アローさんの映画レビュー・感想・評価

アロー

アロー

洋画が中心の女子。
話しかけてもらうとめちゃくちゃ喜びます。

興味さえあれば、映画の新旧は問わず観る!

評価は5段階。

マーベルシネマティックユニバース、キングスマンシリーズのファン。この2つは敢えてベストムービーに入れてません。

映画(553)
ドラマ(15)

奇跡の旅(1993年製作の映画)

4.0

2019/05/02

ブルドッグのチャンス、ゴールデンレトリバーのシャドウ、ヒマラヤンのサシーは、飼い主一家がペット厳禁の家に引っ越すことになり、遠く離れた町に預けられることに。しかし家族と離れたく
>>続きを読む

薬指の標本(2004年製作の映画)

3.0

仕事中の事故で薬指の先を失ったイリス(キュリレンコ)。仕事をやめた彼女は、森の中にひっそりと建っている屋敷に住む標本技術士(バルべ)の助手として勤めることになる。屋敷には事情を抱える人々が訪れ、標本技>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

公開初日に鑑賞して、どうにかして自分が思ったことを書き出そうと四苦八苦してたけど、全然まとまらなくてキリがないからもう投稿します(笑)。そうじゃないと全部の投稿が滞りそうな勢いなので…。

以下感想!
>>続きを読む

ブリガドーン(1954年製作の映画)

2.0

衣装がすてき!特にヒロインのドレス。

ミュージカルシーンのダンスが長くて寝そうになった。

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的に、ミストに次ぐ後味の悪さだった。いやコレは「ほろ苦い」じゃ済まないよ。観終わった瞬間、突き落とされたような気持ちになった。軽く落ち込むレベル。


設定はとってもロマンティック。主人公・セシリ
>>続きを読む

レディホーク(1985年製作の映画)

2.0

恋人同士の騎士・エチエンヌと美女・イザボー。彼らは、イザボーを狙う悪の司祭に呪いをかけられていた。エチエンヌは夜は狼に、イザボーは昼は鷹に変身してしまうのだ。2人が人として逢えるのは日の出と日の入りの>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

昔、テレビで放送してたのをぼんやり観てたぐらいの記憶しかなかった。
なので、今回初めて本腰をいれて鑑賞。

まさか、こんなに心臓がバクバクするストーリーだったとは…!
ラスト付近のハラハラの波がハンパ
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.0

精神に異常をきたしたアメリカ空軍将軍。彼は突如、ソ連への爆弾投下を命令し、基地に立てこもってしまう。この命令を取り消すためには、将軍だけが知っている暗証番号が必要だった。アメリカの首脳たちはソ連と協力>>続きを読む

タイム・アフター・タイム(1979年製作の映画)

4.0

『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェル主演。
残忍なアレックスとは180度変わって、はちゃめちゃにピュアで可愛い主人公・ウェルズを演じている!


19世紀ロンドン。発明したタイムマシンを友
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

4.0

さえない花屋の店員・シーモアはある日、見たこともない奇妙な植物を拾う。その花に「オードリーⅡ」と名付け、育て始めるシーモア。その不思議な花の噂はたちまち広がり、花屋は大繁盛!しかしオードリーⅡは残忍な>>続きを読む

シャークネード4(2016年製作の映画)

2.0

もはや“なんとかネード”って言いたいだけの映画。

相変わらず、モブの死亡フラグが華麗に立ってくなー。

特にほかに言うことはない。

シャークネード エクストリーム・ミッション(2015年製作の映画)

2.0

フィンの娘のボーイフレンド、よく見たら『超能力ファミリーサンダーマン』の子じゃないか!
こんなのに(悪気はない)出てたんだ…(笑)

終わり方がクリフハンガーでビックリした。

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.0

「違うスクールカーストの5人が1つの部屋に?!どうなっちゃうんだろう!」という軽い動機で観た。

まさか、ここまで打ちのめされるとは…。感想がうまくまとまらない。人によって受け取るメッセージが違いそう
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.0

ちょっと展開は読めちゃうけど、胸にジーンとくるストーリー。
ところどころ「このあと嫌なことが起こるぞ…」というムードになるんだけど、その演出が上手くてドキドキした。

なんか『ライフ・イズ・ビューティ
>>続きを読む

赤ずきん(2011年製作の映画)

3.0

狼が住む森の外れの村。ある日、この村の娘ヴァレリー(サイフリッド)の姉が狼に殺されてしまう事件が発生。村が騒然とする中、駆けつけた狼ハンターのソロモン神父(オールドマン)は「狼は人間に化けている」と言>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.0

ホラー映画の代名詞であるこの作品。
遅ればせながらやっと観ました!

『ホラー映画で殺されない方法』という本の中で「この本のほとんどのルールが適用される映画」と紹介されていたので鑑賞。

ストーリーは
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

3.0

メーン州に引っ越してきたルイス一家。ある日ルイスは、近所の老人から近くにある不思議なペット墓地の話を聞く。なんと、その墓地に死んだものを埋めると生き返るというのだ。ルイスがさっそくネコの死体を埋めた翌>>続きを読む

妹の恋人(1993年製作の映画)

2.0

ジョニデがバスター・キートン好きの青年を演じていると聞き、鑑賞。
ストーリーはまあまあかな。
紆余曲折からのハッピーエンド。
私はあんまり面白くは感じなかった。

それにしても、ジョニデはヘンな美少年
>>続きを読む

トップ・ハット(1935年製作の映画)

2.0

ダンスシーンでの2人の息がぴったり。あんなに素早く動けるなんてすごい…。すごいけど、尺が長くて寝そうになったのが残念。

ストーリーはアンジャッシュみたいな勘違いモノなんだけど、途中でどっちがどういう
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

オープニングロゴで泣く。
ラストではなく、あえて最初に出してくれてありがとうマーベル!
じゃなきゃ追悼の気持ちとラストのエモさで、頭がこんがらがったと思う(笑)

さっそく本題。
キャロルかっけーーー
>>続きを読む

エイプリルの七面鳥(2003年製作の映画)

3.0

母と仲の悪いエイプリルは彼氏と同棲中。そんなある日、母が余命いくばくもないことを知ったエイプリルは、最後の仲直りをするために母の好物の七面鳥料理を作ることにするが…。


ドキュメンタルな映像で、いい
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

4.0

半悪党同盟の捜査官グルーは、ある任務で悪党ブラットを取り逃がしてしまい同盟をクビになってしまう。そんな中、ひょんなことから生き別れの双子の兄弟ドルーがいることを知ったグルー。さっそく彼に会いに行くが…>>続きを読む

ロイドの要心無用(1923年製作の映画)

3.0

かわいいー!
キートンは美青年。
ロイドは好青年。って感じ。

閉店間際に居座る客にムカついてるロイドにめちゃくちゃ共感した。
今と変わらないあるあるを古い映画で見つけると、嬉しくなる。

笑顔のハロ
>>続きを読む

この男子、人魚ひろいました。(2012年製作の映画)

-

このシリーズ、フィルマークスにあったんだ…!

映像もストーリーもめちゃくちゃ好きなシリーズです。

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

3.0

邦題のミニオンアピールがすごいけど、主人公はグルーです!!!!
本編ではもちろん、グルーが大活躍。
ストーリーも前作と同様に楽しめた。


ただ残念だったのは、新キャラ・ルーシーの吹き替え。
中島美嘉
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.0

あんまり心を動かされなかった。
クライマックスのシーンも、わりと普通に観られた。

展開が読めちゃう。

後味の悪い映画として有名だけど、
やっぱりミストのほうがしんどい。






以下ネタバレ
>>続きを読む

オースティン・パワーズ(1997年製作の映画)

2.0

下ネタ以外は面白かった。
謎に入るアイキャッチとか、部下の死の描写とか。
独特のギャグには声を出して笑った。

ただ、どうしてもオースティンが好きになれない(汗)。
ただのヤバいセクハラ野郎にしか見え
>>続きを読む

預言者(2014年製作の映画)

3.0

宗教的な映画なのかな?と思ったら、詩集が原作らしい。

詩人・ムスタファと、村人たちの別れの物語。

映像がとにかく美しい。
予告編を観て興味をもった方は、ぜひ観てほしい!

ムスタファの教訓が、私に
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.0

借金を抱えるジェリーは、自分の妻をわざと誘拐させて義父から身代金をだまし取ろうとする。しかし誘拐を実行した代行人の2人が警官と目撃者を殺害してしまう。その後、崩れた計画からはさらに被害者が増えていき…>>続きを読む

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

4.0

男運の悪いマーサ(ケンドリック)は、ある日自分のタイプの男性・フランシス(ロックウェル)に出会う。恋に落ちる2人だったが、実はフランシスの正体は暗殺者!それも「殺人を依頼してきた人物を暗殺する」という>>続きを読む

>|