部屋とYシャツとサオリさんの映画レビュー・感想・評価

部屋とYシャツとサオリ

部屋とYシャツとサオリ

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

この映画に描かれている女性への抑圧とマチズモの関係って日本においてもあるあるだよなぁ。
他人事とは思えなかったよ。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

アクションだけじゃなくて音楽も最高に良い選曲。ウイスキーとの戦闘シーンでながれるカントリー調のワードアップがめちゃめちゃ格好いい。

ズーランダー NO.2(2016年製作の映画)

3.6

ファッションや流行に疎い私でも笑えたので、最近のトレンドを冷ややかな目線で見てる人はもっと楽しめると思う。
自分自身と結婚したジェンダーレスモデルのくだりで笑った。

キアヌ(2016年製作の映画)

3.5

「不良の人達のマッチョな価値観ってダサくない?」って主張が感じられる映画。

大いなる眠り(1978年製作の映画)

2.9

観てる側の想像力に任せてくれても良いようなところはナレーションで解説してくれるのに、肝心なところほど簡単に説明するもんだから、最後まで何がなんやら…。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.8

孤独に生きてきたことで他者との距離感が掴めない主人公はタクシードライバーのトラヴィスを彷彿とさせる。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.1

ラリーチャールズ監督作品なのに、そこまで下品でもなく毒気も控え目。
前作までのような痛烈なメッセージ性のある社会派コメディを期待していたぶん、少し肩透かしを食らった感じ。実話ベースとは言え、かなりソフ
>>続きを読む

>|