あやかしゃんさんの映画レビュー・感想・評価

あやかしゃん

あやかしゃん

文学的なのとテンションぶち上げなのが好き。

映画(544)
ドラマ(0)

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

意外とアットホームな話。
聞く人がいない、永い永い、言い訳。
遅すぎる償い、向ける相手も違う。
それでも遺された者同士には、必要なエネルギー。

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

乃木坂みんなかわいい。
『ちはやふる』ほどは昇華できないのでね。
面を付けるからせっかく可愛いのが見えない。
試合シーンは別人なのかなあ…。

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

サラかわいい〜。
ううーん、これは1と2の続きってことだけど、2でシュワミネーターが味方になってこれでジョン・コナーが敵になっちゃうのか…。
正直複雑にしすぎちゃった感じがしてあんまり好きじゃないかも
>>続きを読む

ターミネーター4(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

終始陰鬱としていて今までとは別物に感じるけれど面白かった!
マッドマックスやブレードランナーのような終末感がプラス。
マーカスの「自分がサイボーグだと気付いていないサイボーグ」というのが個人的に好み。
>>続きを読む

ターミネーター3(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストに「審判の日」が来たことによってエピソード0って感じかな。
今回の刺客は2ほど強くなかった感じもするけれど。
旧式のシュワちゃんのほうが人間っぽくなってしまっているせいかも。

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

テレビサイズでつまむようにしか観たことなかったけれどフルで観ると長いな…。
サラが最強すぎてなるほど、そりゃあ伝説になるよね…笑。
1が思いがけず好きだったので同じビジュアルのシュワちゃんが味方になる
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

CSの一挙放送を録画して。
昔テレビ版を観たことがあったはずだけれどたぶん違うのと間違えていたようだ…。2かな?
面白かった。
アクションばかりでどんちゃん騒ぎのイメージだったけれど、サラとケイトの恋
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

期待していたけれど思ったのと全然違った。
もっと姉妹の関係性が盛り上がるのかと思っていたけれどそういうわけでもなく、かといって周りの男性たちとの愛が盛り上がるわけでもなく。
映像がきれいで雰囲気は好き
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちゃっちいのは否定できないけれど、タッキーの謎の麗人のビジュアルは最高。
バットマンのジョーカーやITやウィリー・ウォンカみたいな狂って幼いピエロなんだよね。
虐待や性被害にあった子どもの味方をするか
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

予想通りの名対決。
役者のために用意された作品。
二宮の恫喝取り調べ、わかっていたのに血の気が引く名演。
普段の飄々とした物腰と大御所でも歳上でも一瞬で相手の懐に入るニノのための良い役でした。
そして
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

町山智浩が紹介している番組。
映画の前の解説でめちゃくちゃ説明するのでネタバレでは…と思ったけれど、さすが、そんなことないというかそれ以上の映画でした。
めちゃくちゃ面白い。
娘が行方不明になってテン
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ヒトのススメで。
アクションを普段あんまり観ないのですけど、男のロマンですな。

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いやあ良かった。
土屋太鳳と芳根京子が元から顔似すぎじゃないかと思ったんだけど、観るとどちらにしろ中身で顔の翳り具合が変わるのでそんなに気にならなかった。
最初はニナのキンキンした態度が鼻に付くけれど
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ようやく観ました。
面白かった。
ところどころに女性蔑視とか同性愛蔑視とか時代を感じる部分はあるけれど、それを利用した心理展開。
「異常性」は全て何らかの欲求の表出。
これを観ると『SAW』や『ゴール
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
映画だけど単純にコギャル文化の社会風俗史資料かよ、と思うほど。
私はコギャルよりも10年くらい下の世代なので、小学校低学年のときに読んでいた『スーパーギャルズ寿蘭』がこれだったな、と思う
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりゴーストがモンスター。
もっとキャスパーみたいなのがたくさん出てくるのかと思っていたけれど途中でちゃんとホラーだった。

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館の予告でまるっきり暗記するほど観たので気になってしまっていたけれど、予告以上のことは特になかった。

ドンファン(1995年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

普通にラブコメだった。
思った以上に軽くて、ちょっと観たかった感じではなかったなあ。

エルム街の悪夢(2010年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

オリジナル版を観てみようと思ったのに間違えた。
まあたぶん観やすかったのでいいか。
スプラッターというほどではなかったのでよかった。
うおー逃げ場がないなー。
面白かった。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

うおお、ハンソロもルークもレイアもそのまま出てくるのか、という衝撃。
BB-8かわいい。
安心のストーリー展開。
新たなダークサイド、カイロ・レンの危うい脆さが垣間見えて気に入りました。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

正直言うと全くピンと来ず。
456、123と観てきたようには盛り上がれずに流し見。
終始悲壮感が漂っているのが今までのように乗れなかった理由かしら。
そのうちリベンジします。

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ミュージックビデオを観ているような。
面白いようなそうでもないような、意外と坦々としている。
小松菜奈の美脚にばかり目が行く。

青空エール(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

土屋太鳳が意外と小さいのか、竹内涼真が大きいからか。
なんかこう、誰も何も掘り下げられてなかった感じが。
一年のときのところで終わるとスッキリまとまった感じがしてしまった。
札幌かー。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

下卑た言い方ですけど、男女、女女、男男、etc.と様々なカップルが見られてお得感。
エディ・レッドメインのあのくしゃっとした笑顔がえも云われぬ美しさでころりころりと翻弄してくる。
登場人物全員美しい。
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ふお〜面白かった!
ストーリーはシンプルだけれど何よりロボットが愛しい。
アニメもきれい!

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

12とまどろっこしく感じたけれど、ストーリーが複雑化したから仕方ないよね。
それを踏まえての3。
12のまどろっこしかった部分も含めて収まったので満足。
ダークサイド、あらゆる悪役の哀しいエネルギーだ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

成長したアナキンの、少し粘着質な危うい感じが良い。このあと不意にダークサイドに堕ちてしまう姿を思わせる危うい素直さ。
456とは比べものにならないCG、宇宙船やモンスター。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

チビなアナキンかわいい。
うーん、456ほど盛り上がらなかったな。
政治的な部分が多いから仕方ないか。
キャラクターの個性がありそうで特にない。
唯一あるのがジャージャー・ビンクスだけれど、たしかに好
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

そうか、オードリーのこういう映画はロマコメというジャンルなのか。
寝ぼけて歩いてるなんて、相手があれだから良かったものの…笑。
ひたすらオードリーが可愛い。ウェストほっそい。
ロマンチックだわ。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的には前回のほうが良かったなあ…。
序盤けっこう間に耐えられないときがあった…。
佐藤二朗に長くやらせて笑いこらえる菅田将暉・橋本環奈で持ってくのズルイぞ!笑
豹変・吉沢亮、実質一人二役・柳楽優弥
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オーシャンズシリーズはあまりちゃんと見たことがないけれど、今回は大好きなアン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム=カーター見たさに。
ケイト・ブランシェットが『アトミック・ブロンド』のシャーリーズ・セロンのよ
>>続きを読む

百日紅 Miss HOKUSAI(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オープニングが銀魂みたいだったな、なんとなく。
絵も綺麗で題材も好きだけれど、ストーリーのオムニバス感が否めずぼんやり観てしまった。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

完全にイウォーク族の可愛さにやられたのでここまでで一番好きかも。
ジャバ・ザ・ハットに捕らえられたレイア姫エッロい。
個人的には巨大食虫植物の周りでの戦闘が楽しかった。
三作観て、ストーリーはもちろん
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ハン=ソロかっこいいなーもう。
前回の謎が解けたりまた謎が増えたり、それでもストレスなく観れるエンタメシーン満載でたまらない。
冒頭の雪男、完全にヒグマの動きだよ。こわいこわい。

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

地上波放送で観て、こんなにもど直球に障がい者やマイノリティを題材にした映画だと思っていなかったから驚いた。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ようやくSWに手を出しました。
これからで良いのよね…?と不安になりながらだったけれど面白い!
今観ても軽快で盛りだくさんで何も古臭くない、況や公開当時どれだけすごかったのか。
もっと早くに見始めるべ
>>続きを読む

>|