きたはらさんの映画レビュー・感想・評価

きたはら

きたはら

シンプルでテキトーなレビューします

映画(105)
ドラマ(0)

天気の子(2019年製作の映画)

4.4

環境、児童、歴史、生活難、治安、恋愛、自分のやりたい事など、様々なメッセージがギュッと詰め込まれていた。

帆高と須賀の対比による愛の描き方も秀逸。

子供がみても分かりづらいかも。

私個人としては
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

4.2

人間の欲望と、曲がった隣人愛。

最後5分は秀逸。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.1

で?

結果友情?
命?

何を伝えたかったかがわからなかった。

火花(2017年製作の映画)

4.0

不器用な生き方。
器用な生き方。


最後の浅草キッドは秀逸。
原作とは違う楽しみ方ができた。

ペット(2016年製作の映画)

3.3

ふつうに面白い

主人公二人の日本語吹き替えがバナナマンなのが良い

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.9

人の弱くて脆い、強くて頑丈な繋がりを描くのが本当にうまい。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.5

短いながらも濃い。
雨が好きになる。

新宿御苑大好き。

何者(2016年製作の映画)

4.2

小説をどう表現するかが気になっていたが、若干違うアプローチだが、それをうまく表現されており面白かった。

2010年代に見るべき映画。
今だからこそ共感できる。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.0

展開としてはありきたりで面白いが、内容が薄い。ルーキーズとか好きな人は好きかも。

心のつながり方は学べたかも

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

細いようで太い家族の絆。しかしそれは絶妙なバランスで引っ張り合っており、些細なことで切れて時しまう。

現代に隠れている貧困層を描きつつも、家族とは何かを問いかける素晴らしい映画。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.9

シンギュラリティについて考えさせられる映画。

恐ろしさ、不思議さを描いている。
ある一つの可能性だろう。

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

グロくて、窪田くん?の演技がすごいだけにしか感じれなかった、、

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

4.1

時間が短いのにキチンとオチまで進めて、面白いのがすごい

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.0

1との兼ね合いが面白い。

レトロフューチャーも今となっては過去だからなお面白い。

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.1

昔は面白いと感じていたんだけど、今回はイマイチ

歳をとったのか、、

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

新手のホラー

人種差別を軸としたホラー

恐怖は連鎖していく。

サグラダ・ファミリア ガウディ、創造の神秘(2012年製作の映画)

3.4

ドキュメンタリームービーを久しぶりに見たけどなかなか面白かったなー

主に現代にフィーチャーして、それの補足で過去って感じだったかな!

現代の職人たちのパッションを感じる事ができた

次関連作品をみ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

これを一度で理解できる人はすごい。

三度目の殺人の意味。

また殺人とは性格の悪さは関係ない事。
最近起きたひきこもりの息子を殺めてしまった父親のニュースを思い出しました。

ゴジラ(1984年製作の映画)

3.6

時代背景に合わせ、冷戦を取り上げていたのはおもろい

けど第1作目の方が心にくるものがあったなぁ〜。やっぱり戦後まもない頃の核兵器へのアンチテーゼは今では作れないだろうね

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.4

シンプルにストーリー面白いし、ピカチュウもミューツーも大好き。

清須会議(2013年製作の映画)

3.9

歴史の流れをある程度知っている私からすればすごく面白かったが、知らないとあれ?あれ?何のこと?となりそう。

一度軽く流れだけ復習するのをオススメする、

ゴジラ(1954年製作の映画)

4.3

メッセージ性が強い。
演技はそうでもない。そりゃそうだろう。戦後9年だから。
その分より愛国心を感じるし、逃げ惑うシーンもリアル。

外せないのが撮影技術。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.7

毎回思うのは、このシリーズは「人の思い」に対するアプローチが素晴らしい。

ただの殺人映画の何倍も面白い。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

報道(メディア)とはなぜ存在するかを語りかける映画。

やり過ぎかなとも思うが、事実なのでこれがメディアがするべきこと。今のマスメディアは力をなくし、グレーなところには触れないようにしている。

終わ
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この映画の命題は、マスメディアの愚かさ。

>|