ayubitさんの映画レビュー・感想・評価

ayubit

ayubit

★5 史上最高クラスの映画
★4 かなり満足な映画
★3 いちお楽しめた映画
★2 見る価値のない映画
★1 史上最低クラスの映画

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.4

ドキュメンタリー映画はどうしても退屈になりがちだけど、これは事実に忠実なわりによくできていた。
複数人のいつも通りの朝が一つの事件にリンクしていき、それぞれの人間ドラマも濃く描かれているので感情移入も
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.3

とにかくマカヴォイの演技がすごい。微妙な顔の表情だけで人格の変化が表現されていた。
そして不穏な空気と緊迫感…ラストまで見入ってしまった。
ただ、シャマラン監督作を全て見ているわけではないので、この映
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.4

主に筋肉とおっぱいの映画。
わかりやすいストーリーに笑えるところ盛り沢山で、何も考えずに楽しめた。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.2

メル・ギブソンらしい宗教色強めの戦争映画。
これが実話なのだから驚き。
敵は日本なので見てて複雑な気分にはなってしまった。
そして意外に主人公の幼少期や恋愛模様を描いた前半部分が長く、あれ?となったけ
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.3

トランスフォーマーシリーズは毎回映画館で、しかもIMAXで見るようにしていたのに今作は見ることができず、、それでも戦闘シーンや映像、独特なサウンドはさすが!と思ったので、映画館で見れてたらもっと楽しめ>>続きを読む

ROOKIES -卒業-(2009年製作の映画)

3.1

野球っていいな、仲間っていいなと思える映画。
卒業シーンはすごく寂しい気分になった。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

2.8

予告から勝手にキャッチーなドンパチ映画を想像していたけど、実際はとても古風な西部劇でした。しかもやたら侍映画のような演出だなと思ったら、「七人の侍」のオマージュだったと知り納得。
期待とは違ったので、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

不思議な惑星に見たことない生物たちが出てくる世界観はSWの大好きなところ。でも今作はSWらしさも魅力的なキャラも少なめな印象。個人的にはR2-D2とC3POのコンビをもっと見たかった。

白赤の映像シ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.2

ディズニーらしく、子供も楽しめるくらいコミカルで派手なアクションと映像。映画館で見れなかったのが残念。前作の復習もしとくべきだった。
それにしてもジャック・スパロウの若い頃のCGは気味悪かった。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

前半はじらしているのかっていうくらいスローペースなのだけど、不思議な緊迫感で先が気になり退屈はしない。派手な展開はあまりないけどSFらしい世界観と、話もよくできてた。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

トム・クルーズがマミーシリーズ演るとこうなります!っていう感じの仕上がりだった。ざっくりな印象はハムナプトラ×ミッションインポッシブル×バイオハザード。そして突っ込みどころは満載。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

今までたくさんの強い女アクション映画を見てきたけど、ここまで逞しく、強く、かっこ良く描けてる映画あったかな?
個人的には後半の神々の戦いより、前半の島での戦いがかっこよすぎた。女版スリーハンドレッド的
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.2

ミニオンズがかわいい。子供達もかわいい。Pharrellの選曲もいい。ミニオンズファンなのでもう少しミニオンズを出してくれたらなお良かった。

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

2.7

天才らしく繊細で情熱的なイブを恋人視点から描いた話。
あたり前だけど服やショーは華やかで美しいけど、退屈。話もわかりづらかった。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

個人的にバットマンvsスーパーマンでは少しがっかり感があったけど、今作はそれを取り返すくらい面白かった!
そこまでDCに詳しくないから全キャラの前知識があったわけではないけど、それでも各キャラの登場シ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.1

血と今まで過ごしてきた6年間、どっちが大事でどっちを重視するべきなのかはわからないけど、とにかく子供がかわいそうで見てて辛かった。こんなこと絶対起こって欲しくない。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

今の世界とは全く違うのに妙にリアルな2049年の世界。
3時間近い上映時間はストーリー展開でいうと若干長くも感じたけど、美しく、神秘的な描写にたっぷり時間をかけてるからこそ完成度の高い世界観ができてる
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.2

相変わらずのかっこいい映像と音楽に、懐かしい顔ぶれ。ただ、前作を忘れていたら面白さは半減する。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.6

オデッセイやゼロ・グラビティのような、宇宙での非常事態にどうやって対処していくのかという映画を期待していたけど、蓋を開けてみればほぼ恋愛映画。2人の愛を育むシーンは期待はずれで長く感じた。
そしてやっ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.0

前作がすっぽり頭から抜けていたせいで、いまいち話についていけなかったのが残念。笑える要素は引き続き満載だったけど、意外にいろんな形の家族愛も描かれていて、前作も復習しておけば泣けたかも。
ただ、今回の
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

黒人LGBTの話、というざっくりした前知識から、社会派映画かと思いきや、どちらかというと見てて切なくもどかしい青春ドラマという印象。
あまり大きな展開がないので、やや退屈感はあったけど、映像の撮り方が
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

単純な凄腕殺し屋映画と思いきや、その凄腕殺し屋は高機能自閉症の凄腕会計士という意外な組み合わせが、映画に深みをもたせていてとっても引き込まれた。
とくに主人公の家族まわりのエピソードは映画の軸にもなっ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

ここ最近HIT作連発のクリストファー・ノーランにしては、実際あった戦争の話だけあってストーリーは淡々としている印象。
ただ、巧みな映像と音楽効果で、緊迫感はすごいのに、痛々しいシーンやグロさはかなり抑
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

ちょっとシリアスなアンドリュー版スパイダーマンから一転、ポップな印象。メイおばさんもやたらとHOTだし、スーツも高性能。
そして今までにない親友の存在はいい味を出していた。

アイアンマンファンとした
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.0

現代にありそうな話。というか実際「青い鯨」という自殺者が多数でているというゲームに似ている気がする。

若者ならではな理由で危険なゲームの深みにはまっていく主人公にハラハラ✕イライラしてたけど、オチは
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

2.0

ゲームをしたことがないので何がなんだかよくわからないまま話が進んでいき、全く話に入り込めなかった。アクションシーンも過去と現在の切り替えがしつこくて見づらく、早く終わってくれと思いながら見た。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.0

少し専門用語は多いけど、本作を通してスノーデン一件の背景まで知ることができる映画。

ラストで本物のスノーデンに切り替わる演出はかっこいい!

意外だったのは、スノーデンの彼女を演じた女優さんより本人
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

オリジナルの情報無知なわたしが見た感想としてはとにかく世界観はすごいし、映像もすごかった。ただ、ところどころに妙な違和感もあり、話にいまいち入り込めなかったのは否めない。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

高評価で話題の中、そうでもないという意見も聞こえ、自分も後者だろうとDVD化されてやっと鑑賞。

結果、意外におもしろかった!

単純に男女入れ替わり甘酸っぱい青春アニメかと思いきや、田舎の言い伝えや
>>続きを読む

ケイト・レディが完璧な理由(2011年製作の映画)

3.0

邦題が意味不明。映画の内容は"女は結局仕事より家庭"といっているように感じた。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.5

ストリートレース→問題勃発→ど派手アクション満載→ファミリー愛〆はおなじみだけどやっぱり楽しめる。というか、よくこんなたくさんのシリーズ作りながら、毎回新しいインポッシブルアクション考えつくなと感心。>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

3.0

不遇なシングルマザーが億万長者になるまでの実話サクセスストーリーを期待してたけど、というよりはジョイの人間性に焦点をあてた映画だった。
監督の色なのか、テンポ良く進む、気持ちの良いサクセスより、雰囲気
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.1

前作と比べて今作はジャック・リーチャーの人間らしさが描かれているためか、やばいアウトロー感は軽減。
アクションもスナイパーから普通のアクションになっていたため、COOLさは減っていたけど、その分あまり
>>続きを読む

>|