松尾由美さんの映画レビュー・感想・評価

映画(1118)
ドラマ(48)

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.8

最後の道のシーンが印象に残る。
希望がありそうな感じ。

カンパニー・メン(2010年製作の映画)

3.5

俳優が良い。
ベンアフレックとケビンコスナーて見るしかない。
仕事は何でも大変。
奥さんとマギーのお兄ちゃん(ケビンコスナー)が素晴らしい。
奥さんは失業した旦那を叱りながら支えてたし、お兄ちゃんは嫌
>>続きを読む

インテリア(1978年製作の映画)

3.0

ウディアレンと言われなければ、全く分からない。
インテリアのセンス良かった。
家の目の前が海。
フレデリック(レナータの夫)は、レナータ(長女)に対して劣等感があるけど、それをフリン(三女)にぶつけよ
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.5

90年代らしいコメディだった。
ロビンウィリアムズの女装はすぐ見慣れた。
ホームアローン、ベビーシッターアドベンチャーと同じ監督。

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.5

ホラーと構えて見たけど、最後まで見れた。
むしろ面白かった。
そして最後まで気付かなかった。
シンプルな話しでどんでん返しは好きだと思った。
久々にもう少し長く見たいと思える映画だった。
1111作目

じゃりン子チエ(1981年製作の映画)

2.0

アニメ放送前に映画が作られた。
映画はアニメの1話から10話の話し。
声優もチエちゃんとテツとミツル以外は違う。
声優って改めて大事だと思った。
声が良かったら見る気になる。
映画版のマサルの声が最初
>>続きを読む

余命90分の男(2014年製作の映画)

3.2

ロビンウィリアムズがずっと怒ってた。
息子を亡くしたことを受け入れることができない。
怒ることで心を守ってるというセリフが何かグッときた。
ロビンウィリアムズは笑った顔が好きだと思った。
笑ってないと
>>続きを読む

疾風スプリンター(2015年製作の映画)

4.0

面白かった。
ロードレース迫力があった。
落下した石を避けるシーンは落ちないか怖かった。
山道での坂道にブレーキきかなかったらと思うとゾッとした。
この手の映画に恋愛要素が多くなるのが苦手だと気付いた
>>続きを読む

大鹿村騒動記(2011年製作の映画)

4.0

大鹿村も大鹿歌舞伎も実在するんだと、エンドロールで知った。
300年前から続いていて、芝居小屋も立派だった。
長野県の山間部の村で、風景がきれいだった。
川のせせらぎに癒された。
友達と駆け落ちした奥
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.0

カトリック、ヒンズー、イスラム教織り交ぜてた。
トラの話しが本当ではなくて人間の話しが真実かもしれないとも思った。
普通の漂流ものかと思ったら、宗教絡んでくる。
トラの話しは寓話なのかもしれない。

フォーカス(2015年製作の映画)

4.5

面白かった!
無意識の刷り込みってすごい。
花の数までこだわってた。
マーゴットロビーきれいだった。
動揺してる時でも獲物は逃がさない。
ジェスは1週間以上狙ってたものが手に入って良かった。
最後も良
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.5

オリーブと家族みんながステージでダンスするシーンは好きだった。
最後まで踊れて良かった。
爺ちゃんが死んでも、遺体は州を越えられないと言われても諦めない。
受付が4分過ぎても、頭を下げてお願いする。
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.5

自分の理想の女性を小説で書いたら、ある日その子が現実の彼女になった。
見えるのは自分だけではない。
他人にも見える。
元カノとは5年付き合った。
お互い誤解したまま別れた。
久々の再会は最終的に言い合
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

3.5

更科六兵衛が出たとき笑った。
北条氏の家臣。
大体でいいから織田信長の周辺の人間関係を知ってから見たほうが面白いと思った。
柴田勝家とお市の方が結婚したというのは、この映画で知った。
演技うまい人達ば
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

2.0

福山雅治は汚い役やっても小綺麗だ。
全く汚くない。
二階堂ふみとの中途半端なしかもスローでのベッドシーンや最後の福山雅治だけのシーン要らないと思う。
滝藤賢一がタックルで攻め込むシーン白けた。
あんな
>>続きを読む

ハンナとその姉妹(1986年製作の映画)

3.5

ハンナ(長女)の元旦那ウディアレンとホリー(次女)が何年か後に結婚するのも、
長女の旦那がリー(三女)に手出すのも、身内過ぎるし、思い留まらなのすごいと思った。
しっかりした女性を疎ましく思う男とは別
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

5.0

3人全員が言ってることが違う。
誰が嘘を付いてるかは分からない。
全員嘘かもしれない。
下人が言う通り、みんな自分が正しいと思っている。
身を守るための嘘を付いている
螺鈿の短刀を盗んだのかもしれない
>>続きを読む

地球は女で回ってる(1997年製作の映画)

3.3

自分で書いた小説の登場人物が出て来る。
現実の人、架空の人とたくさん出てくる。
展開が早いから追いつけないところがあった。
一回であのペースについていける人はすごい。
ロビンウィリアムズはずっとピンボ
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

4.5

楽しい映画だった。
ダンスシーンは見てて本当に楽しくなった。
音楽もいい。
禁止されると反動で色々やると思う。
自分たちは子供のとき散々やったのに、子供達には善人に育てようとする。
本を燃やす。
これ
>>続きを読む

寝ずの番(2006年製作の映画)

5.0

面白かった。
外が見たいと言ってるのに聞き間違い。
不謹慎だけど最初から笑ってしまった。
寝ずの番の弟子達の話しが面白い。
三味線に少し興味を持った。
下ネタ下品な話しのはずなのに、三味線入ると芸にな
>>続きを読む

ブルー・イン・ザ・フェイス(1995年製作の映画)

3.5

タバコ屋に集まる常連。
あんな店だと居心地良さそう。
マドンナ出てきたけど若かった。
タバコ屋が時代遅れだから健康食品の店にする。
ブルックリンの隣町では12歳の子が運動靴のために撃ち合う。
店を閉め
>>続きを読む

ファンタスティック・フォー:銀河の危機(2007年製作の映画)

3.5

前作より今作が面白かった。
ビクターは予想通り生きてた。
シルバーサーファーがめちゃかっこいい。
どういう経緯でギャラクタスに従ったのか、スーに似た彼女とのエピソードとか、映画で見てみたいと思った。
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

5.0

眺めだけど、中だるみすることなく見れた。
丹波哲郎の演技や佇まいが渋い。
差別、偏見はしてはいけないけど、無意識にやってると思う事を考えさせられた。
三木謙一のような人ばかりではない。
宿命の音楽での
>>続きを読む

茄子 スーツケースの渡り鳥(2009年製作の映画)

4.5

こっちも面白かった!
アンダルシアは乾燥してるの伝わったし、日本は湿気が多いなというのが分かる。
雨にうたれるところは、びしょ濡れなんだと伝わってきた。
雨での坂道を走るところは、迫力あった。
茄子の
>>続きを読む

ファンタスティック・フォー [超能力ユニット](2005年製作の映画)

3.4

キャプテンが出てたことがびっくり。
しばらく気付かずにそのまま見てた。
マーベルなのに被っていいのか?と思ったけど、キャプテンアメリカはMCU、ファンタスティックフォーはフォックスだった。
てかアベン
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

4.0

面白かった!
ほぼ全編自転車レース。
ゴール近くの追い込みシーンは、見ててワクワクした。
赤ワインと茄子漬けで乾杯。
ビール飲む奴はつまみ出せ。
ベルギーのビール会社がぺぺのチームのスポンサー。
エン
>>続きを読む

中国の鳥人(1998年製作の映画)

3.3

話しにあまりはまれなかったが、
中国雲南省の山の景色がきれいだった。
走行中に車のドアが外れたのうけた。
そのドアをはめずに置いていった。
盗まれないから大丈夫。
そういう理由かい。
最初らへんに少し
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

5.0

面白かった。
初めて見る種類の映画だった。
ハンヒョジュきれい。
ファンタジーだけど、すごく考えさせられた。
もし毎朝全くの別人に生まれ変わったら、起きるのが怖い。鏡を見るのも怖い。
好きな相手は見つ
>>続きを読む

点と線(1958年製作の映画)

3.7

時刻表を使いこなしたトリック。
空白の4分間を利用。
ずっと時刻表眺めて、想像力を働かせてる人が考えついた。
香椎駅出てきたけど、昔はあんなだったんだ。
電車の中でタバコ吸ってた。
昔は禁煙車なかった
>>続きを読む

さざなみ(2015年製作の映画)

3.8

夫が妻に話したことは全てではなかった。
隠してたことを妻が見つけた。
割とあっさり見つかった。
前の彼女と過ごした日記や写真を見ても、何もいいことはない。
知らなくていいことだと思う。
知っていい気分
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

2.3

鳥人間コンテストは好きだから観てみた。
ゆきな(土屋太鳳)と坂場(間宮祥太郎)の口喧嘩のシーンが多くてうるさかった。
会話が聞き取りづらい。
口喧嘩シーンうざいし飽きてきたから、早送りしたくなった。
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.0

レベッカ役の女優、マリーナ ワイズマンがめちゃめちゃ可愛い。
厚い唇がとても良い。
猫には9つの命がある。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.8

アンチエイジングの真逆な話。
白髪を見つけた時の顔は、普通の人がシワが消えたときと同じような顔だと思った。
設定も好きだった。
あることをきっかけに29歳から年を取らない。
このままずっと年取れないの
>>続きを読む

>|