ぱなさんの映画レビュー・感想・評価

ぱな

ぱな

映画(268)
ドラマ(26)

ニンゲン合格(1999年製作の映画)

3.1

癖のある人の集まりでも子供の頃はなんとかやっていけるけど、大人になるとそれぞれが複雑になっていってやっぱり普通の幸せって難しいなあと思った

理由なき反抗(1955年製作の映画)

3.6

わたしもああやって牛乳瓶からのも
親がおかしすぎわろた
影がかっこよかった

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

5.0

だめだあほすぎてよくわかんなかった
と思ったけどいろいろ考えてたら
天才モーツァルトに嫉妬するサリエリみたいな話
存在自体が認められてすべての注目をかっさらっていく弟と弟に嫉妬して優秀になるがそもそも
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.4

いやあおもしろかった
疑問がある限り有罪にはできない
一人一人の発言とかキャラが深かった
ちょびっと単純な脚本な気がするけど、死刑の決定は重いっていうことですね

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

Just a late brewer っていい褒め言葉
エンディングソングがよかった
Don’t let the old man in

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

2.7

おそろの帽子のところけっこう笑った
盲目の人よりそうでない人の方が見えているっていう皮肉
最初の女の子のあのたくましい感じが好き

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

2.3

よくわかんなかったけどあのアメリカの果てしない道とお葬式で荒れ狂うギャングがえもかった

のだめカンタービレ 最終楽章 前編(2009年製作の映画)

3.3

まだ聞けるうちにあの音をききたいってときにマーラーの5番流れて感動した

いろいろ新しい曲とか背景が知れて勉強になった

コロナのせいでいけなくなったオランダのロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団、ウィー
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.0

いわゆる健康食と呼ばれているものがいかに糖分だらけか、そしてそれが体に与える影響をドキュメント。一日砂糖40杯分の糖分を二ヶ月とり続けた結果、肝臓に脂肪が溜まり、内臓脂肪がたまり、精神的にもムードスウ>>続きを読む

エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語(2019年製作の映画)

3.8

帰りの飛行機で鑑賞
犬目線のストーリーで繊細さが伝わりました
He’s a race car driver at heart
忠犬だなあ
犬はお世話が大変

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

キュンキュンしたわ
特に恋の始まりのところいいわ
最後の頷くところも

ゲド戦記(2006年製作の映画)

2.5

うーん絵がかたいし、メッセージがダイレクトすぎる、、

死と再生のくり返しこそが命の根幹なのだぞ
死を拒絶することは生を拒絶することなんだぞ

モンサンミッシェルの内側からみたいな景色だった

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.0

かっけえええ
男ごみすぎ
レイプするやつ体目的で口説くやつ家事やらせてなんぼだと思ってるやつこれ言っとけば女性は喜ぶって言ってるやつみんなfuck off
I think it’s the godda
>>続きを読む

好きだった君へ:P.S.まだ大好きです(2020年製作の映画)

3.0

コップひっくり返すゲームやっててえもかった
Flip cup

Jung 腐れ縁

親が他の人と付き合うのって嬉しいもんなのか

Sometimes you have to kiss the wron
>>続きを読む

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.0

後で見返す用に手紙かいとけばよかった
ピーターかっこよかった

紅の豚(1992年製作の映画)

4.4

子供達ワーワーキャーキャーしててめっちゃかわいい
男たちもバカでかわいい

30年前と違って今はジェンダー敏感になってるけどこういう感じで男と女のストーリーも味がある、よくはないんだろうけど

ぐっと
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.6

キキの言葉遣いも字もきれい
すれちがうときに挨拶するのがいい
挨拶しっかりしてる

ぐっときたセリフは
「母さんの若い頃によく似てる」

「この町の方は魔女がお好きじゃないみたいですね」
「大きな町だ
>>続きを読む

ミニマリズム: 本当に大切なもの(2016年製作の映画)

2.1

Love people and use things
iPhone のくだり説得力あったなあ
新しい型が出るとほしくてほしくてたまらなくて前の型は人生を不満にさせるものでしかないように感じる
社会や
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

2.6

Are you running this business or am I

Darkest deepest fearを分かり合って平気ならおっけい

No regrets it’s a good
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.2

最後のチャーリーの歌がすべてを物語ってた気がする

妥協は片方だけじゃうまくいかないけど、長く一緒にいて相手のことをわかりすぎるとその方が簡単だし慣れでキャラ付けさせられちゃう

子供欲しいけど結婚ま
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

5.0

サントラ 特にLily’s lullaby がすき
Albus Severus Potter
え、9年前?え、

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

5.0

ここらへんから一回目に見た時の記憶あり

スネイプDracoもHarryも守ってて優しい、、

遠回しなしゃべり方をするイギリス英語も品があっていいなあ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

5.0

神回
ダンブルドアの本気がみられるのとシリウスのかっこよさ全面の回
Nice one James

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

3.7

鳥肌立った
権利とかいいながら選ばせる方がよっぽど残酷
第二の選択は儚く切ない

今までみてきたホロコースト映画とは全くちがうかんじで新鮮でした

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

5.0

初めての死人
こっからいよいよはじまったな感

Now the pain we all feel at this dreadful loss reminds me, reminds us that w
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

5.0

紅茶の葉の残りで占うとか誰が思いつくかよ
マルフォイかっこいい

こわいものを笑いにかえる
ってめっちゃいい教育

親世代の絡みが好き
スネイプとの絡みもおもしろい

シリウスとハリーだけヒポグリフ楽
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

5.0

ロンが可愛い
ユーモアセンス
特にウィーズリー家がおもろい

It is our choices Harry that show what we truly are far more than our
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

5.0

フレッドとジョージすら可愛いくみえた。
クリスマスに帰省して、家族いない人たちは寮に残る感じイギリスに留学してあー一緒じゃんってなった。ハリーポッターが大好きすぎてイギリスに決めた留学は、建築とか文化
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

2.6

パリがオードリーヘップバーンを引き立たせ、オードリーヘップバーンがパリを引き立たせ

Empathicalism
Sympathy とEmpathy の説明よかった

オードリーバシバシに踊れるじゃ
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.3

You think if you got no uterus and no breasts you’re still technically a woman?
Sure you are. Yeah
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.0

わんちゃんたちがいいキャラ出してる
おおきいわんちゃん飼いたい

Come on I’ll show you something っていって自分だけの秘密の場所に連れてくのやりたいしやられたいけどある
>>続きを読む

ラスト・サマー ~この夏の先に~(2019年製作の映画)

2.6

恋の始まりのメッセージのやり取りがリアルで共感できた
照れてうれしいとペロペロ舐めるのまじわかる
高校卒業したあとの春休み思い出した
みんなバラバラで仲良い人と離れ離れになるの寂しかった

>|