アトユキさんの映画レビュー・感想・評価

アトユキ

アトユキ

2017年下半期から始めましたが星を付けることが馴染めなくて。

映画(56)
ドラマ(0)

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.0

前日譚に名作は無いのか!?
『悪魔のいけにえ』は大傑作なのにー!
無理矢理後付けするならば、もうちょっといろいろ考えたらいいのになぁ。
キービジュアルの子豚マスクの少年はユーモラスで可愛くて不気味でい
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.8

字幕と吹替えで一度ずつ鑑賞。
大好きなシリーズの終焉という感傷的な要素を自分の中から消すことは出来ないので、ありがとうという気持ち。
また一方では首を傾げるような箇所も多少あった。
いいじゃないか、あ
>>続きを読む

ヒストリー・オブ・バイオレンス(2005年製作の映画)

2.5

最初のシークエンスでグッと掴んでくるよなぁ。なんだかヴィゴが高倉健に思えてくる、そんな映画でした。走って帰るんだ!?その状況で!?そしてその走り方👀

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.0

いやぁ楽しかった😊潜水艦、特殊部隊、ロシアとアメリカ、こういうの好きですねん。Yeah!!みたいなやつ。リンダ・カーデリーニもいた。ミカエル・ニクヴィストもう見られないのか。残念でならない。

荒野にて(2017年製作の映画)

2.9

Fan's voice招待でGAGA試写室にて。
美しい馬と少年のお話〜!と思ったら違った。いや、違わないけど思ってたのとは違った。
目の前を駆け抜けてゆくサラブレッドの蹄の音、それに心を奪われる瞬間
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

4.0

チネチッタで字幕版を。
本当の子供の声って魔法が宿ってる😆✨ずっと楽しんで見ているのに最後泣きたくなるのはどういう感情なのかな。実際泣いてしまった。でも笑顔も湧き上がる。いい映画😊 Everythin
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.5

これは素晴らしい。映画の力を信じているからこそ、今この時代にこの作品を撮ったんだな。ユーモアに包んで届く強いメッセージにグッとくる。
俳優もみな個性的で良い。ポール・ウォルター・ハウザーやアシュリー・
>>続きを読む

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

1.8

胸の痛む内容。とてもつらい。二度と見ない。でも見ておいてよかったとは思う。

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

3.5

ニコラス・ケイジのリメイク版しか知らなかったのでオリジナル版を見てみました。88分版。
牧歌的で大らかな信仰を見下して駆逐しようとするキリスト教的な視線をうまく描いているし、とても面白かった。アリ・ア
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

ヴェノムの最後に少し映像が出てきたときには(なんだか処理落ちしてるような絵だな)と思いましたが、そういう印象はほとんど無くなっていて良かったです。涙ぐむ演出もあり、爽やかな良作。
しかし事前に見た人た
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

悲しさの中の可笑しさや、笑いの中の残酷さ、そういった豊かな味わいの楽しい映画でした。
また衣装やエンドクレジットの文字の配置まで美しく奇妙で個性的。
何もかもを監督の色で強く装飾しまとめあげる熱量を感
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.0

普通の恋人たちの日常に差別や冤罪があり、劇的ではなく文学的な展開。美しく静かに胸を打つ。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

1.0

Netflixで視聴。全然好きじゃない。私向きじゃなかった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.8

ギリシャ神話の理不尽な神の仕打ちを思わせるよなぁと見ていると、わかりやすく配置されている娘のイピゲネイア。
なんじゃろ?なんじゃろ?と思いながら最後までひきこまれ、終わってからもしばらく(なんだったん
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

2.0

残念ながら途中でどういう話か分かってしまって楽しめなかった。

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.3

試写会にて。
期待してなかったのでとても楽しめた。もっとエログロ下品なB級を想像してましたが上質。
ホテルに居合わせた人々の背景が明かされていく方式の物語ですが、その時代背景もポイント。
こういう作品
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.0

Netflixで「ロマンティックじゃない?」を観た。全米ボックスオフィスにランクインしてる映画がNetflixに!?とびっくりして見てしまった。
ロマコメをメタに笑わせると見せつつちゃんとロマコメ。真
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.0

様々な問題を抱えるティーンエイジャーのためのグループホーム。同じ経験をしている相手には心を開きやすいというのはあまり好きじゃないんだけど、傷は簡単には癒えないから支えあうのだね。

幸せの教室(2011年製作の映画)

2.1

魅力的な登場人物だらけなのにこんなにヒロインを愛せないのも珍しい。でも仕方ない。真のヒロインは監督主演のトム・ハンクス。そういうロマコメ。‬

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.0

ドグマ95みたいな撮り方。長女の見た映画がよく分かるのがとてもおかしかった。
好きか嫌いかと言えばあまり好きではない。
核家族ヴィレッジ。
しかし忘れ得ぬダンスシーン。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリーとしてとてもよく出来ていたと思う。
才能を伸ばすために家族と離れて暮らすのは綱渡りだなぁ。どの世界でも、その寂しさを健気に耐えていた子どもの心を踏みにじるのが結局家族であったりね。だけ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

賛否両論というかそこそこ問題になったみたいな前評判を目に耳にしていましたが、いやいや面白いじゃん!とても楽しかったです。

ロブスター(2015年製作の映画)

3.5

俳優陣が初めて見るような顔を見せてくれる作品はそれだけで面白い。監督のヴィジョンが強いのだろう。
グロテスクなユーモアの綱渡りには馴染みがある。ヴィジュアルバムとか。

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

1.0

えええええ?
ミシェル・ロドリゲスが性転換されてしまう元男性という設定を聞いた時には面白そうだと思ったんだけどなぁ。
しかしシガニーウィーバーは仕事選ばないですねー

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

2.9

歌は圧巻。さすが。
しかしカットの繋ぎや流れがイマイチ。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

昨日アカデミー賞4冠👑👑👑👑記念にチネチッタに行ってきた。シンクロナイズドマイアミウェンブリーLIVEZOUND応援上映。好きすぎて評価するとかもう無理。でも13回見てもまだ面白かったし泣いた。おめで>>続きを読む

>|