ayumiさんの映画レビュー・感想・評価

ayumi

ayumi

映画(222)
ドラマ(0)

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.3

豪華キャスト!犯人もカメオ出演も分からなかった…正統派ミステリーを期待してたのですが、なんだかちょっとはぐらかされた感じ?主演の二人がステキだったので良しとします。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.8

生き方に嘘、偽りがなく清々しい。正直に自分らしく生きるのは難しい世の中だけど、彼なりの優しい気遣いがあって、その人柄に皆惹かれたのかな。それにしても大変な毎日だったと思う。鹿野ボラ最高でした。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.8

本に勝るものはないと思うけど、映画は映画で良かった。二人が真実を知ったときの涙が心を打った。紆余曲折を経たラストの笑顔がステキでした。あとテーマ曲が良かったです。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

面白かった。役所さんはじめ、豪華俳優の皆さんがカッコ良くてしびれました。もちろん女優さんも。ところどころ洒落が効いてるし。ガミさんが添削してくれてたノートが泣ける。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.7

こんなチームで仕事出来たら毎日が充実して楽しいだろうなー。お客様を笑顔にするためならと、奮闘する皆がステキでした。もちろんグリーンランドに行きたくなった!

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.2

最後のからくりがなかなか腹落ちしないけど、そんなことはきっとどうでも良いのかな。心残りの過去に戻り、消化不良を解消して新たな一歩が踏み出せて良かった。

The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅡ(2015年製作の映画)

4.0

壮大な映画だった。壮絶な時代でも自分を見失わずたくましく生きることが大切。愛する人がいるだけで、力強く生き抜けるパワーの源になり、それが幸せってステキだなと。ロマンチックなシーンもたくさんありました。

The Crossing -ザ・クロッシング- PartⅠ(2014年製作の映画)

4.0

戦争で色んなことを諦めながら生きなければいけなかった時代を思うと、平和の素晴らしさ、ありがたさを改めて痛感する。金城くんの日本語が久々に聞けて嬉しかった。

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.0

「she」が印象的なかわいらしくてロマンティックなお話。ヒュー様が優しくて温かくて、もどかしくて切なくて、胸がぎゅーっと痛くなります。アナはきっとスゴく癒されたことでしょう。ベンチのラストシーンが特に>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ブルースと違って、誰も助けてくれる人がいなかったんだなと。色んな人に軽んじられて裏切られて、身も心もボロボロで見ていて辛かった。世界が鬱憤に溢れててダークサイドに堕ちてしまうのも分かる。ホアキンが痩せ>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.8

殺人と銃はなしってブレない!でもさすがに厳しくないですか…?やはり心技一体、心が強くないとダメなのですね。ところどころにじんとするシーンが盛り込まれてて良い。ラストとか。

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.8

なんて切ないラスト…ナイトはそっちのナイトだったのねー。最後まで好きって言えないブルースがもどかしかった。あとレイチェル役が変わってしまってるのが若干残念だった。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.0

面白かった。ブルースが魔法じゃなく、様々な苦悩を乗り越え、試行錯誤してバットマンになっていく姿が良かった。アルフレッドやゴードンなど、味方になって見守ってくれる温かい人たちに心癒された。

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.5

ハワイと周りの人の何気ない言葉が優しく癒してくれて、時間を掛けても死を受け入れられて良かった。自然に還るってステキな表現だなと思う。皆何かしら大切な何かをなくし、それを乗り越えて生きてるのかも。

パーフェクトワールド 君といる奇跡(2018年製作の映画)

3.0

杉咲花ちゃんがかなり幼く見えて岩ちゃんとの年の差が気になって仕方なかった…もう少し同年代の俳優さん同士だと良かったのかな。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

とても難しかった…お母さんのも、家族のもどちらの気持ちも分かる。受け入れるまでに時間がかかってしまうのは当然のことで、母の気が済むまで時間がかけられて良かったのかも。子役の皆さんがとても上手でした。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

不思議といろいろ察しながら見ることが出来た。音を立てずに生きるってなかなかハードル高い。お化け屋敷的でドキッとするシーンも多いけど、家族の絆を感じられる作品でした。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.5

個人的には苦手です、こんな人。天才には飛んだところもないとダメなのでしょうが。振り回されたくないですね。なので3人の女ならエリカ様演じた静子が良いかな。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

私は結構楽しめました!デートムービーですね。演出だと思いますが俳優さんたちの演技が大きくて面白かった。犯人確保の瞬間とか。スマホは絶対落とさないぞ!

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

海底が海と言うよりは近未来の宇宙と言った感じ。映像がアニメかゲームの世界のようで、ちょっと想定外だったけど楽しめた。豪華キャストです!

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.5

賛否両論あるようだけど私は大納得のストーリーだった。ウッデイの選択は男らしくてステキだ。離れていても仲間とはきっとまた会えると信じている。

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

強く美しいヒロインに感動。美人なだけじゃなく歌が上手で引き込まれた。満月の夜に魔法の絨毯で空を駆け巡るシーンが素晴らしくて涙。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

突拍子なくて私には解読難しく中弛みしました…。ワニに食べられて死んだフリが1番良かったかな。それにしても「月がキレイですね」って誰にでも言っちゃってるな…。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

改めて結婚って人生の一大事だなと。いつの時代も身分違いの恋は障害が多くハードルが高いのですね。プレスリーの好きならずにいられないが流れるシーンが良かった。ホントに名曲。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.5

物理学に馴染みがないので、ただただ感心するばかりだった。未来を予知するのは良し悪しなのだな。ところどころ突っ込みどころはあったけど楽しめました。

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.2

スゴく現実的な映画だった。え、まさかここで?と言う終わり方でビックリした。想像力フル回転の必要ありでもう少しだけ細かく描いて欲しかったかな、と。

友罪(2017年製作の映画)

3.0

映像も内容も暗く、重く、痛い。何だか最後がどうも腑に落ちないと言うか、悩み抜いた末なのでしょうが、ラストに至った経緯がどうもイマイチ腹に落ちず、私には難解な映画でした。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.5

オリジナルのストーリーを忠実になぞっていながら、とってもステキな日本版に仕上がっていた。ロマンチックさをキープしつつ、キャストたちの突き抜けた笑いが心地好くて、大好きな作品になった。観ていて幸せな気分>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

思う存分skyを堪能出来たし、相変わらず不死身の皆や色んなところが無茶苦茶に破壊されていくシーンも楽しめた。でもやっぱり1番は海辺の並走シーン。もうポールに会えないなんて信じられない……。

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.0

アクションがどんどん派手に過激になっていく……あわせて面白さも加速。今回のでやっとあのよく分からなかった3の東京に上手く話が繋がった。ハンとジゼルは残念だ。

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.0

懐かしメンバー揃った!街が粉々に破壊されていくのは見応えあってスリルも満点。2台が並走して走るシーンはまるで郡舞のようで美しかった。やっぱり皆ドムを好きになっちゃうんだなー。

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

4.0

ハンがいたー。初っぱなからハラハラドキドキ。砂漠のシーンは息が止まりそうで肩が凝った。そしてスーツ姿のポールウォーカー、ため息が出るほどカッコいい。やっぱりドムとブライアンは二人じゃなくちゃ。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.0

ドリフトシーンは迫力あったけど、日本の扱いが中途半端過ぎて萎えた…日本語雑だし、だいたいタカシ役日本人じゃないし。違和感だらけの日本が残念だった。

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

4.0

話が分かりやすくて楽しかった。もちろん随所にワイルドなスピードも体感できるし。しかしまさか船に…あんなシーンどうやって撮るんでしょ。音楽も好みです。

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.8

最初は車の専門用語がよく分からなくてキョトンとしたけど、ドライバーズテクニックの数々にはしびれた。トラックの下に入るやつとか。主演の二人がカッコいい!

リベンジgirl(2017年製作の映画)

3.2

ヒロインがへこたれないところが良い。常に上からで感じ悪いはずなのに、憎めないのは美玲ちゃんだからかな。「私は嘘をつかない主義」って確かにね。人の心を打つのはやっぱり誠実さですかね。無条件で応援してくれ>>続きを読む

>|