satさんの映画レビュー・感想・評価

sat

sat

映画(128)
ドラマ(0)

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.0

筋書きじゃない、理論じゃない、頭デッカチに見えてその実感情にガツンと入り込んでくる詩と演劇と映像の引力。

輝ける人生(2017年製作の映画)

4.0

大人の青春映画。展開も演出も超絶ベタ。だけど見ているとつい笑顔になってしまう。こういう作品を素直に素敵だと思う感性を大切にしたい。

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーや人間性は良いものじゃないしドラマ性も伝えたいテーマも無さそうだけど、とにかく2時間笑えて、今思い出しても笑える。飲み屋で聞く悪友の馬鹿話みたいな映画。

お父さんと伊藤さん(2015年製作の映画)

3.7

自分の行動に責任をもつことは家族が絡むと一層難しい。
お前らのために40年も働いたんだ。とか。「家族のため」と言って決断から逃げてる。家族からは逃げられないから、そのうち言い訳と本音の区別がつかなくな
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

自分以外の何か、目に見えないものの存在を信じ抜くって凄い。私はその感覚を知らない。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

内気な男子高校生が恋をきっかけにバンドを組むことになり、音楽によって自分の殻を破っていく的なストーリー。

主人公は恋に悩むが、音楽には葛藤しない。彼の音楽が外から批評されることも、強力なライバルバン
>>続きを読む

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

泥臭い=かっこいい?
いや、これはただ泥臭い、というか醜いだけ。

「サラリーマンアッパー」ってドヤ顔のシーンから感情移入不能に。

人の世の恥をかき集めた映画だとしたら大成功。私は勇気をもらえなかっ
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.4

恋の渦と同じく会話劇。密室の、一瞬かつ濃厚な人間関係。他人に出せない闇の部分で打ち解けた後、太陽に照らされて他人に戻っていく姿が滑稽。そして切ない。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

その人にとっての家族、その人にとっての正義。正解はどうあれ、私には響いた。

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.0

プールサイドで踊りながら彼女に近づいていく場面とか、人生で一番キラキラしている瞬間をこんなに共感させられる映画は凄い。

>|