aratakiさんの映画レビュー・感想・評価

arataki

arataki

映画(451)
ドラマ(6)

人形舞踊の夢(2017年製作の映画)

2.4

この作品を観ている間が
まさに夢だったんじゃないかと...

3回連続で鑑賞したけど
やっぱり夢は夢だったね(笑)


ストップモーションが好きなので
内容はさておき、画的には楽しめた。

とっくんでカンペキ(2012年製作の映画)

2.5

初デートを控えた男の子の“特訓”を描いた
三分間のショートフィルム。

全体的に海外CMのような雰囲気で
男の子も女の子も初々しくて
とても可愛かった◎


タイトルの“とっくん”が平仮名だったので
>>続きを読む

リペイント(2018年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

五分間のショートムービー

壁に貼られた三枚の絵をめくっていくと
その絵の変化と同様に
現実にもある変化が起こっていく...
という設定。

世にも奇妙な物語のショートオムニバスとかで
出てきそうな雰
>>続きを読む

ハダカの美奈子(2013年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

美奈子がビッグダディと結婚するまで、
もしくは離婚に至るまでを描いている作品だと
勝手に思い込んでいたんだけど
いざ蓋を開けてみると
まさかの未来の話(完全なるフィクション)だった。

上記の点はわた
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

2.6

今回で観るのは2回目。
前回観た時同様、脳内がハッピーに♡

もうひたすら可愛くて
ただただ癒された〜〜〜

言葉なんかなくても
動きや表情でこんなに笑えたり
暖かい気持ちになれるんだから
やっぱりア
>>続きを読む

ハングマンズ・ノット(2017年製作の映画)

1.0

終始カオスだった...

サイコスリラー系はよく観るし
割と映画ジャンルの中でも
好きな方なんだけど...
本作は合わなかったみたい。
何故?って言われると
自分でもよく分からなくて。
それが余計にモ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.6

原作知らずに鑑賞。

とにかく頭を空っぽにしたくて。

結果的に
何も考えずにクスクス笑えたので
とてもよかった!

サクッと観れる尺なのも有難い◎


ちなみに、いちばん好きなシーンは
内田有紀と田
>>続きを読む

Clown(原題)(2008年製作の映画)

2.3

幼少期のティモシーシャラメが出演しているとのことで。

ストーリー性はあるんだけれど
全体的にかなり駆け足に感じた。
起承転結を無理矢理に詰め込んだ感じ...


サクッと観れるショートフィルム。
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

先日「愛なき森で叫べ」を鑑賞し、
園子温監督の“全盛期”の作品を観たくなって。

内容も描写もヘビー級。ただただ狂気。

作中の村田が“ボディーを透明にする”ことを
何とも思っていないように
観ている
>>続きを読む

ライチ☆光クラブ(2016年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ライチ ラライチ ララライチ

原作知らずに鑑賞。

予告が好きだったので観てみたけど
本編は...(笑)

ただただゼラが傍若無人で
最後はライチとタミヤが制裁を下すのかと思いきや
そういうわけでも
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.8

ポスタージャケットを初めて見たときに受けた衝撃と同じくらい、内容も衝撃的なものだった。

ピンクとパープルのパステルカラーで統一された世界観はとても可愛らしくて
どこか現実とは別の場所の話の様にも思え
>>続きを読む

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

2.5

本編への繋がりは然程感じられなかったので
あくまでオマケという感じ。

ただ、内容は本編よりも
こちらの方がヘビーだった気がする...

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

園子温監督作品はあまり好きな方ではないけれど
話題になっていたので鑑賞。

実際に起きた事件から着想を得た作品だとか。

本当の事件のことは知らないけど
観た感じは園子温監督の脚色が8割なんじゃないか
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

一応ジャンルはホラーだけど
後半はダークファンタジーっぽい。

ホラー部分は基本的に音と
いきなり出てきてビックリさせるタイプ。
怖いというよりドキッとする感じ。

ストーリーはなかなか切ない内容。
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

有名なのに何故か今まで観ていなかった作品。


いや〜すごかった...

起承転結の逆再生(結→起)
この構図なら他にもいくつか観てきたけど
これに加えて10分間のセクションごとのコマ送り
伏線はもち
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の「諸星以外は未だ誰一人捕まっていない」が全て。

怖いけど世間に知られていない警察組織の汚職って
たくさんあるんだろうな〜と。
道警に限らず。


柔道一本、体育会で育ってきた諸星だからこそ
>>続きを読む

さとうきび畑の唄(2003年製作の映画)

3.8

夏になると毎年観る作品。
(今年も夏に鑑賞。マークし忘れてました)

もちろんハッピーな話ではないんだけれど
このドラマ、この家族が、好きで。

序盤は笑顔溢れる幸せな日常が描かれていて
このシーンが
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

(マークし忘れてました)
今回もしっかり劇場で鑑賞。
毎度のことながら本作も無事大号泣で〆(笑)

1996年の第1作目から本作で第4作目。

わたし自身、年齢的にも3歳〜今に至るまで
ちょうどトイス
>>続きを読む

地獄(1999年製作の映画)

2.5

何の気なしにフラッと観てみたら
とんでもないものを目にしてしまった、という感じ(笑)

B(C?)級だから全体的に雑な作りなんだけど
内容自体はかなり攻めた内容かと。
実際の事件を割と忠実に描いている
>>続きを読む

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍(2015年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

女性だけで構成された軍隊「バタリオン」の
結成から戦地での戦いまでを描いた作品。

戦う気のない男性兵士と
戦場の最前線へ挑もうとするバタリオンの対比が
今までの戦争映画と一味違っていて新鮮だった。
>>続きを読む

ミニオンのキャンプで爆笑大バトル(2019年製作の映画)

3.0

ペット2の同時上映。
ミニオンシリーズの短編アニメーション。

今回も安定の可愛さで癒された〜

言葉なしにこの短い時間の中で
ストーリー性を持たさせて
しっかり笑いも取るあたり、
さすがイルミネーシ
>>続きを読む

DISTANCE/ディスタンス(2001年製作の映画)

3.0

カルト教団による無差別殺人事件。
その実行犯は事件後に教団によって殺され、
教祖もまた自殺した。
それから3年後の夏、実行犯の遺族たちが
当時のアジト跡に集まり、、


設定はかなりヘビーな内容だけれ
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

みんなウソつき。


過去と今を交差しながら
あの夜の真実が明らかになっていく構成は
分かりやすかったし見事だった。

ただその真実があまりにも...辛い。

勘違いというか
ちょっとしたすれ違いと
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

邦画ホラーは大の苦手で
今まで避けてきたんだけど
ホラー好きな友人に
これはミステリー要素が強いから
きっと大丈夫だよ、と勧められて鑑賞。

なるほど、たしかに
全体を通して怪奇現象の根源を探るべく
>>続きを読む

劇場版 零 ゼロ(2014年製作の映画)

2.4

邦画ホラーは怖くて全く観れない私でも
問題なく観れるレベルだった。
(ポスタージャケットの雰囲気、合っていないのでは...)

予備知識ゼロで観たけど
良くも悪くも期待せずに観て正解だった(笑)

>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

POVを用いたモキュメンタリー作品。

三半規管が弱い私はやはりPOV作品は
ダメみたい...何度か止めないと酔っちゃって。


アルツハイマー患者を
“ネタ”にしていたら嫌だな〜と思ったんだけれど
>>続きを読む

世にも奇妙な物語 映画の特別編(2000年製作の映画)

2.9

昔観たことあったような気がするけど
殆ど内容覚えてなくて再鑑賞。

やっぱり「雪山」は色褪せないね...
人に話したくなる作品。

ほかの3つもそれぞれテイストが異なっていて
話のクオリティも高く、面
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

本編に入る前にまず予告が秀逸◎
あれは観たくなるよな〜。上手い。

そしてポスタージャケットのインパクトよ(笑)
ここを切り取ったことにあっぱれです(笑)


こういう類の作品は
観ながら自分なりに
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

2.8

映画というより“芸術作品”という感じ。

鮮やかな色使いと音楽が◎

カラー照明やセットはまるで舞台の様で
一見チープで人工的に見えるけれど
それはそれで味があって
個人的にはとても好きな雰囲気だった
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.7

「僕らは“普通の人間”というインチキCMなのさ」

大きな一軒家、庭には美しいバラ、
代理店に務める夫と、才色兼備な妻に、可愛い娘。
側から観ると“理想”的な家族だけれど
内にはそれぞれ問題を抱えてい
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

予告以外の予備知識ゼロの状態で鑑賞。
結果、よかった。

待女、お嬢様、伯爵の三人が
真剣に騙し合い、そして愛し合う。

三部構成で話は進み、
後半の伏線回収は見事だった。
脚本が素晴らしい◎

ピン
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

2.8

(マークし忘れてました)

1に続いて“可愛い”が詰まっている作品。

今回はペットたちだけでなく
リアムの愛くるしさも加わり
終始癒されまくりだった。


前作同様、言葉なしでも問題ないくらい
アニ
>>続きを読む

サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

POVを用いたモキュメンタリー作品。
(POVあるあるだけど、若干酔った...)

実際の事件をベースにしたというのは
後で知ったんだけれど
ここまで大ごとにはならないにしても
カルト教団の洗脳による
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

マインドコントロールによって
プラシーボ効果を引き起こし
人を死へ至らしめる。

設定はかなり面白いのに...残念。


現実的に描きたいのか
非現実的に描きたいのか
シーンによって台詞や世界観がブレ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.9

有名な作品だからもちろん知っていたけど
何故か今まで観ることがなかった作品。初鑑賞。


なるほど確かにこれは好き嫌い、賛否両論
ハッキリ分かれそうな作品だね...

どのシーンも“芸術的”に描かれて
>>続きを読む

片桐はいり4倍速(2009年製作の映画)

3.8

いや〜笑った!涙出た!笑

片桐はいりは裏切らないね〜(笑)

4つの短編(1話10分ほど)からなる
オムニバス形式のショートムービー。

1.「受験」
2.「スピリチュアル マイ ライフ」
3.「ピ
>>続きを読む

>|