あやさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • あやさんの鑑賞したドラマ
あや

あや

26歳会社員👧洋画邦画問わずドラマ系🎬

映画(326)
ドラマ(38)

続・最後から二番目の恋(2014年製作のドラマ)

5.0

自由は自分の犠牲と引き換え
何かを選んで、別な何かを捨てたこと
勇気を出して何かを選んだ自分を褒めてやろう
人生は自分の未来に恋をすること。
気の合う誰かがいてさえすれば、
人生はさらにファンキーにな
>>続きを読む

0

ごめんね青春!(2014年製作のドラマ)

4.5

満島ひかり大好きだけど、この蜂谷先生のキャラも大好き!
というか、出てくるキャラクターみんな好き。

「好きにならなきゃ好きな理由も分からない、だったら直感を信じてみませんか?
理想と違うからとか条件
>>続きを読む

0

オレンジデイズ(2004年製作のドラマ)

4.3

再観賞。なんでこのドラマが好きなんだろうって考えたとき、それぞれのキャラクターとメンバーの関係性が好きだからかもしれないと思った。弱いところを補いあって良いとこを共有しあって、他人とこんな関係になるこ>>続きを読む

0

最高の離婚(2013年製作のドラマ)

5.0

台詞ひとつひとつがユーモアがあり、刺さるものがあり、こういう作品は何回もみたくなる。

自分と同じ考え方をする人といればうまくいくってものじゃなくて。相手の自分と違う考え方をするところが面白かったり、
>>続きを読む

0

半分、青い。(2018年製作のドラマ)

4.0

漫画家時代の話を見てると、必死だったときのことを思い出した。「生きるってことは、欲しいものに手を伸ばして生きるってこと。」っていうゆうこの言葉が染みた。
そして律のお父さんの「悲しみを乗り越えたんじゃ
>>続きを読む

0

カルテット(2017年製作のドラマ)

5.0

「こんな面白くないもの面白いって言う人、面白いなあって」
「みんな面白い。みんなの面白いとこをみんなで面白がって欠点で繋がってるの。ダメだねー、ダメだねー、って言い合って。」
「好きだってこと忘れるく
>>続きを読む

0

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年製作のドラマ)

4.5

「東京のことも好きになったから地元にも帰れるようになった」ってすごく分かる。

「故郷ってのは思い出。帰る場所が無くなっても思い出は無くならない」
「おじいちゃん、祖田さんが東京で暮らしてる間も、こう
>>続きを読む

0

それでも、生きてゆく(2011年製作のドラマ)

5.0

悲しいことを乗り越えるためには、「その続きをつくるしかない」

0

最後から二番目の恋(2012年製作のドラマ)

5.0

キャラクターがみんな素敵。
とくに、あの二人のやりとりはずっと見てたくなる。

何もないより心が動く何かがあったほうがいい。
人生は自分の未来に恋をすること。

次に恋をしたら最後の恋だと思うのはやめ
>>続きを読む

0
>|