asei22さんの映画レビュー・感想・評価

asei22

asei22

2017.08〜映画。
邦画と韓画と香画堪らない。
美味しそうな食事シーンが出でくる作品好き

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.5



ずっと観たかった。
臼田あさみがものすごく、
綺麗で感情の表現が他の女優さんに比べたら乏しいけれどそれが、何処と無く、
役に合ってて、ものすぐ良かった。
好きな人に捧げる人生を私はした事が
無いし
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.0


予告も観ず観に行った。
すごく妙な映画な気がした。
最近、ものすごくこう言う妙な雰囲気
映画が多い気がする。
結末を予想しながら観たけど、
予想外だった。
阿部サダヲと蒼井優のいつも
イメージにない
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます



出てる人が豪華。
なんか、90年代に実際に起きた
少年Aが本を出した時のことを連想した。
よくみると、犯人は細かい性格という所に、劇中にゴミを拾うシーンがあったりして、すごいなこれも後からみると犯
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.5



登場人物が多いけれど、
一人一人の人物像も思い出せるくらい
しっかりしていて最後には、
全てが繋がるような感じがして
とても良かった。
一人のお爺さんの話だと思ったけれど
見てみると全然違うものだ
>>続きを読む

ハウスメイド(2010年製作の映画)

-



口コミ通りだった。
飽きてくるし何が言いたいのか、
よく分からないし。
結末をはっきり思い出せない。

美人図(2008年製作の映画)

-


韓国人に映像が綺麗だと薦められて
半信半疑で観たけど、
作品の話はすごく良いと思った。
過激なシーンが多くて正直驚いたけど
そんな雰囲気を感じさせない気がした。
観る人によって感じ方が全然違うだろう
>>続きを読む

俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年製作の映画)

-


登場人物が多いけれど、
それでも一人一人の人生の物語がある
永遠の0より好き、知覧と言う日本の歴史があることを残すことが出来る作品なのかなとも思った。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

4.0


1つ1つの話が繋がっていて、
見終わった後に感動した。
もう1回観たい。
2回目は違うみかたが出来そう。

壊れた心(2014年製作の映画)

1.0


つまらない。
70分なのに長く感じてしまい観れない。
最初の5分で飽きた。
期待してたのに大外れ。
何で、この映画が賞を取ったのか
分からないと思った。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます



こんな生き方もあるだなと感じた。
第3章は動物シーンが苦手。
人に愛される人だった事が分かるし。
一匹オオカミ、人を追わない

彼とわたしの漂流日記(2009年製作の映画)

4.0



ずっと観たかった。
絵の雰囲気がすごく好き。
特に、アヒルと過ごす日々

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7


ホラー映画言われていたから、
観る前すごくハラハラしたけど、
実際に見て観たら、噂通り感動しました。
ゾンビは少し非現実だから、普段あまり
観ないジャンルでも観やすかった。

プレシャス(2009年製作の映画)

3.5


観たのは随分前だけど、
この映画を聞くと、内容を鮮明に覚えている作品。
同年代の女の子が自分とは360度違いとても胸が痛くなった。

僕の妻のすべて(2012年製作の映画)

3.0



夫婦の恋愛物だけれど、
何か大切なモノを教えてくれる感じがする
イムスジョンがとても綺麗。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.2



話が進むににつれ、その世界に入り込んでいく感じが堪らない。
音楽がすごく良い。
暴行など、血のシーンとかも凄くて、
過激なシーンもあるけど、
内容とあっている感じがとてもした。

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.0


90分とは思えない時間の経過の早さ。
ハイスピードのシーンが多くて、
凄い良い。そして、香港のローカル街並みがみれて楽しい。
でも、話の構成が最初イマイチ分からなかった場面もある。

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

4.1


作品の雰囲気、撮影の仕方が今まで観た
作品の中でどれにも当てはまらない感じ。
特に、タバコの煙のシーンとか2人が会話しているシーンの撮影切り替えが斬新。
100分しかない作品なのに、時間経過が早くて
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0



この映画を観れて私はすごく良かった。
いろんな人に出逢おうと思った

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます



予想していた終わり方でとても驚いた。

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

5.0



今まで観た韓国映画の中で、
雰囲気とか音楽が断トツ。
※日本のリメイク版でも両方観たいと思った。

戦場のメロディ(2016年製作の映画)

5.0




胸が痛くなるけど、
人の大切さを感じることが出来る作品

ハン・ゴンジュ 17歳の涙(2013年製作の映画)

-




言葉があまり出てこない胸が痛んだ
韓国映画だから作れるもの。
現実的で様々なものが読み取れる

>|