ayubitさんの映画レビュー・感想・評価

ayubit

ayubit

★5 史上最高クラスの映画
★4 かなり満足な映画
★3 いちお楽しめた映画
★2 見る価値のない映画
★1 史上最低クラスの映画

映画(507)
ドラマ(39)

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

過去作をあまり覚えていなかったため、いまいちよくわからなかったところも多々。アウトレイジはいつも見た後、気分最悪になるのだけど、今作は今までの中で1番見やすい。逆にアウトレイジの良さも弱めだったかも。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

クリント・イーストウッドらしい映画。話としては、よくこれを一本の映画にできたな!というくらい短い事件なのだけど、映画の半分以上を占めてきたそれに至るまでの構成で、うまいこと映画になっている。
3人の生
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

ワカンダというアフリカ架空の国の話なので、登場人物はほぼアフリカ系の人達なのだけど、鮮やかで個性的な衣装が様になるのはさすが。
実際にいる民族たちも出てくるので意外にリアルだったりもする。
そして何よ
>>続きを読む

ウォー・ドッグス(2016年製作の映画)

3.3

実話とは思えない程、ワクワクする展開にテンポ良くすすむお話。楽しめた。ただ、いまいち理解できないところもあった。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.2

娘がいる身として感情移入しまくりで泣けた!前歯のないメアリーが可愛すぎ。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

どんだけ豪華で盛り沢山なのか!約2時間半の間、息つく暇もないくらいずっとワクワクハラハラしっぱなし。
制作費もすごそうだけど、映画自体も数本分の価値があるくらい楽しめた。
ただ、詰め込み過ぎたからか後
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.6

突然歌っちゃうインド映画でしかも長い!という理由から避けてきたけどやっと視聴→期待以上におもしろかった!!細かい話も忘れた頃に伏線として回収され、笑えるのに泣けるシーンや大事な教訓もあったりで、、長い>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

1.5

よく名前を聞く映画だったので視聴。
評価が高い理由もわからなくはなかったけど、私はすっごく嫌いな映画だった。
先は読めたけど後味は悪いし、ラストの主人公の選択も理解できない。
後味悪い系の映画が全て嫌
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

アニメ、ゲーム、映画、日本カルチャー…いろんな物への愛を感じる映画。
オタクであればあるほど楽しめると思う。
小ネタが盛り沢山過ぎて一回では見つけきれない!

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.3

冒頭から長セリフを早口でまくし立てるジェシカ・チャステイン演じるリズの魅力にグイグイ引き込まれた!
アメリカの法律、政治事情などがわかっているともっと楽しめただろうけど、そうじゃなくても十分楽しめた!

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.1

話はくだらなくて安っちいんだけど、キャストがやたら豪華!!ダサい歌を世界的人気アーティストたちが大絶賛。それが笑える。アメリカの人気番組もたくさん出てくるから知ってたらさらに楽しめる。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.2

これが実話っていうのがすごい。バリーもすごいけど、アメリカっていろんな意味ですごい。
テンポ良くて見やすかった。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.0

宗教とか信仰心って何?な私が見ると、なぜそこまでするのか理解ができず、長く感じた。実際長いし。
ただ、他のキリスト教万歳映画よりは、日本の宗教感なども描かれていて、そこは良かった。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.2

予想の斜め上をいく映画だった。
ホラーとサスペンスを足して2で割ったような雰囲気。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.0

登場人物はほぼ2人でワンシーンのみ。これでよく映画ができたもんだと思うけど、不思議と退屈しないし、逆に時間の流れがリアルに感じてずっとハラハラ。
それにしてもあんなスナイパー怖過ぎ。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

これぞエンタメ映画!
笑えて、ワクワク、ちょっといい話もあったりして、約2時間ずっと楽しめた。

ハードコア(2015年製作の映画)

3.0

これはもはや映画じゃなくてゲーム。
本当にゲームのようなストーリー展開。
ただ終始FPS視点が酔うし疲れる。
ゲーム好きは楽しめると思う。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.4

想像以上におもしろかった実話映画。
人種・女性差別と闘いながらもNASAで活躍していく3人の黒人女性が本当に格好良くて、見ててスカッとする。
自分もこんな逆境にいても、諦めず強く闘っていきたいと、勇気
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

2.8

高級クラシックカー好きにはたまらない映画なのかも。そうじゃない私はどうしてもワイスピと比べてしまってチープに感じたし、内容も薄過ぎて主人公に全く感情移入できず、むしろマフィアがかわいそうに思えるレベル>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.0

ガイ・リッチーの独特でおしゃれな撮り方や演出が好きなのでそこは盛り沢山で楽しめた。
ただ、話はわかりづらいし、好みではない。
アーサー王の伝説の大筋を知っていればもう少し楽しめたのかな。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.3

いちお関連作品は全て見ているが、いろんな作品の要素が盛り込まれているので楽しめる反面、時代背景やら設定がこんがらがって思い出すのに必死。
それでも派手なアクションとあがるBGM、笑える要素とカメオ主演
>>続きを読む

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(2007年製作の映画)

2.0

普段は絶対手に取らない感じの映画だけど、BE FREEのPVで何度か断片的な映像を見て、面白くなさそうだけど気になってしまい、ついに視聴。
結果、期待を裏切らないB級、かつ中二臭する映画だった。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.4

シリーズ3作目を見て面白かったので今さらこちらも視聴。
ブリジットが愛らしくてかわいい。
マークにきゅんきゅんしながら笑えるラブ・コメディ映画。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.0

初期の猿の惑星につながる3部作のラストということで、仕方なかったのかもしれないけど、この映画単体で見ると、え?とあっけなく感じてしまう終わり。
過去作の復習をしておかなかったので、誰が誰なんだか追うの
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.1

ストーリーはあってないようなもので、ひたすらジョン・ウィックのすごさと、殺し屋の不思議な世界を見る映画。
ここまで振り切ってるだけあって、そのアクションシーンや世界観はおもしろい。笑えるほどに。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

マクドナルドが今のように至るまでの背景やビジネスの仕方などが興味深かった。ただ、マクドナルド兄弟がかわいそう過ぎた。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.2

こういう不治の病系の話は、悲しい気分になるから好まないのだけど、あまりに小説で話題だったので、映画化決定を機に、読まずに見て済ませることに。
結果、わかってはいるけど泣けた。どんどん近くなる2人の距離
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

カーチェイス物のミュージカルを見てるような気分だった。
ストーリーは誰にも感情移入できず、ついていけない。
でもカーチェイスはすごいし、リズミカルで気持ちいい映画。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

3.4

期待せずに見たけど、笑えて、ほっこりハッピーな気分にもなれて面白かった!
ブリジットは幸せ者だな。
とにかくコリン・ファースがカッコ良すぎる。
過去作1つも見たことなかったけど、見たくなった。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

ストーリーはとってもありきたりだったけど、灼熱のビーチが凍る様や、砂漠に大洪水など、災害系映画ではトップクラスの見応え。
あとはサラのカッコ良さと兄弟。

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.0

スプリット後に鑑賞。
ヒーローものにしてはシリアスだし、シリアスに見ようとすると違和感が湧いてきちゃう絶妙な感じ。
父と子の話はジーンときた。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

前作に引き続きど派手でポップで色鮮やかなアクションシーンは健在。
夢溢れるアイテムと笑える小ネタも満載でとても楽しめる。
人があっけなく死に過ぎてたり、設定も無茶ある気はしたけど、そういうことを気にし
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.4

ドキュメンタリー映画はどうしても退屈になりがちだけど、これは事実に忠実なわりによくできていた。
複数人のいつも通りの朝が一つの事件にリンクしていき、それぞれの人間ドラマも濃く描かれているので感情移入も
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.1

とにかくマカヴォイの演技がすごい。微妙な顔の表情だけで人格の変化が表現されていた。
そして不穏な空気と緊迫感…ラストまで見入ってしまった。
ただ、シャマラン監督作を全て見ているわけではないので、この映
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.4

主に筋肉とおっぱいの映画。
わかりやすいストーリーに笑えるところ盛り沢山で、何も考えずに楽しめた。

>|