Filmjunky

Filmjunky

All genre rounder dapero

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

少女と叔父が戯れる情景が物凄く綺麗で思わず見惚れるシーンがいくつかあって撮り方に拍手送りたくなった👏

ヒューマンドラマにも関わらず、天才家系の親子の話しなので少々現実性には欠けるものの、役者の演技は
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.0

自分の生活とは本当に遠い生き方を選ぶに至った考えのエッセンスを僅かでも得る事が出来るのが映画を辞められない理由の一つ。

観た後に良い作品だったと自分の中ですぐに消化は出来なかったが、しばらく経ってま
>>続きを読む

ベルリン、僕らの革命(2004年製作の映画)

3.4

「資本主義社会の豚め」
枠にはめられた都会の社会で生きる私の事ですね。すいません。

なるほど、高級車にはこうしてやれば良いのか。メモメモ。

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

3.0

正直アクションにはもう少し期待していたので、消化不良だった。

でも2人の見かけはとても素敵な頃なので、その頃の2人の記録としては良いんじゃないでしょうか。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.3

こういう天真爛漫系ビッチ女キャラは本当に好きになれない。男女のキャラクター設定がララランドかなり真似とるなぁ。

構成と脚本は良く出来てるし、シーンも服装も綺麗だけども。。。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.7

TVでながら見でOKなサラふわ感。

キャラは面白いけど、メインの数も削れるし、悪党がそんなに結束する理由に理解できなさが積み上がったまま進む...

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.7

映画館でも観たが、キングアーサーでチャーリーハナムファンになってしまったので再度鑑賞。
話しとしては浅いが、これ程の規模で日本のコンテンツのファンだと盛大に世界に伝えてくれたデルトロには感謝してやまな
>>続きを読む

マスターズ/超空の覇者(1987年製作の映画)

2.6

もの凄くノスタルジックな作品。

こういう映像で、ワクワクしていたあの頃の気持ちを思い出させてくれる。

敵が敵と分かりやす過ぎて、笑えてしまう。ともあれこの頃のコートニーコックスの美しさは異常。

タイムライン(2003年製作の映画)

2.2

行き当たりばったりな安易さがテレビドラマっぽい。

皆んなでタイムスリップして、川にドボンしたシーンでヒロインだけ次のカットで服が渇いてるのに気付いてしまい妙に萎えてしまいました。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.2

タイムスリップものは楽しめるタイプだが、こちらの作品は...

ある意味オナりすぎてて、逆に観て欲しい。(→観れば意味がわかる。)

鑑賞者がこの世界が実在してたら...等と想像力を広げる余地が無い。

フェイク(1997年製作の映画)

3.2

ジョニデの眼にまだ輝きがあった頃のお話し。
アルパチーノ渋くて覚悟決まってて思わず応援したくなった。

危険なメソッド(2011年製作の映画)

2.6

淡々と史実を伝える作り。
フロイトとユングとその愛人の人生。
中々世の中はショッキングな事だらけですな。

ワイルドカード(2014年製作の映画)

2.6

ジェイソンステイサム作品にしてはテンポ感とリズムが快調さに欠けて居て、少々不満の残る出来。

アクションシーンは良いけども、メインキャラクターの性格の演出が中途半端。

無論、ステイサム作品は期待値が
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

2.1

やっと観れた。ツッコミどころ多過ぎてるこれはこれで振り切れてて良いのだが、さすがにちょっと長いかな。

CGをケチってる関係で、カメラの寄り引きが極端で油断してるとどういう繋がりかわからなくなるけどそ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.7

いつものパイレーツ以上のモノじゃないので取り立ててコメントが無い。
勿論常にリッチな画面なので、楽しめるが良い意味で期待を裏切るものが無いと新鮮味は失われる。

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

4.0

ガイリッチー作品は作るの楽しくて仕方がないのが伝わって来て最高。
ただ、ロバートダウニーJr.との相性は濃い味✖️濃い味でかなり味がしょっぱい。トンカツにはキャベツ欲しくなるじゃん?

キング・アーサー (2016年製作の映画)

5.0

Way beyond anything!
Spectaclar!!

I mean I Lost my words!!!

I MEAN GUY RITCHIE DID IT!!!

ルパン三世 燃えよ斬鉄剣(1994年製作の映画)

4.1

ルパン好きや

どれ観ても面白いと思ってしまう力がルパンにはある...

Netflixに上がってる最新TVシリーズもめちゃ良かったのでオススメ

ブルージーン・コップ(1990年製作の映画)

2.4

#筋肉 の主張が強い。

ヴァンダムの身体がとにかくすごい。
そして、この時代の彼は古き良き美男子。擦れてない...

最後のクライマックスは雄叫びばかりで、また非常に笑えた。

サイボーグ(1989年製作の映画)

2.7

最後の10分は『ぁぁぁー!』『おぉぉーぉー!』『ぅえー!』とかしか言葉は無いので、字幕なしでも大丈夫。

時は世紀末!冷酷無慈悲な敵に世界は為すすべも無いのかと思われたが、そこに現れたのは、とにかく若
>>続きを読む

キックボクサー リジェネレーション(2015年製作の映画)

3.1

とにかく格闘技・筋肉が好きな人向け

暑苦しく筋肉を堪能したけりゃ観ろ!そうじゃないなら観なくて良い!!

トンポーは雰囲気あってよかった。この手の作品は、悪役の迫力とっても大事。

#筋肉

マキシマム・ブラッド(2014年製作の映画)

2.6

マニラで美女とFuckしてみたら、起きたらこれから大事な姪にあげるはずだった腎臓取られてしもうてた!!

「俺の腎臓返せやー!こらっー!!」と人を殺しまくるヴァンダムが楽しめます。

合成仕事が粗いし
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

地味だが「これぞ、映画」と言える程重厚な作品。

1人の男の人生を受け止めろ。

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.1

歴史大作です。しかし、ヘンリー王クズ過ぎwww 時代と言ってしまえばそれでおしまいだが外道、非道、残忍、豊富に取り揃えております。ですな!

人間って言うのは本当に末恐ろしい生き物ですよ。

この間エ
>>続きを読む

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(2013年製作の映画)

2.7

話しや舞台は歴史物と比べちゃうと意外と地味。
キッドマンは超絶お美しいのだけれども、やはり迫力や凄みには欠けるなぁ...クライマックスの演説にあまり力が無いのでイマイチ締まりが無かったので盛り上がりに
>>続きを読む

SURVIVE STYLE5+ /サバイブ スタイル5+(2004年製作の映画)

4.1

そんなに面白いかと言われればそうじゃ無いけど、邦画で一番好き。
ダントツにオシャレで、楽しい。邦画にしか出来ない勢いがある。

ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009年製作の映画)

2.9

衣装と舞台は素晴らしいに尽きる!

ただ、前半は割と視聴者置いてけぼり気味の説明不足感でこのままこういう感じで終わったらどうしようと少し不安になった。が、騙されたと思って観続けたら最後の展開は理想の夫
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

4.1

こんな風に身を焦がす恋を一度でも経験出来て良かったなぁ。結局、自分もあの時うまくいかなかったが。と、人生に想いを馳せてしまう名作。

ラストシーンは涙無しには観れましぇんでした。

女も男も”期間限定
>>続きを読む

プライベート・レッスン(1981年製作の映画)

2.5

童貞中学生と年上女性メイドの青春ラブコメディ。
主人公の男の子の絶妙な距離の詰め方が可愛い、友達との中学男子感も可愛い。
BGMの選曲もかなりご機嫌なセレクションで男女共に楽しい作品に仕上がってます。

キング・コング(2005年製作の映画)

3.9

超大作モンスターパニックのつもりで観たが、美女と野獣の感動純愛物語だった。ナオミワッツの美しいこと、この上ない。

動物愛護の精神のある人には辛過ぎる描写かもしれません。恐竜シーンも見応え有ったけど、
>>続きを読む

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

1.4

さすがに話しがめちゃくちゃ過ぎる...
絵も終始フラット過ぎて、、、まぁ一応ストーリーの流れは有ったけど。

しかし、主人公のおっぱいは爆乳

@Movie plus

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.2

人間にも、老後が有る様にミュータントにも老後がある。
幸せな老後ってどうしたら過ごせるんだろう。つい考えてしまうドラマ映画です。

ありがとう。涙...

若妻の匂い(1986年製作の映画)

1.7

官能映画という物を初めて観た!CSで放送していたので鑑賞。

やはり映画というには無理があるアダルトビデオよりで、アダルトビデオに多少のストーリーが付いていると言った方が近いイメージだった。
展開と繋
>>続きを読む

レディ・アサシン 美人計(2013年製作の映画)

2.6

異質な物が観たくなり、鑑賞。突っ込みどころ多そうだなと言う面に対しての期待は逆に裏切られ、案外まともな筋書き。で、主役も正統派美人。
過剰なワイヤーアクションは、少林サッカーのテイストを垣間見る事が出
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.7

映画なのに舞台風の演出がとても個性的で不思議。そして、めくるめく衣装がどれも美し過ぎる!ストーリーはただの泥沼離婚劇みたいな話ですがサブキャラ達の伏線が、それだけでは終わらせ無い。

ジュードロウの演
>>続きを読む

>|