いつみさんの映画レビュー・感想・評価

いつみ

いつみ

ハッピーエンド万歳!

映画(311)
ドラマ(0)

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

今後「超ド級エンターテイメント」的な安い謳い文句はこのレベルの作品にだけ使ってほしい。この時代に求められている価値観とエンターテイメントの質が見事に両立した傑作。王道だけど都合の良いストーリーではなく>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

辛くて泣けて仕方ない。誰も間違ってないのがまた辛い。子役みんな上手かった。わたしもああなるだろうなー。東野圭吾らしい話。『変身』を思い出した。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.2

最初から最後まであんまり好きくない
くんちゃんの寝姿はかわいい

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ポケモンのかわいさを楽しむジェットコースター映画。ピカチュウの声おじさんすぎとか言ってごめんな(^.^)

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.4

まったく共感できないし、朝子は一番無理なタイプだけど、見れば見るほど本当に凄い映画。え?っていう演出が、違和感なくサラっと繋がって、点と点が重なって波みたいに押し寄せて、気付いたらもうどこにも戻れない>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.5

美しい夢が飛行機と人の命ともに空に消えていった堀越二郎の人生と、空に憧れて駆けていった少女を歌ったひこうき雲が重なる。悲しいのに、最初から最後まで余韻の中にいた。風立ちぬ、いざ生きめやも。想像の何倍も>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

奥深い映画だなーーむずかしかった。宗教のメタファー。父殺しは通過儀礼?結局男だけが排除されたのも興味深い。ホラーは苦手だけど、驚かされるというよりは、恐ろしさと美しさが両立したセンセーショナルな画に震>>続きを読む

アマチュアズ(2018年製作の映画)

3.8

ストーリーが進むにつれて、幻想の下の本物のスウェーデンの痛みや現実が顔を出してきてヒリヒリした。ふたりの声が、スウェーデンだけじゃなくて、世界に向けて、見て見ぬ振りをしたくなるような答えづらい問題を投>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.2

前半ちょっと退屈だったけど、映像や世界観が綺麗で最後まで追っていったら、思わぬ感動が待っていた、という感じ。一本の映画として見れば、特に大きな何かが起こるわけじゃないけど、だからこそ優しくてリアルだっ>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.3

オードリーヘップバーンも映像も街も音楽もファッションも眼差しも、一瞬一瞬が美しすぎる〜交わる視線と微笑みが完璧

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

評価されるのも批判されるのもわかるし、とてもセンシティブなテーマだけど、わたしは本当にいい映画だと思った。響いた。マハーシャラ・アリは天才だ。ゴールデングローブ賞のViggoのルームスピーチもすごくよ>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.1

見てよかったな。なんてことは起きない、登場人物も少ない寡黙な映画だけど、沁みる。だからクリント・イーストウッドが好きなんだ〜と改めて実感する😭

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

3.4

まさかのここまで来てストリートファイト?!その終わり方でいいの?!いつもと全く同じ構成でテイストが変わりまくった結果、ドラマはあれど見たかったロッキーではないな!胸糞わるめ!あと最後らへん、打つフリ?>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.6

よくこんなに全く同じ構成で同じ展開の話を毎回熱く作れるな〜と感心するし、やっぱり4作目でもわくわくしちゃう。アポロ😭これまでの試合の中で一番好きかも!アポロのトレーナーだった人のシャウト毎回好き!

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.6

印象的なシーンはいくつもあったけど、あくまでもフラットで淡々とした、サラッとした映画。終わりのない闘い、どれだけ大事に思っても苦しんでも願っても家族に自分に裏切られるやるせなさ。わかるんだけどやっぱり>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

シンガポールに行きたくなる〜!リッチ具合を見てるだけで楽しい。ん?ってとこはあるけどハッピーな映画。あんな王子様いるのかよ!主演の男の人友達のドッペルゲンガーかと思った

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

凄まじいな、Queen。映画そのものというより、Queenの凄さに参ってしまって、大ファンなわけでもそんなに知っているわけでもないのに涙が止まらなかった。めちゃ興奮した

ロッキー2(1979年製作の映画)

4.0

懐が広くて愛に生き祈るロッキーかっこいいぜ〜!9割殴られてて見るの辛かったけど、そうだロッキーは、最強なわけでも必殺技があるわけでもなく、ただ最後まで愛のためにリングの上に立ち続ける最高の男だったんだ>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.9

熱血ボクシング物語だと思ってたら、試合はラストくらいで、もっといろんなものが詰まってる映画だった。愛だァ。英語わかんないけど。映像も音楽もめちゃくちゃかっこいいー!和解のシーンが好きだ

もののけ姫(1997年製作の映画)

3.7

20年も前のこの作品が、遠い国で、ほぼ満席の中上映され、そして終了後拍手が湧き上がったことに、すごくすごく感動した。子どもの頃何度も見てたけど、あの頃はどんな感想を持ってたんだろう。大人になってちゃん>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.1

はじめてちゃんとガガ様の歌を聞いた。歌声の迫力だけで泣かされたのは初めてで、これまで知らなかった分、それだけで見た甲斐があった(個人的にはそれだけです)

紅の豚(1992年製作の映画)

4.2

はじめてちゃんと見た。想像以上にかっこよくて、深い話だった。ジーナ美しいし、色彩も音楽も、全部が沁み入るかっこよさ!

グリンチ(2018年製作の映画)

3.3

海外で初めて一人映画に挑戦したら、間違えてスウェーデン語の回でちんぷんかんぷんだったという思い出の一作☺️ほっこりだった☺️本気のクリスマスだけでドキドキしちゃうな〜!流石の映像で内容も超キュート!

Evil(英題)(2003年製作の映画)

3.1

音楽や構図、演出がめっちゃキマってて主人公もいい顔してそこは好きだけど、胸糞わるすぎてもう見られない

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

グロいし怖いしトラウマになりそうだけど、それくらいリアルに作り込まれた圧倒的な世界観とクオリティに打ちのめされた。SFでもあるけれど、かなりの社会批判と、コンプレックスにまみれた人間の話でもある。自分>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.2

突っ込みどころは確かに満載で、展開や設定はありがちだけど、ホラーやスリラーという枠組みではなくて、家族や現代社会の話として見ると、すごくよくできた脚本だな〜と思った

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.0

初めてのラピュタを、初めて海外の名画座で見た記念すべき日。字幕でも音声でも、国境を超えてみんなが一緒に笑って心震わせられること、日本の作品が遠くの果てで愛されていることがすごく嬉しくてじんとした。この>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.7

グロいのは苦手だけど、想像と違ったピュアな純愛でときめいた

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.4

淡々と進むけど温かくて、ちょうどお母さんと離れたばかりだったから泣いちゃった

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.4

今までで一番、死ぬんじゃないかとヒヤヒヤしっぱなしだったけど、安定の面白さ。これまでの目玉アクションを詰め込んだ感じ。2人のヒロインにじーんとした。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

途中までなめてたけど、上がりまくった期待を超えてくる面白さ!すげえ!!!!!

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年製作の映画)

4.0

もうめっちゃくちゃ好き。原作もだいすき。何度見たかわからない。櫻子ちゃんが理子として見出されたの本当に奇跡だ。漫画原作の作品での稀有な成功例だと思う。すき。漫画の最後まで、続きをちゃんと見たい。

>|