてたらしい。そんなにおもしろいかわからないユーモアにみちた会話は気軽に楽しめた。
これだけ会話つめこめるのはすごい。

複製された男(2013年製作の映画)

3.9

黄色と黒の色調とあやしい音楽で世界観がつくられていて不気味でよかった。
ネタバレみてもなぞが多い作品。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.9

数学者のはなしはなぜかおもしろい。
よくできた映画だった。