baron0824さんの映画レビュー・感想・評価

baron0824

baron0824

映画好きの、映画好きによる、映画好きのための───…

映画(884)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

最高に面白い!映画好きな人同士とか一緒に観てる人達と同じシーンで笑えるってほんと最高だね。何回も観ることによって二度も三度も美味しくなる革命的絶品映画。もっとたくさんの人に観てもらって一緒に語り合いた>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

正直想像していたのとは全然違ったけど、ちょっとほっこりしたりちょっと泣けたりといった描写に関してはありのままの家族のカタチを見れて良かったのかな。現在と過去や未来?を行ったり来たりする構成がどうも好き>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

2.5

結構思った以上にグロかったところは想像を超えてた!個人的に片瀬那奈のゾンビがマックスかな〜そこからはちょこちょこおかしくない?っていうシーンがあったから、あんまりハマらず。。正直最後のクライマックスは>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

オギーはもちろんだけどみんなが主人公として描かれている映画。涙腺ガンガンに刺激されるけど、それぞれ観た人にとっても刺さるものがある。私はお姉ちゃんのストーリーに涙が止まらなかった。この映画は作者が実際>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.0

上手にまとまってる感じはしたけど、可もなく不可もなくっていうところかな。ただあんまりSWらしさはあんまり感じられなかった…キーラが超絶美人!ずっと見ていたい。。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

万引きで生計を立てる家族。万引きだけを切り取ってしまえばそこにあるのは本当に仲の良さそうな家族。実際の家族のカタチなんて当事者だけにしか分からないもの。。物が散乱しお世辞にもきれいとは言えない崩れかけ>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.5

ハリウッドリメイク版は、オリジナルとは全く違う雰囲気を感じさせる。それぞれに良さがあるけど、豪華役者陣が特に秀逸。個人的にマーク・ウォールバーグが嫌な上司だったのにラストがもうね、やってくれます。ネズ>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.5

愛情と注意を払うことは同じなんだね。嫌でしょうがないサクラメントの場所も違う目線で見ることによって愛しいものに感じる。シスターとの会話が自分たちの故郷をふと思い出させてくれる。キャストそれぞれの個性が>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

ケヴィン・スペイシーの降板により、クリストファー・プラマーが代わりとして抜擢され急遽再撮影となった今作。もうそれだけでも、絶対に絶対に観なきゃいけない価値がある。(プラスして助演男優賞にもノミネートさ>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

超絶ハイスピードなストーリーに飲み込まれた。(字幕苦手な人結構厳しいものがあるよこれ。笑)勝つことへの執念や意地など、到底真似できない強さに感嘆。裏側には父娘の物語があるからこそ、リアルな人間性も生ま>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

2.5

びっくりするぐらいあっという間に終わった。安定感と落ち着いて観られるストーリーもたまには悪くないね。シリコンバレーを彷彿とされるオフィスデザインがオシャレすぎて、参考にしようと思った(笑)ロバート・デ>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

1.5

なんだかよく分からないファンタジー?映画を観ているような感じ。学園のばかデカさとバタフライキッスに呆然としちゃった(笑)あ、てっちゃん出てた。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

役者それぞれが実在の人物にそっくり。母親役のアリソン・ジャニーは本当に似てた。鳥までちゃんといるしね(笑)私は全然事件のこと何ひとつ知らなかったけど、あんなヤンキーフィギュアスケーターいてもいいんだ!>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

キラキラとした映像とイタリアの自然豊かな光景に惚れ惚れしてしまう。そしてなんといってもティモシー・シャラメの憂いを帯びた表情と優しい目元が◎。あのエンドロールの素晴らしさ。なかなか味わうことのできない>>続きを読む

男と女(1966年製作の映画)

3.5

フランスの美しい風景をバックに、カラーとモノクロの切り替えがなんともスタイリッシュ。アヌーク・エーメは目鼻立ちの整った超絶美人だし子供達も可愛い。つまり目の保養とはこのこと。一度は耳にしたことのある名>>続きを読む

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

2.5

結果プレデターと人間が仲良くなる映画。閉じ込められてエイリアンに喰われてしまうあのシーンは何度も観ているけど毎回残酷だと思う。。あ、エイリアンはとても歯並びがきれいです(笑)

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

映画っていいなと改めて思わせてくれたこの作品に感謝。どの曲も素晴らしくて頭にずっと流れている。満員御礼の映画館でみんながイキイキした顔で観ていたり、キラキラした涙を流していることの嬉しさ。とりあえずザ>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

メリル・ストリープのトップとしての立場や葛藤。絶妙なバランスで演じ、それを支えるのが仕事人間トム・ハムクス。役者の核となる部分を2人が作り、題材となる政府の機密文書を公表するに至るまでを描く。まさに報>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

本当にこの人は私の大好きなゲイリー・オールドマンなの…?そう思わずにはいられないほどに、全くの別人の姿形にただただ驚いた。(主演男優賞受賞した裏話も考えると純粋に嬉しい)ゲイリーの役としての凄みはもち>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

2.5

漫画にハマり好きになっていつか映画も観ようかなと思ってた。映画は変な意味で心臓ばくばくしたけど、漫画の方がエグさが強いから好き。ゴレンジャイほんとやだ。肉蝮の新井さんは違和感が…

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

5.0

杉咲花がほんとにスゴイ。声は可愛らしいのに演技にはなんというか、ド偉い程の強さや真っ直ぐさを感じる。そのギャップに驚き、彼女の武器はそこにあるんだなと思った。目にいっぱいの涙を溜めて堪えるシーンはもう>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

イライザが言葉を発することができないから、音楽がよりリアルに耳に入ってくる。水と愛のカタチは自由で目には見えないもんね。。ギレルモ監督の世界観爆発でやっぱスゴイ人だなーと思った。(ただ相変わらずダーク>>続きを読む

テラスハウス クロージング・ドア 禁断の副音声版(2015年製作の映画)

3.0

山ちゃんとYOUさんの例えが最高に面白すぎて副音声の価値あるなって思った(笑)通常版はてっちゃんメインの感じがあるけど、副音声版になると、完全に小田部。小田部感丸出しのアンガ田中に似てる小田部がたまら>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.5

お願いだれも息をしないで。ここから始まり、最もちはやふるを象徴する言葉。まるでこの通り描いているように序盤は静かに流れる。そう、劇場の息の音が聞こえてくるかのように。。そして静と動を表現する音楽や映像>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.0

渋過ぎるぜ。渋過ぎるしか感想持ち合わせてなくて(内容分からなさ過ぎて…笑)3回程観ました。ゲイリーオールドマンの眼鏡姿が本当に格好いい。重厚なストーリーと豪華なキャストで既にお腹いっぱいになっちゃう。>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

絶対そうだろうと思ってはいたけど、泣けたなぁ。。死者の国を舞台にして、家族と繋がってることを教えてくれる温かい物語。死者の国なのに色とりどりのカラフルな世界。でもこのシーンを観た瞬間は全身に鳥肌が立つ>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

2.5

映像の雰囲気は好きなんだけど、映画自体は好きになれなかった。でも浅野忠信はやっぱすごいなって思った。二階堂ふみは結構身体張ったお芝居で良かったんだけど、二階堂ふみがちょっと苦手な部分もあるからそこはご>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

看板広告を利用したシンプルなメッセージ。日本では到底できないだろう問いかけ。それがこの映画を観たいと思った理由。でも内容はサスペンスではなくヒューマンドラマに近い。個人的にそこまでハマりはしなかったけ>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.0

なかなかに気持ち悪い映画。そういうシーンが長いから余計にそう感じてしまうのかも。。インパクトの強い映画だったな〜主演の女の子の体当たり過ぎる演技にすごいってなる!むしろそっちの方に釘付けになっちゃうレ>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

2.5

思っていたより人間の欲が強めで、がっつりディザスタームービーを期待していた私としてはちょっと残念。というか、ジオストーム起こってないやん!!パニックというより政府の陰謀がメイン内容かな。色々気になりだ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

何も起こらない毎日はない。日常を愛おしいと思える居心地の良い映画。(でもあくび連発しちゃったのはここだけの話)奥さんの世界観がなかなかにレベル高くてびっくり。芽キャベツとチーズ?のパイを食べるシーンの>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

2.0

途中までみんな考えなしに行動するから、そら死ぬでしょーって思ってたら結局結構な数になってる!ちょっと動機がよく分からなかったけど、何も考えずに観れる映画としては◯かな。女の人只者じゃないな…と思ったら>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

途中めっちゃ眠気のピークになってクライマックスの謎解きに、あれ誰だっけ…?となってしまって、ポアロさんに申し訳ない(笑)原作の名前や有名であることなどは知ってはいたけど、正直内容までは知らなかったから>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

本当の家族の姿なんて誰にも分からないものだよね…。最初のうちに主人公がオチを言ってしまうんだけど、それに至るまでじっくりと崩壊した家族の姿を盗み見るように進んでいく。一見すると普通にみえる登場人物達が>>続きを読む

ステップ・アップ5:アルティメット(2014年製作の映画)

1.5

ダンスのレベルはかなり高いんだけど、ほんま真面目に踊れやって感じ(笑)大人数で踊るのは迫力もあっていいんだろうけど、どうしてもごちゃごちゃしてるから魅せるシーンがない。いいところはロボットカップルが可>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.0

田口トモロヲ監督の恋愛映画。多部ちゃんと綾野剛さんが丁度いい感じで、映画らしい映画だったかなと。私個人としては、志乃ちゃんがずっとモテるから羨ましかった。。あと多部ちゃんの美脚っぷりと菅田くんの格好良>>続きを読む

>|