ブラウンさんの映画レビュー・感想・評価

ブラウン

ブラウン

映画(209)
ドラマ(2)

インターンシップ(2013年製作の映画)

4.2

大切なのは能力だけじゃない
努力は誰か見てくれている、人生を楽しむことの大切さとか仲間の大切さ、見ていていろいろ感じた笑顔になれる映画

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.7

大事なのは見た目よりも心だと考えさせる映画。

自己肯定感をもつこと、コンプレックスを気にして生きる人生と自信を持って生きる人生がどんなに違うか、改めて自己を振り返ることができた

ネイビーシールズ(2012年製作の映画)

3.6

仲間を手榴弾から命をかけて守るシーンが人柄を表していた

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.9

戦争の恐ろしさを感じた。
危険な戦場を命をかけて伝令を届ける戦争の虚しさや、人の思いが感じられる

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

ヴィンセントとの隣人の不思議な関係
不器用だけど愛はあった

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

フレディの人間をみた
様々な葛藤とか愛とか悩みとか
最後のライブは映画館でみたかった

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

突然父親になったサミュエルが家族になった娘を楽しませながら生活する。
いつの間にか何よりも娘が大切になっていて娘を守るために葛藤しながら独自の家族の形を作っていく。親子の愛が素敵すぎた

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.9

楽しく仕事をしていて生き生きしていた
こんな風に仕事をしたいと思った

大脱出(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラドキドキの脱出
監獄に潜り込んで脱出してみせる仕事。
脱獄の天才でもこれは無理だろって思わせられる。
大脱出2も見てみたくなった

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

華麗にカジノから金を盗む
最後の無言で去る噴水のシーンはなんか好き

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.4

ノーラン監督はやっぱ天才
何回見ても全ては理解できないと思う
それくらい複雑

幸せのちから(2006年製作の映画)

4.3

実話のサクセスストーリー
努力が報われるってこういうことか
親子の愛もまたすてき

コーラス(2004年製作の映画)

4.1

当時の教育の在り方が映されていた
自分の信念で音楽を通して子供を変えていく様子が素敵だった

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ソマリアの海賊の実話
最後のフィリップスの涙が海賊たちへの思いと解放など物語っていたように感じた

君への誓い(2012年製作の映画)

3.8

レオのことを思うとすごく切なかった
素敵な愛し方

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

最後着陸するシーンと新聞を読み上げるシーンが感動した
ほとんど台詞ない中で音楽と映像で緊迫感を演出していた
ダンケルクの奇跡の救出劇

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.8

オールドマンの姿がとても切なかった
想像つかなかった結末
せっかくオールドマンのいい人生か始まろうとしてたのにと思ってしまう

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.4

ブッチは家族に憧れ持ってたのかも
いろんな家族の形が出てきた
フィリップとブッチは本当の親子みたいだった

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

5.0

様々な人が描かれていて生き方について考えた素敵な映画
この映画からたくさんのことを学べた
すごく感動した

メメント(2000年製作の映画)

3.8

すごい不思議だけど面白い
結末から遡ってく感じがやはりさすが

>|