部屋とYシャツとサオリさんの映画レビュー・感想・評価

部屋とYシャツとサオリ

部屋とYシャツとサオリ

映画(365)
ドラマ(0)

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.7

残酷な生い立ち故に少年期が奪われてしまった主人公が、超現実な世界でもう一度「子供」としての人生を生きなおす…っていう成長譚。
ストーリー自体は単純明快なんだけど、だからこそ「人はなぜ物語を紡ぐのか」と
>>続きを読む

女の一生(2016年製作の映画)

3.0

人間関係とか時代背景の描写が淡白だし、台詞が少ないため話自体も淡々と進む。
たまたま原作を読んでいたから理解できたけど、未読の人には非常に不親切な構成だと思う。

グリッター きらめきの向こうに(2001年製作の映画)

2.7

主演のマライアをして「あれは駄作よ」と言わしめた映画。
お約束を詰め合わせたような展開で、噂に違わぬしょっぱい作品でした。
しかし、マライア様の歌は最高です。

トッツィー(1982年製作の映画)

3.9

主人公は男だけど、かなり深く女性差別に切り込んだ映画。

スラップ・ショット(1977年製作の映画)

3.6

清く正しくありたいものだけど、それだけが正解じゃないよねっていう映画。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

自分に自信がなくて他者と真正面から向かい合うことができないところとか、リア充に羨望を抱きつつもプライドの高さ故に見下しちゃうところとか、ヨシカのひねくれっぷりに物凄く共感。

>|