ayako

ayako

2014/3〜

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.9

いっぱい努力して、自信つけたら、こういう、即興ダンスのような行き当たりばったりの人生でもいいんじゃないか。

最初はロングショットがほとんどなしで、舞踊を見せる気あるのか? と思ったけど、最後のコンテ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

レイプの被害とか、状況によって、人によって言えんよな。
リアリズムのイラン映画とか言いながら、非日常的にヒジャブをかぶらせるとリアリティがなくなる、って主演の女優さんが言ってた。
不自然なフレームもあ
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.8

気まぐれで、さわやかで、
90年らしくて良い! 知らんけど笑

前半
彼女との距離は0.1ミリ
失恋するとジョギングをし 涙が出ないように体の水分蒸発させる
自分の誕生日が期限のパイン缶(メイの好物)
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.4

音楽と感情についていけず。
人とのつながり方が違って、
結局、ほろ苦い。

ハッシュ!(2001年製作の映画)

3.8

自由すぎる女の人の話。

生も死も突然やってくる。

人も犬も1人では生きてけない。

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.3

チャンネル変えてたらジョンメイヤー流れててびびったー
どんな爽やかな話なんかと思ったら子どもがませてた
いじめっ子が悪すぎた
平和に護身術やりたい

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

自由に生きること。
すべての行動は自分で決める。結婚相手も、子どもを持つかも自分で決める。そもそも性的指向も自分で決める。
どのタイミングで愛が生まれたかを知られるのは恥ずかしすぎるけど。
「自由がな
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

いかにも いい映画って感じしてたから今まで避けてたけど、ほんまにいい映画やった。
保守的な白人を変えるキリスト教の慈愛とかすごいよなぁ。
アメリカも捨てたもんじゃない。
リリーコリンズのかわいさ半端な
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.9

70年代を舞台に母と息子を描いたら、周りの女の人たちが性に奔放になりすぎていた。

息子を理解できない母は父親役を探すのだけど、身近な男性は母にとっても“不適切”
そこで2人の女性を登場させる。男性は
>>続きを読む

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

3.6

エンターテイナーのトランスジェンダーって、一部演じてますよね、多分。キトゥンも途中、役者として働いていたし、いろんなところで、ありのままの自分を出せなくて、演じているところがあった。
しかし、一回見終
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.8

車はお空を飛ばないよ
からの
お前ら 気は確かか? みたいなの連続

しかし ミアのセリフはリアルで悲しいし
最後は涙が…
ノーカットがよかったな

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.5

正直、意味不明。
でも、クリステンスチュアートの震える演技とミステリーに引き込まれ、時間を感じなかった。だから、余計に終わりは唐突に感じた。

物質主義的なパーソナルショッパーと真逆の超自然的な霊媒師
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

体つきはいかつくなってるのに、彼の純粋さが目立つ。
青の多い配色がきれいだった。
月明かりに照らされているとき、1番自分らしくいられる。
父がいないと辛いよ。
アフリカ系アメリカ人は特にシングルマザー
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

100%控えめに言って、最高!!!
あぁ愛おしい、なんて惨めなの!!

優しいクラスメイトと先生がいるのに、いつまでも悲劇のヒロインぶって、神様なんていないと思って!
うおぉぉぉぉぉぉ

兄弟が元親友
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

3.7

多民族国家のマレーシアで他民族同士はどうやって交流してるのかと思ってたら、案の定、壁が全くないわけではなかった。
愛と死を語るとき、神の存在は大きいものだけど、国境が嫌いだった監督は、宗教の壁だけでな
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.8

リアーナとアナウィンターが神の世界。
歩きながらコーヒー飲む人 ほんまにいんねんなぁってのは置いといて、プラダを着た悪魔を彷彿させるような場面も多かった。
しかし、キュレーターのアンドリューさんや、そ
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.5

ストックホルム症候群こわい。
孤独な人同士がひかれるのはわからんこともないが、サイコすぎる。
え、カナダとアメリカもそういう関係⁈

ゲイは、愛し方よりも先に、嘘のつき方を覚える。

理解しにくい話で
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.9

おもしろい!
汚れてもいい服と部屋があったら、フォークで目玉突き刺したい

赤ずきん(2011年製作の映画)

3.5

こういうダークファンタジー けっこう好き笑
誰が人狼か 最後まで惑わされた
意外とロマンチック
トワイライトのような スカーレットレターのような

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.5

セクシャリティは関係ない。
これは、とにかくラブストーリー。
っていうのは、21世紀の視点なのか?
なんで20世紀末に設定したんだろう。気になる…

最近眠くて、時々ウトウトしながら見てたから、ちゃん
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.7

本当の家族のために死ぬとか、仲間をかばって死ぬとか、私には到底 理解できないけど、最近、テレビでよく脱北美女とかが出てるし、あんなことがあったから、より現実的に思えて、こわい。
この映画に関わった人達
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

今まで夢と希望を与える映画を見過ぎたから、自分はこうなってしまったんだ。しばらく、その類の映画を見るのを控えよう。と思っていたところ、後輩に誘われ見に行くことに。

ミアに人生の転機が訪れた頃から、ボ
>>続きを読む

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.3

ジーンケリーの動きが滑らかで、美しい。
靴底に釘打ちたいなぁ〜。

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.3

トウキョードリフトは見たことあったけど こんな始まりやったのか
悪人…
車のこと全然わからんけど
何も考えずに見られて スカッとする

爆発したら 死ぬぞ みたいなこと言ってたのが本当に怖い

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.0

最高のエンターテイメント。
雨なのに楽しい。
しばらく心の中で 雨に唄えば をうたいながらリズムに合わせて歩くでしょう。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

3.9

最初は陽気すぎて 好色すぎて
自分に合わないと思ったけど

家族への愛につながるのね

やさしい嘘ってこういうことよね

邦楽の歌詞で出てきたら
嘘っぽくて 引くけど

あぁ なんて美しい物語…

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.2

字幕屋が泣きながら、笑いながら字幕を作る映画って、こういう映画のことなんだろうな。
主演の2人を見るだけで、サントラを聞くだけで涙腺が緩む。
142分でも、すぐにまた見たくなる。

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

3.5

私には想像力が足りなかった。
カンヌ目指して作ったのかなぁ。
インドカレー食べたい。

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.5

ジャックの寄り道は情けなかったし、やや冗長に感じた。
でも、マイルスのは大人の寄り道だった。
セリフもなかなかよい。
しかし、こんなに多くの賞を取った映画だとは思ってなかった。

ワイン飲みたい
アメ
>>続きを読む

秘密の花園(1993年製作の映画)

3.7

小学生の頃に読んだが、記憶なし。
あんまり理解してなかったんだろうな。

秘密の花園 ほしい。

いまを生きる(1989年製作の映画)

3.8

私、ボヘミアンだからなー

詩を読みたい

ps. 2/28に見た228本目の映画

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.4

「愛の定義は難しい」とはいえ、関係が異様すぎる。

「君を征服するのは苦労したよ
努力のかいがあった」
とかいわれたい〜

ゴールデングローブはウディアレン贔屓ということで。

ps. 2/27に見た
>>続きを読む

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

3.8

悲しいけど感動。(1.2倍速で見た。)
チョンジヒョンが魅力的。
あれっ 猟奇的な彼女の最後ってどうなったっけ?

ps. 2/26に見た226本目の映画

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.7

最初と最後の歌が全てを語っている。

クロースアップで観客に見せる表情の変化や光と陰を 家族は汲み取ろうとせず、
未来の話しかしない母、
自分の知らない兄弟の歴史があるのかもしれないと思いながら、不和
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

祖国のために戦いたい軍人、行きて帰りたい軍人、PTSDに悩まされる退役軍人、一緒にいたい家族。
ここまで強い愛国心を持った勇敢な人って、日本にいるだろうか。
私にとっては身近な存在である米軍基地にはい
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

世界を初めて見るジャックと、自分の過去に苛立ち、今と向き合えないマー。
ジャックがかわいすぎるよぉ。
自分の髪を切ってマーにパワーを分けてあげるとか、「おはよう 洗面台」「サヨナラ 植木」も、声も
>>続きを読む

>|