artemisさんの映画レビュー・感想・評価

artemis

artemis

映画(148)
ドラマ(1)
アニメ(0)

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.9

大自然の美しさに泣けました。綺麗で泣くって今まで無かったかも...。クラゲの光る闇夜にクジラがジャンプしたり、嵐の夜の翌日に穏やかな朝が待っていたり、とにかく心が癒されました。

沈没船から漂流したパ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

ホラーなのに感動できる珍しい映画!
車掌さんの自分勝手さは引くレベルでした....
ゾンビの演技すごいな...

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.8

なんで今まで観なかったのだろう...
最後の結末予想だにしてなかった。中盤怖すぎての観進めるのを躊躇した。
ディストピアとユートピア、美しさと醜さを同時に感じる最高のSFホラー映画。視覚的にも美しいの
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

5.0

視聴2、3回目。CGがとにかく素晴らしいと思う。ナヴィ族達の生活の美しさ、神聖さが完全に表現されている。パンドラの世界観がとても素敵。私もナヴィのひとりとなってこの世界で過ごしたいと思ってしまう。
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

4.8

視聴3、4回目。何度観ても好きな映画。
初潮と同時に体に異常な変化が起こり始める。とても良いとは呼べない生活へと堕ちていく様子が暗く美しい映像で魅せられる。ジャンナの快楽主義と美貌がとても魅力的なキャ
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.2

500日間の中で行ったり来たりするから、同じ場所でも2人の関係性が全く違ったりして面白い。笑えます。でもサニーのやっていることには共感できないな...ちょっと酷い。最後にオータムとの恋が始まっていくの>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.7

物語として面白い!予知夢から始まって、死ぬはずの運命から逃れるなんてストーリーどうしたら思いつくのか...
死ぬだろうと思いながら見ているから、全てが死の前兆に見えてきてしまう。最後のシーンは、殺され
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ2(2010年製作の映画)

3.3

穏やかな日常が徐々に歪み、崩れていく様子が見ていて不気味でした。最後も怖いなあ...監視カメラからの視点が多いというのが新鮮でした!

レック(2007年製作の映画)

3.4

建物に閉じ込められてからのカオス加減が尋常じゃない!人間のパニックぶりと最悪な状況にまさに地獄を見ているような感覚に陥りました。終盤にかけてどんどん視覚情報が少なくなっていくのが怖かったです。最後の部>>続きを読む

君の視線が止まる先に(2020年製作の映画)

2.8

設定が少女漫画ファンタジー!って感じだけれど純粋に楽しめました。でももうちょっと尺があってもよかったかも?

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.3

なんだかんだ言って二人は特別だったんだな〜
ラストの展開は衝撃的だけど、前を向いていけたみたいでよかった、

Life線上の僕ら ディレクターズカット版(2020年製作の映画)

4.3

最初の出会い方面白!結ばれるスピード早!と思いましたが、結ばれてからの苦悩がひしひしと伝わってきて、そこが伝えたかった作品なんだと思いました。世の中の普通を必死に演じて自分を押し殺してしまった主人公の>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

友達と鑑賞!もどかしすぎる二人の関係にずっと唸っていました。人生タイミングが本当に大切なんだなと思いました。好きな人には相手も好意を寄せてると気づいた瞬間に想いを伝えるべきだと思います。でももしそれが>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

自分の個性、異性との関係などに悩む青春真っ只中の男の子の映画!この旅の経験を経て、成長したなーと感じる
ダニエルの美少年ぶりに恍惚とする

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.8

心を抉られるような話だった。偏見に満ちた目が気持ち悪く、これが日本人の一般的な考えなのだとしたら息苦しくてたまらないと思った。自分が好きになった相手を思っているだけで非難され、自分のセクシュアリティー>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.6

いい人しかいない...😭と思った映画でした。家庭環境は複雑ですが、優子の幸せをみんなが一番に考えていて、良い人たちに恵まれたんだなあと思います。

インテリア、洋服のカラフルさにセンスが光っているなと
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

3.4

アニメーションから実写に変わる映画というのが新鮮でした!また、現代社会にプリンセスがいる状況もなかなかにカオスで面白かったです。結末も従来の王道ストーリーでは考えられないようなものになっていて、この物>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

2.9

心温まる!大人の世界にはない、子供たちだけの素直な空間が心地良かった。イギリスの風景が素敵!

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

2.9

バラバラの出来事のようでつながっている系ストーリー。愛する人には気持ちをちゃんと伝えるべきだと思った。邦画のラブストーリーは見てて恥ずかしくなるときがある…(^_^;)

自殺サークル(2002年製作の映画)

2.9

ナポリタンみたいな色の血だけど、それでも気持ち悪くなるグロさ!久々の気持ち。なんかこれ見ると、現代の社会は荒んでいてどーたらこーたらって今だけじゃなくていつものことなんだなーってちょっと思いました。み>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

3.5

ユニークで心優しい人。自分の危険を顧みず、愛する人のためだけに行動できる人。心が温かくなるファンタジーでした。

堕ちた果実(2020年製作の映画)

3.4

青春のほんのひととき。仲間と一緒にいれば最強だと思える反面、一人ではなにもできない未熟さ。自分の体を大事にするよりも今を楽しめればそれでいいという気持ちがひしひしと伝わってくる。ラストは自分の非力さ、>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.0

自分とはかけ離れた世界に思える。主人公が同い年だし、アマに至っては年下なんて...すごいなあ
痛みで生きていることを実感するのは自傷行為でもあるのかなと思いましたが、それで死なずにやっていけるなら全然
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.0

美しい自然と音楽が印象的な映画でした。当時の同性愛の難しさが肌で感じられました。自分を偽った人生を歩まざるを得ないのは辛い。愛することに性別なんて関係ないということが当たり前の世界になればいいのに。

子宮に沈める(2013年製作の映画)

3.2

面白い映画とか綺麗な映画とかそういうんじゃなくて、ただ事実がそこにあってそれをみんなが見なければいけないような気がした。ひとり親になってからの多忙さに、母親としての責任から逃れたくなってしまったのだと>>続きを読む

ライチ☆光クラブ(2016年製作の映画)

3.6

かなり良い!厨二病感は満載だけど、その人たちの信じるいきすぎた美学を見るのが面白かったです。演技はちょっと棒読み感あるとことか、色々面白かった。ゼラとジャイボのシーンは上手で見惚れた。綺麗。
グロさ要
>>続きを読む

恋人たちのパレード(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

良すぎる...!!!サーカスならではの美しく残酷な世界がとても魅力的でした。ショーに出ていた人は本物の曲芸師なのか、可憐な動きに目を奪われました。一昔前のレトロな雰囲気のサーカスというところが本当に私>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

2.7

登場人物が多い系映画で混乱してしまいました…そして寝てしまいました…でもこんなことが起こったら怖すぎる。悪魔によるポルターガイスト現象が不気味!憑依された女の子の演技も上手すぎました

BULLY ブリー(2002年製作の映画)

3.3

ただの悪ノリではなくて、ちゃんと理由がある殺人。恨まれてしまう行動をしてしまったボビー。恨みからくる殺人でも、人殺しは絶対悪と思っていたのですが、マーティが報われなさすぎて悲しくなりました。
でも最後
>>続きを読む

エバーラスティング 時をさまようタック(2002年製作の映画)

3.5

タック家の住む場所がまるでユートピアで、本当羨ましい...。
こういう現実離れした自然で溢れたところに行きたいし、住みたいなあと思います。 
主人公の決断は自分的にどっちでも素敵な物語になったと思いま
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.7

白鳥のように純粋潔白なニナがバレエの世界に呑まれていく感覚、堕ちていく演技に心惹かれました。ナタリーポートマンの肉体美と可憐なダンスに目が離せませんでした。自傷行為と、人以外の生き物に変身していく表現>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

2.5

当時のホラー映画としては前衛的な映像だということは間違いないと思うが、内容がう〜んという感じでした^^;バレエも、古典的な学校の建築も好きなんですけどね。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.0

古典作品かと思いきや、現代版ロミジュリか〜普通に古典的な方を見たかった思いもあります。愛に死にゆく二人の姿が美しかったです。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.8

途方もない孤独の果てでも、一歩ずつ確実に生きる方法を見つけていく主人公がすごいと思った。宇宙空間の恐ろしさが身に染みた。
けれどこの主人公が成し遂げたことは、宇宙空間でなく地球に住む人々全員が見習うべ
>>続きを読む