カトウ

カトウ

メモメモメモメモメモ

2013年12月〜

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

『グエムル』のポン・ジュノが良いもん観せてくれたよぉぉぉおおお!! 感涙 *\(ToT)/*

ポン・ジュノがティルダ・スウィントン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノ、リリー・コリンズで作品撮る
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

キャストとキャラクターを掛け算した時に最大値になった奇跡。

主要5キャラがとんでもなく魅力的。

このキャラクターがキャストを活かしているし、キャストがこのキャラクターを活かしているのもしかり。
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.1

オープニングから、最後の最後まで楽しませてやろう感が充ち満ちてる!!!
好き!!

劇場で滑り込み鑑賞できてよかった...

あのギラギラした宇宙はおっきなスクリーンじゃなきゃ...

もう一回滑り込
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

ドンパチシーンが始まったら、体が自然とくの字になった。お腹に力が入ってた 常にウッってなってる感じ。
それが後半ひたすら続く。

恥ずかしながら、良心的兵役拒否 も 前田高知の戦いも知らなかった。衛
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

久しぶりにぼろぼろ涙が出た。

冷凍庫から落ちる凍ったチキンのくだりからだいたい涙が出ていた。

逃げではなく、『乗り越えられない』を受け入れて進む様に胸をうたれたなぁ。

フォトフレーム3つ、あえて
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

そういうことー!!!! とわかったときのゾワゾワ感。

途中までずっと ハテナ だらけだっただけに、ゾワゾワ〜!が体に拡がって。
繋がってく系ってやっぱり好きだな。

地味なのに、地味とそんな思わせな
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.7

自然、もっぱら海の神秘や美しさが幻想的に描かれているので、単純にふおおお綺麗だなぁなんて思ってたらガツンと頭を叩かれた。

明言していないからこそ、ますます気になっちゃったラストに、今ひたすら考察をぐ
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.2

・ファスが演じるトムの無償の愛情に胸がきゅーっとなった。
これでもかというくらい優しく寄り添って注がれる愛情が凄いったら。
生きながらえてしまった命だからと言う彼にまた胸がきゅーっ。。。

・誰もが大
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

2.8

うーんうーんうーん、

オチは序盤から読めた通りな分、
それまでの展開がなんだったのか腑に落ちない!

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.4

三大 兄ちゃんいいやつ映画に選定しました。

・イエスタデイ
・シングストリート
・ライオン ←New


あと、デヴパテルがセクシーになっててびっくりした。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

3.5

スカヨハ攻殻を観てから、
攻殻S.A.Cを1st,2nd とみて、
スカヨハ攻殻 吹替キメるまえに鑑賞。

誰もが言ってるけど
ほんとに20年前の作品なの!??
と驚くばかり。

それでもさっぱり意
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.2

マカヴォイがマカヴォイマカヴォイしてて、マカヴォイ好きにはたまらなすぎるマカヴォイだった!!!!

あんなマカヴォイ、
こんなマカヴォイ、
そんなマカヴォイまで観れて
マカヴォイでお腹いっぱい!!!
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

-

T2 Trainspotting観てきた

わたしにとってはあまりに特別で、とてつもなく私的な作品の続編だから言葉がでてこない。ただただ観れて嬉しい気持ちでいっぱいになる。

ポルノは読んでたけども、
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.9

女のわたしも
こりゃあいい女だな と唸ってしまった。
ジェニファーローレンスのいい女感。めちゃくちゃすごいんですけど。
ハマリ役だったなあ。
プレイブックでもそうだったけど、彼女が活きるのはキレ演技。
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.2

早熟なアメリカのティーンが羨ましいと思う前に、背伸びをしたい 早く大人になりたい 感覚は共通なんだなぁと。
だから、ド日本人のわたしでも面白さを感じるのだなぁと。

はーお泊まり会したいわ。

201
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.3

お も し ろ か っ た で す !!!!!

期待以上に面白かったので、
アニメまでみはじめちゃった...

見るなら、3Dでみた方が
あの世界観をより堪能できるはず!
今だから表現できるんだろう
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.4

みどころは

・トムヒのハムみたいな腕

・キングコングVSサミュエル

・ジョンCライリーのサンタクロース感

です。

IMAXで堪能してきました。
かなり見応えあります。
ラストにすごいのが
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.0

吹替版鑑賞。

ローカライズにものすごい力をいれており、そういう意味ではわたしなんて吹替版がターゲットとする客じゃないわけで。
わたしはスカジョやタロンくんの歌を聴きたい客だものね...いや、ストーリ
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.0

アカデミー賞直前に
作品賞ノミネート作品がNetflixで配信中ってことで駆け込み!

ムーンライトで感銘を受けたばっかりなのと、家で観れるからか(やっぱり劇場より集中力欠ける)地味な印象で。
作品情
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

観てから興奮冷めやらぬ。

静の中にものすごく動を感じて。

言葉も少なければ煽る音楽もないのだけど、目が語る語る。スクリーンから目が離せないの。

映像も美しいのなんのって。
色んなブルーが出てきま
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.0

満席のなか、ど真ん前のど真ん中でサラリーマンのおじさまに囲まれながら鑑賞。

えらく真面目な作品だったと思うぞ。

パンクとネオナチってのは正直そんなに色濃くなくて
「生きてここから出る」
「絶対に逃
>>続きを読む

彼女はパートタイムトラベラー(2012年製作の映画)

2.3

大好きなオーブリー主演だし、
長谷川町蔵×山崎まどかの『ヤング・アダルトU.S.A』にも言及されたので。

監督のコリン・トレボロウは
ジュラシックワールドも撮ったし、
スターウォーズEP9 も撮るこ
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.5

すげえ、画面にかぶりついたー!

うわー、なんで劇場でみなかったんだろと後悔中。

ごはん食べながらみてたらもう箸が止まる止まる。


緊張感で頭の後ろがゾワゾワするし、気づくと息止めてる自分がいた。
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.5

すっげーかっこいいのね。

ライアンゴズリング、言葉少なに表情で語る語る。まぁかっこいいこと。
あれは惚れてまうやろと。

あの世界観はうっとりと酔いますね。
お酒飲みながら深夜にまったり観たくなるん
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

よく出来過ぎてるよ〜!!!!!

オープニングから一瞬で
"そっち"の世界の中に ぐうっと 引き込まれちゃう!
歴史に残るぞこのオープニングは!

それからはあっというま!

早々セブとミアに夢中にな
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

やっとみたぞよ。
友達がチケットあるから観に行くぞって言ってくれたのに、ぜんぜん観に行けなくてやっと。IMAXで。
8月公開なのにまだ上映中。しかもほぼ満席状態。すげえなあ。


面白かったです。
>>続きを読む

アフリクテッド(2013年製作の映画)

3.1

これ好きだなぁ。

友人が、徐々に徐々に
人間ではないものになり変わっていくのを隣でみている感じ。

なり変わってしまった苦悩や悲しみのエモい部分もありつつ、グロ描写きっちり描いてる良質ホラーじゃない
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

思ったよりもドントブリーズな場面がないなぁって正直思ったものの、それ以上にインパクトがあった吐き気満点の"あの"シーン。あそこに全部もってかれた。女性のみなさんならわかるよね...?おぇぇぇ
"あの"
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

なめてたー!!!!!!!!!
なめてて本当にごめんなさい、
すべてがしっくりくる話だったし、
涙せずにはいられないし、
そう、これは戦争なのだと改めて気づかされたし、
ベーダー卿は恐ろしいってのもまた
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

3.1

ランチしながら、なんとなくデスクで観ていて

冒頭15分見入って

ああ、これ好きなやつだって思った。

原作を読んでなければ映画の過去作もみていないので、
単純に園子温が女子高生で「リアル鬼ごっこ」
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.1

キャラクターおよび世界観が、
リアルなのかデフォルメなのかわからなくて、グラグラした。わたしの周りにあの世界のエッセンスがなくて。

そのために、高畑充希がうまかったのかくどかったのかも、なんかまだ言
>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

3.6

96年のアカデミー賞で、
5つの部門でノミネートされた
とっても評価の高い作品。

トムもレニーもキューバグッティングJrもめちゃくちゃ若くてエネルギーを感じる。

ストーリーはコテコテのわかりやすい
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

3.0

現代の描写が入ったことで、もうがっかり。

ピエール瀧がもったいない!

>|