asei22さんの映画レビュー・感想・評価

asei22

asei22

2017.08〜映画。
アジアンムービー

映画(64)
ドラマ(0)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

3.7




「優しい言葉は好きじゃありません、時には人を傷つけます」台詞があって、
すごくその通りだな思った。
誰かの言葉で救われる時もあるのに、
言葉で、人を傷つける事も出来るなすごく共感できた。

あま
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7


『家族とは何か』『家族のあり方』
何だろう言う事が頭に浮かんだ
万引家族と言う万引きは、
家族を繋げる物なんだなと感じた。

言葉では表現しきれない人と人関係
正しい事をして
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.8

韓国人に、
映画を観る前に、この歴史について
知ってた方がより、理解しやすい
言われて、少し調べたけど、

だけど、自分の住んでる国じゃないから
調べてもピンとこなかったけど、
詳しく話が分からなかっ
>>続きを読む

私を忘れないで(2016年製作の映画)

2.1



期待したけどイマイチ。
見飽きてしまった、、、
見終わってない

友罪(2017年製作の映画)

3.8

他の作品で見る瑛太全く違い衝撃で、
映画の世界にのめり込んだ。

「心を許した友はあの少年Aだった」
もともと、ある事件に着目して描いてる所
部分にも更に目がいった。

少年Aの自伝を読もうか読まない
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

2.5


よく分からないかった一言。
思ってい映画の雰囲気と異なった。

作品中に、笑いをとる要素がいくつか
あったのにも関わらず、
後半からは、しんみりさせたいと言う
演出がされているだなぁと感じた。

>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.0


「万引き家族」を観る前に、
是枝 裕和監督のカンヌ国際映画祭
最優秀主演男優賞してる作品あると
知って観た。

作品の内容はもちろん、
重く、悲しく、胸が痛くなる内容

映画を観てると言うより、
>>続きを読む

ハーモニー 心をつなぐ歌(2010年製作の映画)

4.6


『胸が苦しくなった』『涙が止まらない』
刑務所に入ってる女性一人一人、
何故、罪を犯してしまったなどの、
人間像が描かれてとても良かった。

刑務所に入ってる全員が、悪だけでは無く
自分を守る為にし
>>続きを読む

傷だらけのふたり/恋に落ちた男(2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます


「面白いとも言えて
面白くないと言える、」

結末がありきたり、
ハッピーエンドであってほしかった。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.5


何となく観たのにすごく良かった。
奇数な物語が重なった実話だなぁと感じたこと。

こう言う作品を見ると、
作品よりも実話の話が気になって、
そっちに集中してしまう。
最後のエンドロールでインドでは、
>>続きを読む

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

2.0



7番房の奇跡の脚本って言うのに、
すごく期待したのに予想以上のつまらなさだった。
他者のコメントにも「ありがち」と書いてあったけれど、本当にありがちだと私も感じた。
途中飽きてしまい観るのも辞めて
>>続きを読む

僕らの青春白書(2014年製作の映画)

1.8


サニー、建築学概念同様1980年代テーマにしている韓国の映画町のの雰囲気だったり挿入歌はものすごく好きだった。

作品の話がイマイチすぎた。
イジョンソクの役柄がどうも好きではない
意思がない感じで
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0


ミュージカル映画は、歌が多くて
作品のよかったシーン忘れがちいになる。
でも、この作品はすごくすごく良かった


皆んなから受けれない人達でも。
最初はお金儲けてでも、
それ以上に、物を得る人って感
>>続きを読む

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

-


役柄がかっこ良くてぶっ飛んでて、
女性だからこそはちゃめちゃな出会いかたをしていたり、作品の1つ1つの表現仕方はすごく良いなと思った。
風が来たら、僕と言うことを、
後から、部屋中に風ぐるまに置い
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0


cgが多くて妖怪の物語だと思ってたけど、
雰囲気と違った。

『死後』と『現実』をテーマにしている気がした、自分の事より他人を考える所にすごく目がいった。

高畑充希演じる一色亜希子の役柄がすごく素
>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

4.5


ものすごく観たかった作品、
最初は朝鮮半島の戦争を描いてる作品だと思っていだけど、実際に見て観たら、
戦争を描いてるけれど、最初は敵対心しかなかったものの、次第に心を許していく
様に見えたし、一人の
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

3.5

とても不思議な気分になった。
こんな映画は初めて観た。
私は一回観ただけじゃ理解が出来ない。
まず、作品の内容についてくのに、
頭がいっぱいだった。
血に過剰に反応するのに最後まで分からない。
そして
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.5



ずっと観たかった。
臼田あさみがものすごく、
綺麗で感情の表現が他の女優さんに比べたら乏しいけれどそれが、何処と無く、
役に合ってて、ものすぐ良かった。
好きな人に捧げる人生を私はした事が
無いし
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.0


予告も観ず観に行った。
すごく妙な映画な気がした。
最近、ものすごくこう言う妙な雰囲気
映画が多い気がする。
結末を予想しながら観たけど、
予想外だった。
阿部サダヲと蒼井優のいつも
イメージにない
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます



出てる人が豪華。
なんか、90年代に実際に起きた
少年Aが本を出した時のことを連想した。
よくみると、犯人は細かい性格という所に、劇中にゴミを拾うシーンがあったりして、すごいなこれも後からみると犯
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.5



登場人物が多いけれど、
一人一人の人物像も思い出せるくらい
しっかりしていて最後には、
全てが繋がるような感じがして
とても良かった。
一人のお爺さんの話だと思ったけれど
見てみると全然違うものだ
>>続きを読む

ハウスメイド(2010年製作の映画)

-



口コミ通りだった。
飽きてくるし何が言いたいのか、
よく分からないし。
結末をはっきり思い出せない。

美人図(2008年製作の映画)

-


韓国人に映像が綺麗だと薦められて
半信半疑で観たけど、
作品の話はすごく良いと思った。
過激なシーンが多くて正直驚いたけど
そんな雰囲気を感じさせない気がした。
観る人によって感じ方が全然違うだろう
>>続きを読む

俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年製作の映画)

-


登場人物が多いけれど、
それでも一人一人の人生の物語がある
永遠の0より好き、知覧と言う日本の歴史があることを残すことが出来る作品なのかなとも思った。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

4.0


1つ1つの話が繋がっていて、
見終わった後に感動した。
もう1回観たい。
2回目は違うみかたが出来そう。

壊れた心(2014年製作の映画)

1.0


つまらない。
70分なのに長く感じてしまい観れない。
最初の5分で飽きた。
期待してたのに大外れ。
何で、この映画が賞を取ったのか
分からないと思った。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます



こんな生き方もあるだなと感じた。
第3章は動物シーンが苦手。
人に愛される人だった事が分かるし。
一匹オオカミ、人を追わない

彼とわたしの漂流日記(2009年製作の映画)

4.0



ずっと観たかった。
絵の雰囲気がすごく好き。
特に、アヒルと過ごす日々

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7


ホラー映画言われていたから、
観る前すごくハラハラしたけど、
実際に見て観たら、噂通り感動しました。
ゾンビは少し非現実だから、普段あまり
観ないジャンルでも観やすかった。

>|