Ayanoさんの映画レビュー・感想・評価

Ayano

Ayano

オール・マイ・ライフ(2020年製作の映画)

3.7

出会いから別れまで本当に物語のようで実話ということが信じられないような物語だった。

シンデレラ(2021年製作の映画)

3.8

ここでエドシーラン!というタイミングの良さ。
テンポよく違ったシンデレラの捉え方で面白かった。あとは映像美。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.6

小さな劇場で観たかったなあと思いながら視聴。なんだかこの日本ぽい有耶無耶なかつありきたりな仲間がいい。

ファイブ・フィート・アパート(2019年製作の映画)

3.8

コールスプラウスが
こんなにすてきな青年に成長したことに感謝。

あまり知られてない病気を映画を観て知ることができるのも醍醐味というか意味があることだと思う。

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.5

脚本が面白い設定だった。さらっと観れて少しスカッとする内容

キング(2019年製作の映画)

3.6

演説のように士気を高めるシーンはとても良かった。

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.7

誰しも求めながら生きて選択しながら生きて、どんなものよりも愛おしくても手に入らない。薬物の話だとしても家族関係や生い立ち周囲の環境すべてが関係していて考えさせられる。それぞれ薬物じゃなくても空いた穴を>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.5

自然体と自然体の掛け合わせが、どことなくリアルさとファンタジーを生み出してた。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.6

ドキュメンタリーを見ているような映画で。
ノマドという言葉を最近知った私には将来の可能性というか幅が広がったと好意的に考えることができた。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.6

仲野太賀氏の圧倒的勝利
誰にでもあるあの頃はいつでもいつ何時でもあの頃になり得る瞬間があって、それぞれの人生を表してると体現していた。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.6

すごく簡単に言うと現代っぽい。さーっと過ぎ去った20代前半。すごい人間ぽく生きている2人が羨ましく見えながら物語が進んでいった。若い頃は趣味や嗜好が一緒で好きってなるけど大人になればなるほど、違うもの>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

最後のはあ、そういうことね!の余韻をもう少し楽しみたいので、解説を見ながらもう一回見たい。大人になったロブ様もいいねえ。

望み(2020年製作の映画)

3.4

どんな結末でも我が子を思う親は苦しさから逃れられない。

朝が来る(2020年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリーなのかフィクションなのか。撮り方、光の使い方、会話の仕方、すべてが現実世界と混同する内容にすることで、観る人を当事者にしていくようだった。若い2人のシーンも卑猥さもなくただただそこにあ>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.6

結婚式のスピーチの言葉が良すぎて何度もタイムリープして聴きたくなる。さくさくと進む物語も良かった。

博士と狂人(2018年製作の映画)

3.6

物語の最初と最後の印象の違いと、役者の役作りが凄く、入り込めた。

リメンバー・ミー(2010年製作の映画)

3.7

家族愛。さすがのロブ様。
物語の構成が素晴らしかった。

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.7

最後もっと劇的シーンが欲しかったと物足りなさを...
でも三木監督らしい光の演出が細部にあって綺麗だった。儚かった。

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

4.0

俳優森山未來に天晴。役作りといい佇まいといい本物のボクサーにしか見えない。そんな森山未來に対等に挑もうとした北村匠海も、今の北村匠海があの役を受けたこともすごく価値がある気がする。個人的には会長の表情>>続きを読む

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

3.8

物語の入りといい、途中音楽といい、すべてがボクシングを知らない人でものめり込める作りだった。勝地涼目線のシーンはもう負け犬というよりも勝ちにきている気がメラメラとして、見応えがあった。

さくら(2020年製作の映画)

3.6

北村匠海のナレーションありきで、今というタイミングで心地よい声が入ってきた。原作を超える台詞回しはなかったけど、或る家族をみているようでこれもひとつの家族映画だと納得できた。

浅田家!(2020年製作の映画)

3.9

俳優一人一人が賞レース常連だけど、それぞれが引き算足し算をうまくしていてまとまった物語になっていた。歌詞付きのBGM主題歌がないのも相まって素朴で日本の家族を表しているようでよかった。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.7

R15の描写を入れなくても十分役者の力量と映画の持ち味でなんとかなっただろうなと思う作品。でもセクシャリティを描く作品らしく映像、色、音すべてが調和されててよかった。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.6

青春って青くて痛くて脆かった。あの頃の友情ってそうだったって思い出させられた。

(2020年製作の映画)

3.7

私たちが生きてきた平成。テレビの映像やラジオの音、服装などでうまく調和されてた。あのときの菅田将暉のANN聞いてたらすごい伏線で、あの人タイムリーなこと話してるんだなってちょっとリスナー目線で見てしま>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.5


キミスイペアが程よく作品に雰囲気を持ってきて映画として成り立っていた感じ...

感情が同調するというよりも、漫画のいいところを実写化しましたという捉え方になってしまうような...

映像はきらきら
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.7

ああこんな恋もあるんだな、
こんな人間臭さいいなって思えるような。
忘れてきた感情を一気に物語にして伝えてくる

いつも不安と恐怖と隣同士の人生も
悪くないと思えるのかも

ステップ(2020年製作の映画)

4.0

山田孝之にやられた感。
どんなに奇抜な役をやってもあの頃の心を忘れてないんだぞって言わされた感、あっぱれ。

なにもない普遍的な物語なんだけどそこにそれぞれの感情が折り重なっていて、涙が出た。

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.7

まだまだ残っている男尊女卑。女でいること、お母さんでいること、奇しくもこれからの自分の人生を観ているかのようになった。

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.5

日本語ならではの言葉の綾が面白く使われていた。さらっと観て小さく笑うのにいい映画だった。

>|