Maki110さんの映画レビュー・感想・評価

Maki110

Maki110

良質なアニメーション映画の裾野が広がりますように (‐人‐)ナムナム

映画(157)
ドラマ(1)

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

ジャケや設定から、これは笑えるおバカB級映画だろうと思って、
(頭を使わずバカバカしいものを観たい時に観よーっと😊)
と大事にとってあり、
満を持してレンタルしたら、なんこれ。

え…なんこれ。まさか
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.0

記憶を失った総理大臣、中井貴一が
序盤、オロオロと「ぼく…」と言ってるのが可愛い。
小ネタ満載でクスクス楽し〜く観れます。

しがらみ(の記憶)が無い誠実な政治がどこまでやれるか?って展開はワクワクし
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

1969年のシャロンテート殺人事件は必ず予習しておきましょうww
タランティーノ作品も1つは観といた方がいい。
知識手ぶらで行くともったいないかと。

ブラピとディカプ仲良し最強タッグで、監督やりたい
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

ギリシャ行きたいわ〜〜〜
海も建物もファッションも、目に映るものが全部いちいちカラフルで綺麗で気持ちいい〜。
ホテルの従業員たちの衣装すら可愛い!
あれ着たい!

若い頃のドナが激カワでパワーありまく
>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

夜、寝る前に観てね、という映画。

キャラクターがなんもかも可愛い。
動物がみな可愛い。
アザラシ達がダントツ可愛い。
海に何匹もプコプコ浮いてるとことか。

妖精のじいさん達も、フクロウ魔女のばあさ
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.8

だんだん、デューイって岡崎体育ぽくね?って見えてきて
岡崎体育が先生したらこんな感じかな、と思いながら観てしまった。

デューイの顔演技と、子ども達へのハッパのかけ方が良かったな〜。
生徒達にお前は○
>>続きを読む

ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~(2014年製作の映画)

4.0

Prime videoでレンタル100円だったので。

えーこれ日本で劇場公開されてなかったの?良かったんだけど!

メキシコの死者の日が舞台。
『リメンバー・ミー』と被ると思われるやもだけど、こちら
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

中高生向け?どこが?ピュアな大人向けでしょ?と思いました。
なんなら今の中高生の観客からしたら、
「帆高なにしてんの?俺らならもっと下調べしてから上京する」
って言うかも、このデジタルネイティブ全盛期
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.2

そういえば大泉洋さん声優なのに観てなかったーと思って。

CGアニメーションがさすがの細やかさ一級品で動物たちのフサ毛を触りたくなる…。
マックスもトナカイも可愛い〜。
子ども達も可愛い。

グリンチ
>>続きを読む

ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説(1993年製作の映画)

4.0

とんでもないアニメーション映画が埋もれてたなぁ。

作画監督は、ナウシカやラピュタの原画を手がけた小林一幸さん。
スタッフはジブリ作品に参加していた優秀なアニメーター達が集められたとパンフにあり、
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

観終わって「ウィル・スミスの映画だな!」と思ってたら、ポスターのどセンターにガッツリ“ウィル・スミス”って印字されてて笑ったw

アラジンってとくに活躍しないのね!
ジーニーの魔法とサルの手際にめちゃ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.5

「で?」ってなる、鑑賞後。

くんちゃんがひたすらワガママを言い
ワガママを言うと時空が飛ぶ映画。
飛んだ先の異空間で
物理的に問題は解決していくけど、
くんちゃん自身に成長が感じられなかった。
(主
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.5

名を馳せた芸術家はみな何かしらのすごい苦悩を経験している!
彼は病気!あの人は自殺!
じゃあぼくは鳥の本を盗もっ!
っていう、
美大芸大生あるあるからのなんでそこいった?な話。

(偉大な芸術家は強盗
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

じんわりと、たしかに日本的な「家族」の描き方だなーと思った一作。
ファミリーの希薄さ。
まずもう子どもらの元親がどっちも腐ってるし。

かといって、
前半の偽りの家族がめちゃ楽しそうでずっとこの時間が
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

・王騎のバーフバリ感
・要潤の無駄遣い
・バジオウーーー!!!(VSランカイ戦でブン投げられた姿を見た時の心の声/バジオウ好き)

アクションがしっかり作り込まれてて見飽きない。
ストーリーは原作に準
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

セックスをぬりえに例えたら…彼はみ出しちゃう♪っていう映画だった。
いい例えだなー爆笑ww

サマンサが1番羨ましいかなー
社長で金があって恋人も犬もいるけど何か足りないとか…肉食がすごい。
肉食でき
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.0

ツッコミどころが多すぎて
「嘘でしょ!?」ばっかり言いながら観ましたw

若者に成長した主人公(王の子)を見るたび、
・追手「バーフバリ…!?」
・オッサン「バーフバリ…」
・かつての家臣「バーフバリ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

友人に薦められたけど原作漫画知ってるのでどうなんかな〜と漬け物状態だったのをついに鑑賞。

爆笑。
親父さんとのテスト採点シーンがやばいww

ギャグで最後まで笑いながら綺麗におさまる作品はかなり稀有
>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

過激な世界観の自殺ミュージカルアニメーション。
前半がどブラック過ぎて、終盤との落差に笑う。
めでたしめでたしが力技過ぎるww

自殺用品店の父ちゃんの名前がミシマで、客に日本刀出しながら、自殺ならセ
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

たしか友人がこの映画勧めてたなーと観賞。

シンデレラのドレスが美しいのはもちろんのこと、登場人物すべての衣装が見飽きないクオリティーには感嘆。

魔法がかかる時、魔法が解ける時、メタモルフォーゼして
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.5

BUCKET LISTの殆どは、金無いとできねー!ってことばかりだったけど、「一緒にそれをやる友」が大事なんだな。と思った、余命幾ばくかのじいちゃん2人の旅の話。

2人が楽しそうに笑ってるのを見るの
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.0

エーゲ海の景色がそもそも綺麗だし、ホテルも教会もパーティの会場装飾もウェディングドレスも、何もかもセンスがあって羨ましくなる映画。

ミュージカルシーンはすべて愛嬌たっぷりで笑えて楽しかった!
ストー
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

同業あるある映画で大爆笑。
「それ辛いよね… がんばれ…!」と前半で既に応援したくなる。
後半からはもっと応援したくなって
「心折れないで…!!」ともう願いの気持ちになってくる。

シナリオの評価が高
>>続きを読む

ラ・チャナ(2016年製作の映画)

2.5

フラメンコって、あれ、もう少し賑やかしい曲で大仰に踊るんでなかったっけ?というイメージだったけど、自分が今まで知ってたのは観光用だったのかも?
と分かった、ラ・チャナの踊りを見て。
足が奏でる音楽だっ
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.4

友人が友人に勧めているのを横目で見て鑑賞。

序盤はだらだらイライラしてたけど、安藤サクラの切れ味が鋭くなってく過程に目を見張る。
アゴ肉が無…い…!?

コンビニの先輩に関しては許すまじ。
ドイヒー
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.0

予告見て、ガキ向けのあざとい作りかなと敬遠してて今更の鑑賞ですんません。
そうですよねアヌシーグランプリですもんね、サーセン。てなる。なった。

湯浅監督お得意のカラフルな色彩、軽やかなアニメーション
>>続きを読む