asachiyohimeさんの映画レビュー・感想・評価

asachiyohime

asachiyohime

映画大好き♫でも、表現下手です。
評価基準☆〜3.5いまいち☆3.6〜3.9普通☆4.0〜4.5オススメ☆4.6〜名作Best
涙活推奨!泣ける度も記録

映画(142)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

主人公は不器用で行動も過剰だけど、10年前の奥手な女の子からの一生懸命動いた行動力は凄いと認めてあげたいし気持ちも理解できる部分もあったかな。

二も最初はウザって思ったけど、最後は人間味があっていい
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

待望の2作目。

マーリンのカントリーロードが沁みる。

エルトンジョンが個性的すぎる

ミックス。(2017年製作の映画)

3.9

あんなに激しく動くシーンでも、ガッキーは安定の可愛いさ。

迎えに来たんだよ。って、
萩がカッコイイ!

豪華なキャスティング♬

観てて楽しい映画でした。

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.7

全てが勘違いで物語が進んでいくのが面白い。
高畑充希演じる彼女は素晴らしく可愛い。
心ほっこりな映画。

最後にはあの姉弟まで。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

前半は、なんて無茶苦茶な父親、環境的に逆らえない娘達が不憫だなーと思ってしまいましたが、日を重ねるごとに父親の夢が姉妹の夢になって、国の夢になって…というストーリーが感動でした。

最後のシーンは胸打
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.3

綺麗なんだけど、ジャズも素敵なんだけど、世界観にはまれなかった。

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリー映画。

今まで出来てい事が少しずつ出来なくなっていく日々の中で、人間の弱さも強さも赤裸々に語ってくれている。
観てると色んな感情が溢れてきましたが、人間って凄いなーと実感。

父と息
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.6

純愛の裏で歪んだ愛情。
恋愛メインでオブラートに包まれてるけど、普通に考えると怖い…

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.9

人間は矛盾だらけ。
それでもいいんだと、理解できる映画

ダークファンタジーですが家族の絆を感じさせてくれました。
個人的には、おばあちゃんと少年の歩みよるシーンが良かった

泣ける度★★★

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

実話とはビックリ!

25年。長いなぁ。。。

最後に悲しい真実もあるのだけれど。

皆んなの気持ちを考えると胸が苦しくなりましたが

奇跡的になストーリーがあったのだと知れて良かった。

サウスポー(2015年製作の映画)

4.5

観て損はナシっ!!

泣けます!

泣ける度★★★★

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.6

前半は垢抜けない主人公の気持ちに共感も持てました。どんどん綺麗になっていくし。後半は…2人の男性や故郷に対して揺れ動く気持ちも分からなくはないけど、衝動的な行動というか、個人的にはちょっとずるいなと感>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.6

至る所にハッとさせられる名言が散らばっていました。

映画の中だけでなく、映画を見た観客も前向きな気持ちになれる作品だと思います。

人生楽しく、意味のある一日を過ごせるように。

久しぶりのおススメ
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.8

人権って何?考えさせられる映画。
でも、その時代時代で声をあげた人がいるからこそ少しずつでも世の中が変わってきたのだと映画を通して歴史を知る事ができた。
静かに愛を貫き通した夫婦の視点も素晴らしいけど
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.6

方程式では答えが出せない価値のある事を理解できたネイサン。
ラストの母との会話ががいいなー。

ディセンダント2(2017年製作の映画)

3.9

はい!歌もダンスも最高!!
前作に続き楽しく観れる作品でした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

ストーリーも入りこみやすかった。

ミュージカル映画は映画館で観るに限るっ!!

どの役者も素晴らしい歌唱力✨
素晴らしいエンターテイメント作品

イルカと少年(2011年製作の映画)

3.7

温かくて優しい。
イルカ人間説。信じたいほど人とイルカとの交流がいい。
まだまだ世界は愛に溢れてるなと感じられる作品。

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

ハラハラドキドキ。引き込まれました。
遺伝子レベルの差別化…怖すぎる…
誰も人の可能性を制限する権利は無いし、努力というものは評価されるべきものだと強く思いました。
主人公は友情や恋愛、家族、色々な理
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

独創的で不思議な世界観でした。

愛の形はそれぞれ。

ちょっと目を覆いたくなる場面がチラホラあります。

なんだか追いつけない展開で…個人的には期待しすぎたかなー。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

一緒に成長してきた2人の絆が良かった!

もう少し深い背景が描かれてたらもっと高評価だったかも。

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.3

終始号泣でした。

愛情をかけられるべき子供たちが醜い大人達の力で押しつぶされていくのは観ててつらかった。実話に基づいてなんて、悲しいかなこんな大人もいるのも現実…

弱気者や大切な人を守れる強さを、
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

差別や偏見を、頭脳と行動力で打ち勝つストーリー。

時代を切り開く人たちの凄さを感じる映画

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

映画全てが音楽の一部。

派手なアクションシーンも音色があるみたいに不思議な感覚を味わえる。

イヴの時間 劇場版(2009年製作の映画)

3.2

面白い設定だと思うけど…

個人的に、この世界観に入りこめなかったのが悔しい。

続編があるのかー。

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.8

初めは人形に恋するというファンタジー要素の展開を思い描きましたが、全く違う展開で意外と真剣なお話。
偏見の目が当てられそうな中、周囲の人は徐々にラースを肯定し受け入れていきます。ほんと皆んないい人達。
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

3.9

苦しみの中にも家族を思う父親として、夫としての行動が素晴らしかった。
名作と言われるのも納得。

歴史上の重いテーマなだけに胸が締め付けられたり、でもほっこり笑えたり、泣けたり色んな感情が湧き上がって
>>続きを読む

神様の思し召し(2015年製作の映画)

3.5

人の感情は変わるもの。

人との出会いが変わるきっかけになるんだなと。

だいぶ寛容になったよね、主人公は。

ラストはご想像にお任せします的な…

男の友情や周囲のキャラにほっこりさせられる作品。

月とキャベツ(1996年製作の映画)

4.0

中学時代にこの映画を観て山崎まさよしが好きになりました。
曲もたくさん聞いたなぁと懐かしく思い、だいぶ大人になってから再度鑑賞。

印象的なのはピアノのシーン。

あの曲、あの歌声、あの眼差し、あの行
>>続きを読む

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.8

けしてhappyな始まりではなかったけど、最後は家族皆んなで笑いあえてる。

それぞれの幸せを再確認できたXmas。

海外のXmasの風景はやっぱり素敵✨

愛しのアクアマリン(2006年製作の映画)

3.6

大人になってもたまには、こんなティーン映画もありです♬

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.6

切ない物語。
ハリウッド映画でもあったような。
東出昌大が松潤の演技とかぶる。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.9

死ぬ理由よりも死ねない理由がどんどん増えていく過程がほっこり。
不器用だけど本当は愛情深い主人公がいいですね。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.9

ラブストーリー要素高めなので、そう思いながら見て欲しい。
宇宙船の近未来的な感じとなにかと絵になる2人を観るだけでも面白かった。

>|