あやさんの映画レビュー・感想・評価

あや

あや

映画(684)
ドラマ(59)

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.2

映像の世紀で第一次大戦の映像を見たことはありましたが、それがカラーになると目を背けたくなる戦場のリアルが。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.6

最後思わず えー って声がでた

ホラーで憎しみみたいのは感じても
ゴーストから切なさを感じることは今までなかった。究極の愛でした
見えないからわからないけど彼等ってあんな感じで結構存在感あるのかも

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

怖いもの見たさで見てしまった
想像以上のような超えてないような

三半規管強い人が残る踊り

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

とても見やすい戦争映画
笑いあり、ずっと悲しい訳でもない
でもやっぱり戦争はよくない

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

4.5

守るべきものがあると人は強い

こんな現実離れした現実があるなんて

知らない私は幸せなんだな

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.8

女って生きるのが難しい

にしても、4姉妹、女系家族のうるさいこと笑

同性だからわからないけど
女ってあんなにうるさいですか?

街の灯(1931年製作の映画)

3.8

いい話でよかった
当時の作品は影の使い方がいい

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.7

ローマの休日よりも現実的でダークな感じ
なんだかドキドキしながら見ました

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.8

見終わってタイトルなんだっけ??

グッド・ライ 優しい嘘

これでまた泣ける

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

悲しいのは今でも日本はこれらについて劇的に変わってはいないこと。

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

4.0

惚れた腫れたを見たい日曜日だったし
Amazonが勧めてくるので視聴
前情報全然知らなかったしよくある惚れた腫れた
だと思ってたからめちゃくちゃビックリした
良い作品でした
一つ失敗は時期外れに見たこ
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どんぐりとファイト

最後に畳みかけてくる〜

見終わった後泣きながらカツ丼食べました

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.1

楽しいどんでん返し
これってネタバレ?
かなり好きな映画

黒い十人の女(1961年製作の映画)

3.4

誰にでも優しいってことは誰にも優しくないってことなのよ

アラビアのロレンス/完全版(1988年製作の映画)

4.0

超大作。美しい砂漠やスケールの大きさに感動もしましたが、最後にはなんだか心ががっくり。今の『アラブ』の現状を見るとよりがっくりきますね。ロレンスは何のために血を流したのか。時に仲間を殺したのか。色々思>>続きを読む

生理ちゃん(2019年製作の映画)

3.5

私の生理ちゃんはお局さまのくらい小さい。
生理ちゃんの足音が本当に実在するならこんな感じだろうなって。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.7

この映画のすごいところは撮影技法でしょう
主人公達と一緒にハラハラドキドキして鑑賞。
それによって戦争はやっぱりいけない と改めて感じさせてくれました。

独裁者(1940年製作の映画)

4.6

こんなにもユーモアたっぷりに戦争を描いた作品って他にあるのでしょうか?
最後の演説は、これは演技ではない。
この人の真の言葉だと、お芝居を見ていて初めてそう感じました。

>|