HanaNakanoさんの映画レビュー・感想・評価

HanaNakano

HanaNakano

大学入ってからみたやつ

映画(124)
ドラマ(19)

裏窓(1954年製作の映画)

-

はじめてこんな映画見た
窓のうつしかたが芸術的
目合った瞬間がこわすぎた
まじでこんな臨場感のある映画ははじめて

最初の方で向かい側の人と乾杯するのよかった

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.4

一生に一度船の先頭にドレス着てタイタニックみたいにやりたい
ホテルの屋根裏楽しそう
Dancing queen ギリシャぽさが出ててよかった
ギター弾けるようになりてええええ
もう三人ともお父さんであ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.5

ボロボロ泣いた
なにもしないことをしたい
というか、なにもしないことを楽しめるようになりたい
イーヨーがネガティブでおもしろかった
ぷーも風船もっててかわいかったし、ハグするのかわいかった

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

-

子供のりんご食べちゃってるやん
いい夏休み
セックスがバーチャルになるのアイディア初めて聞いたけどおもしろ笑
くだらないゲームは勝たせること

広大な犠牲の庭で女は永遠を探し求める

子供の運命は親次
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

-

元彼と久しぶりに会うとこんな感じよね
少しでも長くいたいのが伝わる
1の方が良かった
お互い浮気してるのが気になる
ギターで弾くワルツがよかった

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.9

リチャード リンクレイターの映画やっぱり最高
リアル感あるし感情移入させてくる

誘い方がうまい
例えば結婚生活がうまくいかなくなったとして、過去の人を思い出しはじめたとして、もしあの頃の男の人と遊び
>>続きを読む

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

-

絵が描けるようになったらなあと思った
たしかに幼少期の自然がなかったらどんなにつまらなかっただろう
お庭、自然をみるの楽しかった

Change the world
just a little bi
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

-

I love you Dex
I just don’t like you

お互いが両思いなのにタイミングが合わなくて何年もかかるみたいな流れの映画みすぎたわ

ロンドンとフランスの街並みがきれい
>>続きを読む

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

-

外国人は愛のアピールが派手でいい
放送室借りてポール降りながら歌うとこイケメンだった
性格も見た目もお似合いの二人
ペイント投げ合ってきゃあきゃあ遊んだあとのキスシーン最高だった
ウィリアム シェイク
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

-

バ先の先輩たちとみた
悪魔がお母さんに取り憑いて子供を殺すっていうのがやばかった

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

こどもたちの遊び行くところ楽しそう
恐怖とは何か
それぞれの一番弱いところを突いてくるピエロが怖いし残酷
プロジェクターを使ったり、弟を使ったりとピエロの登場がユニークだった

セルピコ(1973年製作の映画)

-

next life を 死んでも無理だって訳してるのが面白いとおもった
正義感がつよい主人公
真面目が損する
王様と毒の井戸水の話おもしろい
八つ当たりがうざい
屋根から屋根に飛び移るシーンが印象的
>>続きを読む

1/880000の孤独(1978年製作の映画)

-

G線上のアリアみたいなきれいな音楽って残酷なのに合うよね皮肉だけど
見てるひとからみたら変態だけど、変態は社会がつくりあげているような気もする
知り合いに、落ちるだろうって言われてたのが刺さった
浪人
>>続きを読む

高校大パニック(1977年製作の映画)

-

石井岳龍をおすすめされたのでみてみた
こんなに短くてシンプルなのに映画ってできあがるんだって思えた
警察官が頭に葉っぱ貼り付けてカモフラージュしてんの面白かった
受験の夏の光景、メンタルが懐かしかった

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

-

掃除機連れまわすの面白かった
ギター、ピアノの音とメロディーがバカよかった
ストーリーはふつう

ドライヴ(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ライアンがクール
意外とグロい
映像美
戦いを影で見せる演出
お金置いていくクールさ
死んだかと思ったらまばたきする

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

アメリカ人ってタフだな
ざまあみろって感じ
We ain’t all the enemy u know
皮肉とすれちがいとタイミング

ファースト・タイム(2012年製作の映画)

-

恋の始まりはキラキラしてるね
アメリカの映画見て思うけど車のよりかかってキスするの絵になる
男がいいひとだった

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

-

めっちゃこわいわけじゃないけどじわじわこわい
自由変幻はこわい

エデンの東(1954年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

影の演出、菜の花畑、遊園地の鏡で遊ぶシーン、サプライズに観客も参加させるようなしかけ、木の葉っぱでキスしてるかどうか見えない
とにかく演出がうまかった!!!
途中何回も寝てつまんないと思ったけどラスト
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

-

バッジを捨てて脇目も振らずに去るラストシーンがかっこよすぎた
男が惚れる男像

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

-

演出がうまい
ゴーストになって透明であることに慣れてない演技がうまかった
コインのシーンからウルウルがとまんなかった
大事な人は生きてるうちに大事にしたい

ヒロインがきれいだった

永遠の愛なんて存
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

樹木希林とリリーフランキーの存在感がでかい。
今や家族っていろんな形があって定義するのは難しい。理想的には愛さえあれば家族は成り立ってほしいけど現実的にはそう簡単にいかない 。
カップルでも同じで、一
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


When you’re in love with a married man you shouldn’t wear mascara.

映画を通して流れるクラシックがきれい
3と言っといて指は4本
>>続きを読む

悲しみよこんにちは(1957年製作の映画)

-

私のラッキーナンバーも3
チャラ男ってどうしようもない😥

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

-

ノアでかい
鼻と鼻
きらきらの夜景そっくりなやつ昔見てたなあって思い出した

アメリ(2001年製作の映画)

-

ちょいちょいフランス語理解できてうれしい
最初の好きなもの嫌いなものめっちゃおもしろかった
狂気じみていた
フランスで自転車二人乗りはせこい

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

-

誰も傷つかないようにって頼まれたことをただやっていくのは自分を傷つけてるだけ
人のことを考えすぎて自分を大切にすることを忘れないようにしないとね
犠牲がいいわけではない

車の上に座るのかっこいい
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

-

イタリア人の友達たちからイタリア語ちょっと教えてもらって少し理解できるの嬉しい笑
イタリアの街並みきれい、本当に世界のどっかにこんな場所が存在するなんて思えない、イタリア人うらやましいわ
顔にアイスべ
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

-

Who are you がささる
自分を自分たらしめるものってなんなんだろう
人はみんな条件で形成されてるのかな
条件が失われたらもう自分ではなくなるのかな

Ryan Gosling is a ho
>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

-

恋人とツボが同じなの重要
友達からの恋人の流れまじ萌える
メグライアンかわいい
好きなところ並べたところうるっときた

大嫌いは大好きだよね

シンデレラ・ストーリー(2004年製作の映画)

-

Chadの見たさとThe Best Day of My Life を聞くために借りた

一生に一回でいいからパーティーでダンスしてみたい💃

>|