最終学歴スマイルゼミさんの映画レビュー・感想・評価

最終学歴スマイルゼミ

最終学歴スマイルゼミ

特に好きなジャンルはホラー、サスペンス、青春、あと、任侠。
大したことはないけど演技経験者なので、生意気にもどうしてもその目で見てしまう。
作品レビューは基本的にほぼ一言。とても苦手。

映画(2559)
ドラマ(0)

Virginia/ヴァージニア(2011年製作の映画)

1.8

ヴァル・キルマー太い。。。
トップガン組で比べると、トムと随分差がついた。
映画は雰囲気や絵面は好きな世界。

ファントム・オブ・パラダイス(1974年製作の映画)

5.0

死ぬときあの世に1本持ってける、と言われたら、全体これ!間違いなくこれです❗
映画が持ちうる全ての魅力が詰まってるよ‼️

オリヲン座からの招待状(2007年製作の映画)

3.8

いい映画だなぁ😃
宮沢りえさん、なんて素晴らしい女優さんなん‼️鰹節削りながら泣き始めて留吉さんに、どこかへ行こうって言うまでの長回しショットとか、名シーンだと思う。

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

3.5

演出に既視感は有るけど、最後まで面白く観ました。
気の毒なヒロインを演じた女優さん、怖い系映画が多いようだけど、ラブコメとか似合いそう❗

殺しのドレス(1980年製作の映画)

4.4

この当時のデ・パルマ作品はとても好き。何本観ようが作り手のワナに必ず引っ掛かる私は、映画をたくさん楽しめる😋

国際秘密警察 絶体絶命(1967年製作の映画)

4.7

妖艶な華を添え続けた水野久美が、シリーズ最終作で初めて可愛い女に扮した。明るくて楽しい見事な1本。

国際秘密警察 鍵の鍵(1965年製作の映画)

2.8

シリーズ中、佐藤允と水野久美が2人とも出なかった唯一の1本。
だからなのか、少し物足りない。

国際秘密警察 虎の牙(1964年製作の映画)

3.8

中丸忠雄がかっこいい。彼はイケメンなのに悪役が多いとこがステキです。

国際秘密警察 指令第8号(1963年製作の映画)

3.9

ほぼ全てがパクりなのにちゃんと面白いから凄い。特に水野久美の美しさは本家のウルスラ・アンドレスに負けてない。

サイコ3/怨霊の囁き(1986年製作の映画)

2.0

嫌な予感的中。2が良かったから残念😢
主演俳優が監督を兼ねて面白い映画作れるのはイーストウッドとジャッキー・チェンだけ。

スペースバンパイア(1985年製作の映画)

3.4

終始流れる勇ましい音楽に騙された感もあるけど、気付けば終わってた。夢中で観てた証拠かな。ただ主人公が誰だったのか、それだけは未だに不明。

サイレン FORBIDDEN SIREN(2006年製作の映画)

1.5

田中さんはマシな方ですが、それでもお笑い芸人が出てるだけで、私的には下がる。
それにしても原作がゲーム?この映画観て、ゲームやらない私にはどう遊ぶのかイメージ出来ない。。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.1

角度によってはブラピにも見えるデルトロの半端ない迫力にひたすら釘付け。
ラストシーンはゴッドファーザーリスペクトか。

がっこうぐらし!(2018年製作の映画)

3.1

芝居出来る人は1人も出てないけど、映画としておさえるべき所はしっかりおさえてる。

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.3

何これ、面白い‼️
眼下の敵に匹敵する潜水艦映画。役者もいい。G・バトラー出しといてアクションさせないとか、G・オールドマンが脇を固める以外に決してでしゃばって来なかったり、起用が憎いね。

X-メン(2000年製作の映画)

3.4

色んなキャラがそれぞれ持ってる能力で戦うやつ好き。ジョジョとかミスターインクレディブル、文ストとか。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.1

罠が不必要に回りくどいけど、ハラハラしちゃったから、オケ‼️

ステイ(2005年製作の映画)

2.0

好きなタイプの映画のはずなのに、なんか乗れなかった。いつか見直すかな。

シャッター(2008年製作の映画)

2.2

まんまJホラー。でも変な日本人がいっぱい出てくるとこはやっぱアメリカ映画。

今日、キミに会えたら(2011年製作の映画)

3.3

ギラギラのイケメンじゃなく、むしろカツアゲの標的っぽいタイプのアントン。不思議な魅力に満ちた役者さん、もっと映画界を盛り上げて欲しかった。
ゆっくり休んで下さい。

アンリミテッド(2014年製作の映画)

2.7

同じ役者のミッシングID と間違えた。こっちがパルクールのやつね。トレーニング大変だったかな。役者の苦労は計り知れない。

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.3

近未来ものが得意なニコル監督。安定の娯楽作。

ボディ・スナッチャーズ(1993年製作の映画)

2.7

知ってるだけでこの原作の映画化は4回。これ1番印象薄いやつ。

レジェンド/光と闇の伝説(1985年製作の映画)

2.7

リドリー・スコットとトム・クルーズのタッグって今考えるとなかなか強力。ブリキの太鼓のあの子も出てる。普通のイマジネーションじゃ繋がらない3人。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.9

何気に豪華なキャストで最後まで楽しかった。家族物&ロードムービーの秀作。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

リメイク的な作品と思ったら、一応続編なんだ。テッパンの娯楽大作、さすがハリウッド!

サウンド・オブ・サイレンス(2001年製作の映画)

3.9

意外や意外、これ面白い。でもマイケル・ダグラスは苦手。ブリタニーがもう故人なんて。。(涙)

グッバイ・ラバー(1999年製作の映画)

3.3

あのエレンが映画に出てるんでびっくり。他にもちょいちょい映画出演あるみたい。ただのテレビの司会者かと。

>|