horahukiさんの映画レビュー・感想・評価

horahuki

horahuki

映画(1448)
ドラマ(2)

ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖(1973年製作の映画)

3.8

フットボール選手=最強!

死ぬか狂ったまま生きるか。感染したらその二択を迫られる強力なウイルスが蔓延した小さな町で、全く統制が取れてない政府・軍隊側の笑っちゃうようなドタバタ対応と何も知らされず暴徒
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

本日公開『デッド・ドント・ダイ』に向けて♫

全然チェックしてなかったもんだから、2日前に公開するの知って急遽『パターソン』を見ました。見れてなかった『リミッツ・オブ・コントロール』は結局見られなかっ
>>続きを読む

エコーズ(1999年製作の映画)

3.5

ニートなベーコン!

借家に住み、つまらない仕事をして妻と子供を養っている。あまりに平凡な自分に嫌気が差したベーコンさんが、「俺は幽霊が見えるんだ!」とかわけわかんないこと言って、家から出ずにギター弾
>>続きを読む

Le spie vengono dal semifreddo(原題)(1966年製作の映画)

-

エロが世界を滅ぼす!?

爆弾を仕込んだ美女型ロボットがNATOに属する各国の将軍に接近&誘惑して近接爆破する自爆テロ。全員倒して世界を牛耳るぜ!な思惑を抱くゴールドフット博士の陰謀に、何かの間違いで
>>続きを読む

ノロイ(2005年製作の映画)

4.2

言い方が全て!

とにかく内容云々よりも「言い方」が大事だということを身にしみて実感させられるJホラー。普通に下手に出たのに問答無用で怒鳴られる初見殺し。沸点低すぎ!最後まで見てもどんな「言い方」が正
>>続きを読む

The Grudge(原題)(2020年製作の映画)

3.4

『呪怨』の呪いとの格闘

ホラー映画でお馴染みなリンシェイお婆ちゃんがインパクトと存在感で幽霊たちを圧倒するリンシェイ映画。もうタイトル『呪怨』じゃなくて『リン・シェイ』とかでも良いんじゃないかな。リ
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

4.0

カエルバーガーとかマジで無理!!😱

初ベルイマン。ウェスクレイヴンやアルドラドに多大な影響を与えた作品ということでホラー好きとしてはいつか見なきゃって思ってたやつ。多少似てるだけだろうと思ってたら、
>>続きを読む

呪いの館 血を吸う眼(1971年製作の映画)

4.0

少女の頃に出会った吸血鬼が18年の時を超えて迎えに来るという、白馬の王子様ストーリーの一番嬉しくないやつ。むしろ迷惑。乗ってるのは白馬じゃなくて白い棺。御曹司とは言っても血を吸うのが大好きなお家柄。「>>続きを読む

美女と液体人間(1958年製作の映画)

3.2

次に地球を支配するのは液体人間!!

「液体人間?そんなもんいるわけねーだろ🤣」と科学者の意見を笑い飛ばした無能警察たちが「ごめん…いるわ…」と手のひらクルーするお約束感が笑える東宝変身人間シリーズの
>>続きを読む

幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形(1970年製作の映画)

3.6

お願い…私を殺して…

好きな女に会いに森の洋館に向かったまま音信不通となった兄を探して、妹とその彼氏がズケズケと洋館の中を勝手に物色…。更には死んだはずの洋館の娘が生きてるとかわけわかんないこと言っ
>>続きを読む

鉄輪(かなわ)(1972年製作の映画)

4.0

やきもちこそ人間の根源!

若い女の家でお楽しみ中のクソ夫に奥様がイタ電をかけまくって嫌がらせをし続ける映画。若い女の家にいるとは口が裂けても言えない夫の「電話をかけてくるな!」に対する「‘どこ’にか
>>続きを読む

ブラックフット クマ地獄(2014年製作の映画)

3.8

「今」は「過去」の写し鏡

自称山男な彼氏が「地図なんていらねぇよ!俺こそが地図だ!」と粋がって彼女を誘った山登りで、案の定遭難するという超一流のフラグ回収技術を見せつけてくる遭難映画。「あんたは何を
>>続きを読む

ナイトメア・シティ(1980年製作の映画)

3.9

緊急事態を宣言する!

初の「走るゾンビ」映画という肩書に留まらず、『バタリアン』と並ぶ強すぎるゾンビたちによる襲撃の絶望感が半端ないパニック映画。ある意味では戦争映画。パンデミックが発生し、緊急事態
>>続きを読む

ロストボーイ(1987年製作の映画)

3.6

良い街だけどバンパイアが多すぎて困るよ…。

『フライトナイト』の流れを組む80年代現代劇+伝統的吸血鬼映画の融合。ただし『フライトナイト』のような正統派としての融合ではなく、吸血鬼の伝統を茶化しまく
>>続きを読む

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-(2020年製作の映画)

-

説教ビデオ〜ワタオニ風〜

家族なり友人なりが急に宗教にどハマりして仏陀だの何だのわけわかんないこと言い始めたんだけど…をどハマりした側から描くスタイル。気軽な悩み相談→解決→勧誘→入信という流れをサ
>>続きを読む

三人の女(1977年製作の映画)

4.3

自分ってなに?

シシースペイセク×シェリーデュバルの組み合わせだけでヤバさはお墨付きなわけだけど、この2人の目線で物語が進行するもんだから、日常が想像以上に狂いまくった世界へと変換されて観客側に伝わ
>>続きを読む

友引忌(ともびき)(2000年製作の映画)

3.0

韓国ホラーらしい韓国ホラー

痛さ全開な大学の仲良しクラブに、薄幸そうな美女が入ってきたせいで「仲良しって何だっけ?」てな感じでドス黒く崩れていく韓国産心霊ホラー。霊的怖さよりも、人間ってクズだよね!
>>続きを読む

犬神の悪霊(たたり)(1977年製作の映画)

3.7

ウランvs犬神!

「ウランこそ日本の宝!」勢力と「危険だから絶対NO!」勢力との原発論争。原子力開発の始まりとともに各地でウラン探しが行われた時代を背景に、新しい時代の到来とその変化を危険視し抵抗す
>>続きを読む

断崖(1941年製作の映画)

3.5

もしかして夫は殺人鬼なの?

良い人そうなイケメンと結婚したらクズ男だった系の結婚ムズイよサスペンス。ギャンブル→借金→ギャンブルの無限ループ。更には多額の横領まで…。表向きは良い人なのに、呼吸をする
>>続きを読む

密告(1943年製作の映画)

3.7

全てばらす カラス

同じ監督の『悪魔のような女』が最高過ぎたのでこちらも!産婦人科医の主人公のもとに「同僚の奥さんと不倫してるだろ」と密告する手紙が届く。無視してたら噂が民衆に広まり、一人歩きしはじ
>>続きを読む

ホラー・エクスプレス/ゾンビ特急地獄行(1972年製作の映画)

3.8

悪魔のいるところは神の力も及ばない

類人猿の化石を拾ってルンルン気分で帰ろうとしたら列車の中で勝手に悪魔化。ついには暴れ出し、そのせいで「お前のせいちゃうん?」ってみんなに責められるゾンビ映画。超好
>>続きを読む

サブリナ -人形の悪夢-(2018年製作の映画)

3.4

ハゲ時の衝撃!!

クソキモ人形サブリナさんを大量生産するというとち狂ったことをしでかしたのに、それが大ヒットして爆売れするという国民による謎の支持。まさに数の暴力。キモいと思ってしまった私の方がとち
>>続きを読む

デボラの甘い肉体(1968年製作の映画)

3.8

新婚旅行でウハウハな時に「お前の元恋人が死んだ」と旧友に突然告げられて、更には「死んだのはお前のせいだ」とか言われたせいで新婚旅行が台無しになり、一気に成田離婚危機に突入する踏んだり蹴ったりなジャーロ>>続きを読む

ヒッチコック博士の恐ろしい秘密(1962年製作の映画)

3.7

ヒッチコックオンパレード!!

死姦大好き変態クソ野郎なヒッチコック博士は、妻を仮死状態にして毎晩お楽しみ🙄でも量をミスって殺してしまう…。悲しんだ博士は新しい女と結婚して屋敷に連れ込んだけど、「死姦
>>続きを読む

熱狂はエル・パオに達す(1959年製作の映画)

3.5

ブニュエル自身が失敗作扱いしているようで、否定派も多いようだけど、それなりに楽しめる娯楽作品って感じで面白かった。

独裁的な統治に民衆(特に囚人)が苦しめられている架空の島を舞台に、理想を追い求める
>>続きを読む

ゾンビ・ホロコースト(2014年製作の映画)

3.0

ゾンビ映画撮ってたら本物が襲ってきた!!

そんなどっかで聞いたことある設定で最後までふざけまくったニュージーランド産ゾンビコメディ。何かはわからんけど、どっかで見たな〜っていう既視感に溢れたネタ・ア
>>続きを読む

残酷の人獣(1959年製作の映画)

3.1

アレは人間だ!!

動物の中身を色々入れ替えて、自分で人間作っちゃおう!っていうDIYの最終進化系。毎日が日曜日な金持ち夫がDIVに没頭しすぎてるせいで、せっかく金持ちと結婚してウハウハだった奥様がど
>>続きを読む

レベッカ(1940年製作の映画)

4.6

めちゃくちゃ面白い!!

ド直球屋敷ホラーな内容にテンション上がった👍そして凄く童話的で少女漫画的。『シンデレラ』からの、語られない結婚後のリアルみたいな。そこに「亡霊」が絡んでくる感じで、死してなお
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

4.3

俺は神だ!

初ホドロフスキー。自伝的な話らしいけど、自分の人生で神話やっちゃうってのがマジ凄い!キングオブカルトは伊達じゃないっすね。

どれだけ難解なのか…と怖くてなかなか手が出させなかったのだけ
>>続きを読む

くち紅(1960年製作の映画)

4.0

何をもってジャーロと呼ぶか。それにもよると思うのだけど、一般的に世界初のジャーロとされるバーヴァの『知りすぎた少女』に多大な影響を与えたのが本作『くち紅』。バーヴァやアルジェントのような作風とは違い、>>続きを読む

反撥(1964年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ好き!!!面白すぎる!!

あまりの面白さにその日のうちに二回見た。『ローズマリーの赤ちゃん』がポランスキーでは一番好きだったのだけど、こっちの方が好きかも!

部外者が自分の内面とも言え
>>続きを読む

砂の惑星(1984年製作の映画)

4.0

ほとんど見てないのに勝手に苦手意識を持っているリンチ監督だけど、コレはめちゃくちゃ好き!!フォローさせてもらってる方に、ホドロフスキー見るなら『ホドロフスキーのDUNE』からが良いよと教えていただき、>>続きを読む

水の中のナイフ(1962年製作の映画)

4.1

自分の足で歩くのは大変だ!

久々のポランスキー。『ローズマリーの赤ちゃん』はベスト級に好き。先月に出たBlu-rayボックスを買ったのでまずはこの長編一作目を!

休日をヨットに乗って楽しもうとして
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

なんやこれ!めちゃくちゃ面白かった!!

色んな方のレビュー拝見して、戦車vs戦車の激アツバトルと知ってレンタルを楽しみにしてたやつ。プロローグのスピード感に少しついていけなかったのだけど、前半部分の
>>続きを読む

ZOMBIO(ゾンバイオ)/死霊のしたたり(1985年製作の映画)

3.8

ご冥福をお祈りいたします。

初スチュアートゴードン。先日鬼籍に入られたということで代表作を今更ながら。グッチャグチャなスプラッター映画っていうイメージだったのだけど、想像以上にちゃんとした反権威主義
>>続きを読む

悪魔のような女(1996年製作の映画)

3.0

聖女→マッドシスター

クルーゾー監督の同名映画のリメイク。何度もリメイクされてるようなのだけど、とりあえず一番見やすいコレをついでに見てみました。ほぼ展開は同じなのにスリリングさをほとんど感じさせな
>>続きを読む

>|