atsushiさんの映画レビュー・感想・評価

atsushi

atsushi

備忘録として。駄文お許し下さい。 皆さんのレビュー大変参考になります。点数はその時の自己満足で。

映画(288)
ドラマ(0)

家族(1970年製作の映画)

3.8

倍賞千恵子主演 "民子三部作"  1970年、大阪万博の年、長崎で暮らす精一家族が、人生の転機と一心発起、酪農家になるため北海道に向かうロードムービー。無謀と感じながらも夫、精一と行動を共にする民子。>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

4.0

サーカスのバイク曲芸のスター"ハンサム·ルーク"(ゴズリング) 彼は家族との幸せな生活を夢見て旅から旅のサーカスを辞めるが、金欲しさに銀行強盗に手を染める。孤独で幸薄い彼とは対象的に街のヒーローとなり>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.2

15歳のマイケルと36歳のハンナ。男と女のひと夏の関係から始まる重厚で見応えのある物語。人には知られたくない秘密を隠すためについた彼女の噓が人生を変える。愁いのある大人の女の色気、純粋で可愛いハンナを>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

ジェームズとブリグズビーを見守るすべての人々の優しさに溢れた温かい気持ちになれる作品。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

ハワイを舞台に悲しくも笑えるラブストーリーのリメイク。記憶喪失という重いテーマを違った視点から見る事で考えを転換し笑いで包みこんだ良作。福田監督の笑いのさじ加減がちょうど良く爽快な物語に仕上がったと思>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

アムステルダム発パリ行き。この列車で起こる惨劇に冷静に立ち向かった3人の実話。スペンサー、アレク、アンソニー、この3人が出会い、それまで経験してきた事、この列車にのり合わせた事すべてが運命的であり、そ>>続きを読む

カメラが捉えたキューバ(2017年製作の映画)

4.2

キューバを40年もの間撮影し続けた、アメリカのジャーナリストによるドキュメント。カストロに気に入られニューヨークに向かう飛行機に同行までした彼のライフワーク。革命政権下のキューバの内情。貧しいながらも>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

第2次大戦中、ナチスの幹部、ハイドリヒを暗殺すべくパラシュートでチェコ侵入し戦った決死隊の姿を描く。暗殺を実行すればナチスからの報復は必至。疑問を感じながらも祖国のため任務を遂行する彼等の姿。辛く、悲>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.8

悪夢が現実になる。宇宙からの侵略者。崩壊する町並み。家族と共に逃げ、敵と戦う主人公… 前半は"宇宙戦争"や"クローバーフィールド"などと類似する、SFの王道の筋書きだが、この作品は、途中からそれらとは>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

期待控えめで見たが、かなり笑えた。万人に愛され楽しい気持ちになれる良作。

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.2

妻の死を期に、75歳でゲイとして第2の人生を歩みだすハル。女性として愛されない母親を見ながら育ち、恋愛に臆病なオリヴァー。彼は、ハルの死後、自分と波長の似た美しき女優アナと出会い互いに惹かれあうが彼女>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.2

1984年イギリスの北部の炭鉱の町。父、兄、祖母と4 人で暮らすビリーは、女の子ばかりのバレエ教室で踊ったことをきっかけに、踊る喜びに目覚める。彼の才能に気づいたバレエ教師は、ビリーにロイヤルバレエ学>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

前作ローグネイションで逮捕された巨大組織"シンジケート"のボス、"ソロモンレーン"。彼の意志を継ぐ残党が小型原爆によるテロを目論む。謎の人物ジョンラークとは?息もつかせぬカーアクション、バイクアクショ>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.8

泣ける人情劇だった。仙台藩吉岡宿という宿場町での本当にあった話。税に苦しむ町の人々を救うため菅原屋(瑛太)は千両(3億円)殿様に貸し、得た利息を町のために使う事を考える。感銘を受けた穀田屋(阿部)は、>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

花菱の花田(ピエール)の小さな火遊びは大火事へと発展する。発火した大友(武)の暴走は誰にも止められない。塩見、西田、大杉そして武と人生の円熟期を迎えた俳優陣の演技に魅了される。

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.8

新会長加藤(三浦)の転落劇。大友の存在に慌てふためく石原(加瀬)前作は椎名桔平、本作は加瀬亮とシュールでクールな殺しのシーンが印象深い。

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.8

ケジメはキッチリ着けるヤクザの世界。殺られたら殺りかえす暴力の無限ループ。昔ながらの泥臭い抗争劇を俯瞰し最後に笑う者は…
個性派俳優陣の死に様が見もの。本能のまま生きる男達の群像。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

冷戦は続いている…ロシアのスパイ学校。国家のため育てられた"スパロー"たち。彼女(彼)達は人の"欲望"を速やかに察知し相手を操り任務を遂行する。華やかな人生を歩んでいたドミニク(ジェニファーローレンス>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

1967年デトロイト。"アルジェモーテル事件"。街での迫害された黒人による暴動の最中、黒人がオモチャの銃を白人警官隊に向け撃つた事が発端。モーテルに踏み込んだ警官の人権無視の横暴。ビグローのリアルな映>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.5

目くるめくアクション。突き抜けるファルコン号。旧3部作のワクワクする空気を劇場で味わえ満足。何も考えず純粋に若き日のハンソロの活躍を楽しめた。謎のラストはネタバレサイトで納得。続編希望!!

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

人との関係性は変わる。妻(深津)との関係が冷めきっていて、妻の死に涙が流れない幸夫(本木)の気持ちは変えることは出来ず、薄情だと攻める事は出来ない。彼と対照的な遺族、陽一(竹原)。妻の留守電の声を繰り>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.0

度々夢の中に登場する魅力的な女性。若き作家カルヴィンは彼女の事をタイプライターで書き始める。思いが募り続けるある日、彼女は、現実世界で突然、彼の目の前に現れる…タイトルが良い。彼女の名前 ''ルビー·>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.5

性転換手術。股間に残った怒りの1インチ。堂々と公言し、激しくシャウトしまくるヘドウィグが熱い。 愛の起源と3つの愛。人間はもともと背中合わせの一体。引き裂かれた半身を求め探し続ける…彼女が劇中愛につい>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

闇の世界から抜け出せない"ジョンウィック"2作目。静かな暮らしを求める彼だが誓印の効力で再び殺しの世界へ戻るハメに…追って、追われてのシンプルなストーリーながら、迫り来る無数の敵に立ち向かう、細身のス>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

記憶を題材とした異色ラブストーリー。二人の出会い。何処かで会ったような…2回続けて見ると楽しい。自由奔放なクレメンタインを演じるケイトウィンスレットの仕草がかわいい。思い直し、自分の意思に従おうとあが>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.5

失恋したショックから不眠症になった美大生ベン。画家志望。時間を有効に使う為、深夜スーパーで働き始める。ある時、時間を止める能力を得る。動きの止まった世界の中で自分1人だけの膨大な時間…全編ゆるく流れる>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.2

ダムドの軽快なオープニング。70年代、バンクムーブメントの最中のロンドンを舞台にしたSF青春コメディ。ライブの打ち上げに行くつもりが、謎のパーティーに侵入することになる心優しき少年パンクス3人組。その>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.2

話題の2作目。ショッキングな出来事から始まる本作。志を新たにデッドプールは未来から来た敵"ケーブル"に対抗すべく特殊能力を持つ同士を集い新チーム"Xフォース"を結成。このメンバーの能力が、いろんな意味>>続きを読む

メトロマニラ 世界で最も危険な街(2013年製作の映画)

4.2

フィリピンの山村で農業を営むオスカー青年と家族。農業では生計がたたず、マニラ首都圏に出て仕事を探す事を決意する。彼らに降りかかる厳しい現実。危険な警備の職に就き、職場で良きパートナーとめぐり逢うが…知>>続きを読む

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

4.0

シンジュク、歌舞伎町、シブヤ、ブクロ、ムサシノ…さまざまなトライブ "族"の抗争。ほぼ、セリフがラップによるミュージカル?。現役ラッパーや、如何わしく、下品でクセのある役柄を演じる俳優陣が良い。若者が>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.0

心無い噂に全くぶれない千太郎の
徳江に対する真摯な態度に感動する。映し出される風、花、みどりは季節感を感じさせる。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

3代に渡るマヒシュマヒ王国の王位継承問題を描く大河ドラマ後編。3本の矢を射る息の合ったバリとデーヴァセーナが絵になる。国王バラーラデーヴァの憎らしさ。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

巷で話題のインド映画、踊るマハラジャ以来の鑑賞。何も考えず純粋に楽しめる歌と踊りとアクション溢れるエンターテイメント。万人から愛されるバリの魅力、力強さ。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ビンゴのあたりでなんとなく…極力情報を入れないで楽しむ作品。

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

4.2

両親のいないブランカ。ストリートの隅に作られたダンボールとゴミでできた彼女の家。ハートの小窓から外を眺める彼女の姿が愛らしい。盲目のギター弾きピーターとの出会いから始まる物語。路上のベンチにどっしり座>>続きを読む

>|